おでかけ・旅行 生後0ヵ月~12ヵ月

いつからOK?赤ちゃんと旅行に行く際の持ち物や注意点

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

7歳の長女、2歳の長男、0歳の次女の育児に奮闘中のママライターです。

赤ちゃんを出産すると、最初の一ヶ月はママの身体を休めるため、

また赤ちゃんに外の菌やウィルスを近付けさせないため、

家にこもりきりの生活です。

一ヶ月検診で初めて外出して、お宮参り、外気浴、

お散歩と徐々にお出かけに慣らしていくのですが、

それでは遠出となるといつから大丈夫なのでしょうか?

ここではいくつかのポイントに分けて、

赤ちゃん連れの旅行の注意点をまとめてみました。



目安は首すわり

首が据わっていない赤ちゃんにとって、

飛行機の移動や車での長距離移動は負担が大きいものです。

遠出の予定を立てるなら、まずは首が据わる4ヶ月頃まで待ちましょう。

それまでは、近所のお出かけに慣らして、外出先での授乳の練習や、

ぐずった時にどうしたら機嫌を直してくれるかなど、

シミュレーションしておくといいですよ。

移動手段編

飛行機

首すわりの時期は国内にとどめ、

海外は腰がすわる時期を目安にしましょう。

飛行機内では、むやみに立ったり歩いたりできないので、

赤ちゃんのご機嫌をとるグッズが必要です。

お気に入りのおもちゃや、離乳食を始めている子ならおやつを持参して、

泣いてしまった時に座席であやす対策をしましょう。

いきなり泊まりがけの予定を立てずに、

最初は日帰りで車移動に慣らすことをオススメします。

お腹が空いていると機嫌が悪くなりますし、

飲んだ直後に揺られると気持ち悪くなってしまいます。

授乳のあと30分~1時間あけて車に乗せましょう。

また、授乳やオムツ替えもあるので、

1~2時間ごとに休憩を取りながら進みましょう。

電車

飛行機よりは座席を立ったり動いたりしやすいですが、

ビジネスでの利用者も多いので、

子供がぐずった時や授乳の時は、特に周りへの配慮が必要です。



行き先編

温泉

産後のママの疲れを癒すためにも、気軽に行ける温泉旅行はオススメです。

その際は、貸切の家族風呂があったり、お部屋で食事ができるなど、

子連れでも泊まりやすい施設を選ぶと、より快適に過ごすことができます。

赤ちゃんはいつから温泉に入れるの?

赤ちゃんが温泉に入るのに、いつまでNGでいつからOKということはありません。

ただし、肌が弱い体質の赤ちゃんは、

温泉の泉質によっては刺激を受けてしまうこともあります。

腰が据わっている赤ちゃんでしたら、

洗い場で隣に座らせておくことができるので、

ママかパパが一人でお風呂に入れることができます。

まだおすわりできない赤ちゃんを連れて行く場合は、

お部屋のお風呂に入れてあげるか、何度も温泉に入る覚悟で、

そのうちの一回を赤ちゃんだけのために入ってあげるなどすれば対応できます。

アミューズメントパーク

授乳室やおむつ替えのスペースが完備されていて、

赤ちゃん連れの方のための様々なサービスを用意している施設もあるので、

意外と過ごしやすいです。

屋外なので、雨具や防寒具など天候の変化に対応できる持ち物が必要です。

大音量や人ごみにびっくりしてしまわないよう、

赤ちゃんの様子に注意してあげましょう。

赤ちゃん優先のスケジューリングを!

赤ちゃんは突然体調を崩すことも珍しくありません。

前もって予定を立てていても、

そのとおりにいくとは限らないことをきちんと頭に入れて、

赤ちゃんの様子しだいでは予定を変更する、

取りやめる、家に帰る、の選択肢を常に考えておきましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします