兼業主婦

他のママはどうしてる?仕事と子育ての両立方法を教えます

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

我が家は、子供が0歳7カ月から共働きをしています。同じく共働き!という家庭は、今の世の中、非常に多いと想像します。

これから共働きになるかもしれない・・・、なる!というママへ。私の経験から、上手に両立する方法をご紹介します。



職場の理解が必要

子育てをしながら仕事をすることは、とても大変です。一番に、職場の理解がないと続きません。

産休は?育休は?

出産する前に、産休や育児休暇について、しっかり調べておく必要があります。例え、会社の規則に定められていても、職場の雰囲気できちんと産休や育休を使えないのが現状…というママも少なくはありません。
規定にある制度は、使って悪い物ではありません。自分が必要だと思えば、しっかり休みを貰えるように、断固たる意思を持ってきちんと上司に話をするべきです。理解してくれる会社である事が望ましいですね。

急な休みや早退

子供が小さいうちは、突然熱を出す等、予測できない事で仕事を休まざるを得ない事があります。また、仕事を途中で誰かに預けたり、投げ出したりしてまで、子供を迎えに行かなければならない事態もあります。

その点を、最初から職場に理解してもらい、その上で働くことが、絶対に必要です。

家族の理解も必要

仕事が終われば家事と育児。仕事が休みの日も、家事と育児。それでは、疲れがたまります。家族には、きちんと理解してもらいましょう。

旦那の協力を仰ぐ

先に帰宅した方が夕飯の支度をする、遅く帰宅した方が翌朝のゴミ出しをするなど、夫婦で協力して家事をこなすようにしましょう。

家事はママの仕事!では、体が持ちません。

家事は、ほどほどに手抜きを

忙しい時、疲れている時は、夕飯作りに手を掛けたくない事もありますよね。簡単な物であったり、市販のお惣菜を利用するという日があるのは仕方がない物です。

掃除は週末に、平日は家の中がごちゃごちゃ・・・それも仕方のない事です。
完璧にしようとせず、ほどほどに手抜きをしましょう。その点についても、家族に理解してもらうべき点です。



子供との時間は大切に

子育てにおいて一番大切な事は、「子供との時間」です。

会話をしましょう

子供の為に食事や洗濯、掃除・・・それも大切ですが、何より「会話」を一番大切にしなくてはなりません。

会話をする事で、子供のふとした様子に気づいたり、悩み事を知り得る事ができます。

他の事は手が抜けますが、子供との会話だけは手が抜けません。

周囲の協力を仰ぐ

子育て中の共働きには、周囲に素直に甘えましょう。

送迎の問題

子供が小学校を卒業する頃までは特に、習い事や児童クラブ等で送迎が必要になる事が多くあります。共働きでは難しい日もありますので、周囲に頼む等、協力を得なければ出来ない面もあるでしょう。

良い関係を築く

周囲の協力を得るためには、日頃から良い関係を築いておくことが大切です。ママ友はもちろん、両親や義両親、お隣に住む方や、近所の方・・・。助けを求めようと思えば、協力してくれる人はきっと沢山います。

日頃から壁を作らず、素直に甘えられる関係を築くように心がけると良いですね。

子供は親の背中を見て育ちます

共働き家庭には、デメリットばかりではありません。大変な事もありますが、良い面も沢山あります!そのひとつが、子供に「働いている姿勢を見せる事が出来る」こと。

活き活きと、仕事をしましょう!

活き活きと働くママの姿は、子供の自慢になります。仕事をしながら、自分の事もしっかり考えてくれている、そう思う子供は、きっと健やかにすくすくと育つでしょう。

たとえ上手く行かない日があっても、仕事と子育てを両立させようと頑張る自分に、誇りを持ちましょう!子供は、そんなママの背中をしっかり見ていますよ!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします