赤ちゃんの行事・お祝い

初めてのお宮参り!母親の服装はココを抑えておこう!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、2歳の息子と10ヶ月の娘を育児中のママライターです。

お宮参りは生後1ヶ月前後に住んでいる土地の産土神(うぶすなかみ)に赤ちゃんが誕生した報告をするとともに、これからの健やかな成長をお祈りする産まれて初めて行う行事です。

一般的に男の子は生後31・32日目に行い、女の子は32・33日目にすると良いと言われております。

しかし生まれたばかりの新生児を連れ出すのは不安ですよね。赤ちゃんとママの体調を第一に考え、真夏や真冬といった時期も考慮し一番ベストな日を選択するのが良いと思われます。

ここではお宮参りの母親の服装についてフォーカスを当ててみたいと思います。実際どんな服装が好ましいのか?足元や小物類は何がいいのか?季節に応じて抑えておきたいと思います。



母親の服装は和装か洋装

母親の服装は和装と洋装があります。和装は着物、洋装はスーツやワンピースになります。昔は着物で行くのが一般的でしたが、ここ最近では着物でお宮参りに参加するママは少なくなりました。

和装を選ぶ場合は少し大変

着物だと着付けや髪型などの準備が大変になりますし、動きにくいです。慣れない草履をはいての外出は赤ちゃんを抱っこするときに注意が必要になります。

洋装を選ぶときは授乳も考慮して

洋装でスーツを選ぶ際は地味すぎないものがよいでしょう。今ではセットアップスーツ(ジャケット・ワンピース・スカートの3点セット)なども多く出ているので上品なものをチョイスするのがベストです。

ワンピースは前開きで授乳が簡単にできるものが一番便利です。授乳口付のワンピースはたくさんあります。上品でキレイ目なものを選ぶのがおすすめです。

派手すぎたり、露出が多いのは避けましょう。あくまでも主役は赤ちゃんということを忘れずに!

足元は高すぎないモノを

足元は高すぎるヒールや素足はNGです!着物の場合は足袋と草履になりますが、ワンピースの場合は薄い色のストッキングにパンプスがいいでしょう。

アクセサリーは真珠が無難

アクセサリーをつける場合は真珠が無難です。真珠は冠婚葬祭すべてに使えるものなのでちょっとしたアクセントにつける程度にしておきましょう。

髪型は清楚に

髪型はすっきりと清楚な感じでまとめておくと母親らしさが増します。



冬場のワンポイント

冬場の神社はとても寒いのでブランケットを持参しておくと良いです。夏場も同様、意外にひんやりと冷えることもあるのでジャケットやストールなどの羽織るものがあると便利です。

私のお宮参りエピソード-服装編-

私の場合、8月の真夏でしたが着物に挑戦しました。産後、初めてのお出かけだったので気合いを入れました。

母乳の心配はありましたが、神社が歩いて10分のところにあるので着物を着る直前に母乳をあげて着付けをしてもらい、髪の毛はショートカットだったので自分で簡単にセットしてお宮参りに行きました。

慣れない着物に草履、そして真夏の暑さに本当に疲れました。疲れた思い出が強く、2人目のときは前開きのワンピースにしました。

4月の少し涼しい時期でしたので、ワンピースに薄手のジャケットを羽織って行きました。やはりワンピースのほうが断然、楽でした。もしミルクや混合でしたら着物に挑戦してみるのもいいと思います。

最後に

赤ちゃんとの初めてのおでかけ、あまり緊張せずに肩のちからを抜いて楽しんできてください。外出はママにとっても産後の気分転換になると思います。素敵な思い出をつくってくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします