1歳~3歳児 育児・子育てイライラ

イヤイヤ期ってなに?ピークはいつ?接し方のポイントは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3歳と6カ月の息子を育てているママライターです。

「子供がイヤイヤ期で困る」そう悩んでいるママさんはいませんか?

今の私がそうです。

現在3歳になったばかりの息子が、イヤイヤ期真っ最中です。

毎日が戦いの日々で、気付けば怒ってばかりいるような気がしています。

そんな私が、毎日気を付けて息子に接していることについて、

書いていきたいと思います。



「イヤイヤ期」ってなに?

よく世間で言われているイヤイヤ期とは、そもそもなんなのでしょうか。

「もうすぐイヤイヤ期ね」、

「イヤイヤ期になると大変よ」、

など「イヤイヤ期」という言葉ばかり先走ってしまっていませんか?

これだけ聞くと、なんだか嫌なもののようですよね。

しかし、イヤイヤ期とは、自己主張ができるようになったということなのです。

イヤイヤ期は成長の証です。

イヤイヤ期がきたら、ついつい、

なんだかやっかいな時期がきたなと感じてしまいますよね。

しかし、自己主張ができるようになったということは、

成長の証でもあるのです。

今までママの言うとおりにしかできなかったのに、

反抗できるようになったなんて、すごいことですよね。

「イヤイヤ期はやっかいなもの」と決め込んでしまわずに、

「わが子がここまで成長したんだな」と感心してあげましょう。

2歳から3歳までがピークです。

この時期は、ちょうど言葉が出てきはじめる時期です。

でもまだまだ下手で、思ったことをうまく言葉で表現できません。

少しなら自分でできることも増えてくるでしょう。

それに伴い、なんでも自分でやりたいという気持ちもでてきます。

しかし、まだまだできないことの方が多いのです。

イヤイヤ期は子供にとってもストレスです。

「自分でやりたいのにうまくできない」、

「思っていることがママに伝わらない」、

「なんだか全部がイヤ!」、

など、子供なりにストレスを感じているんですね。

ママは、気持ちを大きく持って、きちんと子供の気持ちを受け止めてあげましょう。



イヤイヤ期の子供への接し方

頭ではわかっていても、毎日毎日イヤイヤされると、

こちらもイライラしてしまいます。

では、どのように接していけばいいのでしょうか。

私が日々気を付けていることを紹介します。

~しなさい!と言わない

命令形で言うと、大体のことが「イヤ!」で返ってきます。

「~しようよ」と誘ってみてください。

「お風呂に入ろうよ。お風呂のおもちゃさんが○○ちゃんのこと待ってるよ」

このように、その先になにか楽しいことがあるかのように誘いましょう。

とりあえず受け止める

イヤ!と言われたら、とりあえず受け止めましょう。

本人はそれが本当にしたくないから、

イヤと言っているわけではないことが多いです。

一度受け止めてから、言い方を変えるとすんなり言うことを聞いたりします。

時間をしばらくおくのも効果的です。

自分でやらせる

自分でしたいと言った時は、

たとえできないことでも気が済むまでやらせましょう。

自分でしたいと思った気持ちがとても大切です。

できた時はたくさんほめてあげてください。

できなくても、一緒にゆっくりとしてあげましょう。

時間にゆとりを持つ

イヤイヤに付き合っていると、思った以上に時間がかかります。

出かける準備をする時は、早めに行動しましょう。

出かける間際に、「自分で靴を履きたい」と言われると、困ってしまいますよね。

常に時間にゆとりを持って行動することが大切です。

最後に

イヤイヤ期は、誰でも通る道です。

今は本当に毎日が大変で仕方ないですが、

きっといつか笑って話せる日が来ます。

あの日々が懐かしいと、ほほえましく感じる日がやってくるでしょう。

子供の「今」は、もう戻ってきません。

後悔しないためにも、いつも全力で接してあげたいものですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします