育児あるある

”今”が一番幸せかもしれない..赤ちゃんの成長とママの寂しい本音

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3歳と5カ月の息子を育てているママライターです。

育児中のママさんたち、育休に疲れちゃっていませんか?

子供はもちろんかわいいですが、毎日のお世話となると、

ついついイライラしてしまいますよね。

「もっと大きくなれば、ひとりでできるのに。」

「お願いだから、早く大きくなって。」

そう思っていませんか?

しかし、子供が小さいうちなんて、本当にわずかな期間なのです。

大きくなってくれるのはもちろん嬉しいけれど、

「でもちょっとだけ、なんだか寂しい」と、時折感じてしまいます。

今回は育児中に感じた、嬉しいような寂しいような、

赤ちゃんの成長について書いていきます。



子供の成長は早い!

子供の成長は、本当にあっと言う間です。

特に赤ちゃんの頃の成長は著しく、1週間前はできなかったことが、

今日にはできるようになったりします。

では、赤ちゃんの成長はどんなことがあるのか見ていきましょう。

寝返り

赤ちゃんの初めての成長ですね。

ずっと寝ているだけだった我が子が動けるようになったら、とても感動します。

離乳食

おっぱいやミルクだけだったのに、

私たちと同じようなものを食べるようになってきます。

どんどん赤ちゃんらしさが抜けていきます。

はいはい

寝転がっていただけの赤ちゃんと違って、

もう自分の行きたいと所へ行けるんですね。

後追いもでてきます。

ひとりで歩く

ひとりで歩けるようになったら、もう赤ちゃんじゃないような気がします。

ママの手を振り払って、自分の好きなところへひとりで行ってしまうこともあります。

成長と共にママから離れていきます!

ただ寝ているだけだった赤ちゃんから、

ひとりで歩ける幼児になったら、どんどんママから離れていきます。

自分の興味のある方向へ、歩いて行ったり、走って行っては転んだり。

まだまだ甘えん坊ですが、もう寝転がっていただけの赤ちゃんには戻らないんですね。

抱っこばかりだったのに、それももうなくなってくるでしょう。

楽になったような、でも少し寂しいような気持ちになります。



子供が甘えてくれるのは小学生まで!

子供が甘えてくれるのなんて、小学生くらいまでです。

特に男の子の場合、母親と仲良くするのは恥ずかしがってしまう年頃でしょう。

「小学1年生の男の子が、学校の側に来ると母親とつないでいた手を離した」、

という話を聞きました。

ママとしては、寂しい話ですよね。

しかし、我が子にも必ずそんな日がくるのです。

膝に座ってくれなくなる

ひとりで座ってよ!と思ってしまってませんか?

今だけしか座ってくれません。

抱っこさせてくれなくなる

幼児くらいになると、抱っこするのも重いですよね。

でも、本当に今だけです。

小学生くらいの子供をお持ちのママさん達は、みなさん言います。

「もっと抱っこしとけばよかった。」

「今のうちに抱きしめておいてね。」

後悔しないように、いっぱい抱きしめておきましょう。

お風呂に入ってくれなくなる

男の子の場合だけかもしれませんが、

もう一緒にお風呂に入ってくれません。

ひとりでゆっくり入りたいと、毎日本当にそう思いますが、

今だけなんだと思って、息子たちとのお風呂タイムを楽しんでいます。

話をしてくれなくなる

ママ見て!攻撃にうんざりしてしまうこともあります。

でも大きくなったら、必要なこと以外は話もしてくれないかもしれません。

本当に今だけです。

きちんと目を見て、話を聞いてあげましょう。

最後に

赤ちゃんの成長は早いです。

こんなにママを全力で必要としてくれるのは、本当に今だけなんですよね。

しかもすごく短い、わずかな時間なのです。

そう思うと、我が子の成長がなんだか寂しく思ってしまいませんか?

できることが増えていく分だけ、ママから離れていくような気がして、

ほんの少しだけ、やっぱり寂しいですよね。

でも、子供は成長して、ママから離れて、そしてやっと一人前になるのです。

そうなった時に子育てで後悔しないように、

今のうちにできることをしっかりとしてあげたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします