女性の健康

祖父のリウマチ&糖尿病が完治した食事療法!効果的な食べ物リスト

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

古くからリウマチという病気はあるのですが、治療法や原因の解明が困難な病気でもありました。

祖父ももう15年以上リウマチに悩まされていたのですが、原因や治療法が徐々に確立していき、症状が良くなる事例も増えています。

私が知るリウマチについて、記述したいと思います。



リウマチって何?

言葉はよく聞いたことあると思いますが、詳細な症状などは正しく理解されていない様に思います。

私も実際、祖父がリウマチにかかるまでどんな症状なのか、詳しくは理解していませんでした。

リウマチ性疾患

リウマチの正式名称です。

以前は「関節リウマチ」や「変形性関節症」、「全身性エリテマトーデス」、「痛風」にもこのリウマチ性疾患という病名が使われていました。

全然違う病気なのに同じ名前で呼ばれていた理由は、「原因がわからないから」でした。

主な症状

上記の病気の共通症状は、全身の関節、関節周囲の骨や筋肉が痛みを発し始め、機能障害を起こしてしまうというもので、この症状が出るすべての症状を“リウマチ”と呼んでいました。

ですが近年は「病気により痛みをおこす原因が様々である」と解ってきました。

そして、この痛みと言うのが厄介で、酷いと動けなくなるほどで、朝や寒い時などの血圧が低い時に起こりやすいようです。

ですが、症状が体に出るわけではないので、理解してもらいづらい病気と言えるでしょう。

リウマチの原因

    【リウマチの原因】

  • ・免疫異常
  • ・外傷による細菌感染
  • ・骨密度
  • ・代謝異常
  • ・心因性によるもの
  • ・ウィルス完成

関節リウマチに関しては、主に免疫異常からなる血液異常が考えられています。

リウマチの仕組み

免疫異常と言われてもピンときませんよね?

要するに人の体は菌やウィルスから身を守る免疫システムを持っています。

この免疫システムが外的要因や心因性によりシステム異常を起こし、関節組織、骨や軟骨を敵とみなして攻撃してしまう、自分で自分の首を絞めるような病気です。

また、リウマチは家系内で発症することもありますが、高い遺伝性はないとされています。



薬による治療

抗リウマチ剤を使用します。

この抗リウマチ剤には免疫異常、炎症の抑制、軟骨・骨破壊の進行遅延、と記載されています。

これでも効果がないと生物学的製剤と呼ばれる炎症・軟骨・骨破壊の進行抑制剤を追加投与します。

どこにも“改善”や“治療”と書いていないのです。どの薬も免疫システムを動かさない様に抑制し、進行を遅らせるだけです。

様々な病気が併発する

免疫システムを薬により停止状態にしてしまうと、体内に菌は入り放題、暴れ放題になってしまうので、肺炎やインフルエンザ等にかかりやすくなってしまいます。

祖父も肺炎をこじらせ片肺をなくしました。180㎝の身長で45キロという驚異の体重状態なのに糖尿病も患いました。

これら全てが「リウマチによる免疫異常疾患を抑制する為の薬の長期投与」が原因だったのです。

リウマチを治すために

色々な病気をして入退院を繰り返す祖父が、「もう痛いのもほかの病気になるのも嫌だ」と言ってきました。

今まで一度も弱音を吐かず、医者の言うことを素直に聞いていた祖父が・・・。

私たちはリウマチの治療ができる方法を探しました。出来る限り薬ではなく体に害が及びにくい治療法を。

どうすれば治るか

抑制ではなく、治療するにはどうすればいいか調べました。

簡単に言うと、

  • ・攻撃を受けている所の傷を癒し、回復力を高める。
  • ・体内に不要な栄養素を入れず、消化吸収の効率を高めてあげる。

ということでした。

そのことを調べているときに、大阪にあるリウマチを食事療法で治療する病院を見つけました。

そこへ行き医師と相談し、食事法を学ばせて頂きました。

食事療法

基本的にはナトリウムが豊富な食べ物が主体になります。

ただし、カルシウムはとらない様にしないといけません。そして冷たい物は控え常に暖かい物を摂取します。

それを念頭に入れ、ナトリウムが摂取しやすいような補助栄養素、亜鉛、コラーゲンを摂る様にします。

そこの先生には「栄養剤で摂取しない様に」と何度も言われました。

栄養剤には凝固剤や、防腐剤なども入っていて、それらが不要な物となり消化吸収率が下がってしまうためです。

リウマチに効く食べ物

  • ● 大豆、ゴマ、胡桃、ひまわり、オリーブ由来の油
      抗炎左様炎症状態を抑制する

  • ● 卵、ヤギの乳
      炎症を抑える効果がある。
  • ● かき、赤身魚、うなぎ、貝類、豆類、そば粉
      亜鉛が豊富で関節細胞組織の活性化を図り、免疫力を正常にします。
      我が家はこれらをメインディッシュにしていました。

  • ● みかん、レモン、リンゴ、ナシ、
      グレープフルーツ、プラム、イチジク、苺

      ビタミンが豊富で痛みを和らげる効果がある。

  • ● アセロラ
      関節にあるコラーゲンの働きが良くなります。
      また、ステロイド効果も見込めます。

  • ● 玄米
      免疫機能を正常に維持し刺激の抑制をしてくれます。

  • ● シソ・サバ
      α‐リノレン酸という物質がリウマチの予防改善を促します。
      かき、赤身魚、ウナギ、貝類と一緒に食べるといいと言われました。

他にも、にんにく、アーティチョーク、ニワトコ、トマト、ニンジン、セロリ、ニラ、オート麦、クレソン、たまねぎ、カリフラワー、酵母、蜂蜜、イラクサを積極的に摂取することを義務付けられました。

食べないで効くもの

  • ● 長ねぎ
      ねぎを煎じた汁に塩を混ぜて患部を浸すと、
      血行が良くなり痛みが和らぎます。

  • ● 唐辛子
      唐辛子の葉を浴槽に浮かべて入浴します。
      (粘膜系が弱い方や動物を飼っている方はお勧めしません)

食事療法を続けて

祖父には上記の物以外を一切食べず、

毎日運動をして健康的な生活をしてもらって1年半。

定期的に病院で検査のみは続けてもらっていたのですが、なんと、薬を飲んでいた時よりも症状が軽くなっていました。

その後もこの生活をつづけ約2年でほぼ完治。ついでに糖尿病も治りました

ただ再発するのも嫌なので基本的な食生活は変えず、たまに外食で贅沢をする感じです。

体重も60キロ近くまで戻り、その間は大きな病気をしていません。リウマチは一人では治すのが難しい病気だと思いました。

家族の協力が必要です。リウマチを治らないものと諦めている皆さん、もう一度家族と話し合い、頑張ってみませんか?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします