美容・健康

納豆の健康効果がすごい!家族の為に今すぐ納豆を食卓へ!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。ただいま0歳の娘を育児中の新米ママライターです。

究極の健康食と言っても過言ではない、納豆。筆者も冷蔵庫に常にストックし、毎日1、2パック食べています。

自分だけでなく、家族で納豆を食べて健康一家になりたいものです。

納豆の健康効果は本当にきりがないくらいたくさんあるのですが、

今日は家族に食べさせたいという視点から、納豆のメリットをお話ししたいと思います。



パパが納豆を食べて得られる効果

男性の薄毛に効果的なイソフラボン

大豆に含まれるイソフラボン。女性ホルモンと同じ働きをし、私たち女性が抱える様々な不調を治してくれるということは有名ですが、男性がイソフラボンを取るとどうなるのでしょう。

イソフラボンには、男性ホルモンを抑制する働きがあります。

実は、薄毛や抜け毛など、多くの男性にとって悩みとなっている頭髪の問題は、男性ホルモンの仕業。

男性がイソフラボンを取ると、男性ホルモンが抑制され、薄毛や抜け毛を改善する働きや発毛を促進する効果が期待できるのです。

これは男性には嬉しいですよね。

ただ、たくさん取れば良いというわけではありません。サプリメントなどに頼るのではなく、通常の生活の中で食べ物から自然に摂取することが望ましいそうです。

お酒好きの強い味方!肝機能を高める

納豆には肝機能を高める働きがあるんです。

肝臓を保護する良質なたんぱく質や、肝臓の働きを助けるレシチンやサポニン、肝臓を強くするミネラル、ビタミンなど、肝機能を正常に保つためには欠かせないいくつもの栄養素が、納豆には豊富に含まれていると言うから、驚きですよね。

お酒が好きな方、お酒を飲む機会が多い方は、たとえお酒に強くても、肝臓は疲れ切っているかもしれません。

納豆を食べて肝臓を大事にしてくださいね。

メタボ対策に!?

最近、お腹周りが気になってきたと思ったら、健康診断でメタボ予備軍との診断が…。

働き盛りの年代の男性には、誰にでもこんな可能性があると思います。

肥満、高血圧にも納豆がおススメ

肥満だけでなく、高血圧、高血糖、脂質異常といかにも不健康そうなフレーズがたくさん関係しているメタボ。何とかしたい!という方には、納豆がおススメです。

納豆にはダイエット効果があることは有名ですが、メタボ対策としては、ダイエット効果だけでなく、中性脂肪やコレステロールを減らしてくれることが大きなポイントだと思います。

また、血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防してくれる食品でもあります。

ただ、メタボ予防や改善には運動も必要不可欠な要素となります。

納豆と運動を組み合わせて、メタボや生活習慣病を防ぎましょう。



子どもにも食べさせたい納豆

納豆は骨の成長にパーフェクトな食品

納豆を子どもに食べさせたい理由は、まず何といっても骨の成長です。

骨の成長と聞いて思い浮かぶのは、やはりカルシウム。子どもには不足しがちなこのカルシウム、実は非常に吸収されにくい栄養素なのです。

納豆には、カルシウムが豊富に含まれているのはもちろん、カルシウムの吸収を促進するポリグルタミン酸が含まれており、カルシウム摂取にはとても効率が良いと言えます。

また、骨の代謝に必要なビタミンKも含まれているため、納豆は骨をじょうぶにするために最適な食品なんですね。

成長期に必要不可欠な亜鉛は納豆でOK

カルシウムの他にも、たんぱく質や鉄分など、納豆には成長期に必要不可欠な栄養素がたくさん含まれていますが、特に注目したいのが亜鉛です。

味覚を正常に保ったり、皮膚や粘膜の健康を維持するなどの働きがある亜鉛ですが、成長期にこの亜鉛が不足すると、細胞の生成やたんぱく質の合成がうまくいかなくなり、

身長や体重などの発達に遅れが出たりすることもある他、思春期には第二次性徴が遅れたりと影響が大きいのです。

じゅうぶんな量を取っていたいところですが、亜鉛はミネラルの中で最も不足しやすいのだそうです。

納豆には亜鉛も多く含まれているので、積極的に食べるようにしたいですね。

離乳食にも納豆を!

血液をサラサラにする作用があるということで注目されているのが、納豆に含まれるレシチン。サラサラの血液が大事なのは大人に限った話ではなくて、赤ちゃんにも当てはまります。

というのも、赤ちゃんの血管は、まだ細くて弱いもの。だから、血管に負担をかけないよう、血液をサラサラにしてあげることが必要なのです。

また、納豆によって赤ちゃんの血管が丈夫になる効果も期待できます。

納豆は赤ちゃんの時から食べさせたいですね。

離乳食にする際は、柔らかく煮てすりつぶすなど、赤ちゃんに食べやすいよう調理しましょう。

ママは納豆でアンチエイジング!

最後に、納豆に含まれるアンチエイジング物質をご紹介します。

イソフラボン、食物繊維、レシチン、サポニン、セレン、数々のビタミンやミネラル…

納豆は、私たち女性にも嬉しい栄養素を数えきれないほど含んでいますが、その中でも注目したいのが、ポリアミンという物質です。

ターンオーバーを活発にしてくれるポリミアンとは?

ポリミアンは、新陳代謝を活発にし、細胞を新しく生まれ変わらせる働きをするのですが、不足すると老化が加速すると言われています。

お肌で言うと、私たちのお肌の古い細胞が新しい細胞に生まれ変わる周期をターンオーバーと言いますが、

通常28日前後だったこのターンオーバーが、年齢を重ねると時間がかかるようになり、30代~40代では40日以上にもなると言います。

その結果お肌が老化し、シミやシワ、くすみなどが目立ってきてしまうのです。

ターンオーバーが長くなるのは、体内で生成されるポリミアンの量が年齢と共に減少するためです。

しかしポリミアンは、体内で生成される量が減っても、食べ物などから摂取すれば大丈夫!非常に吸収されやすいそうなのです。とても心強いですよね。

ポリミアンは、納豆や醤油、味噌などの大豆発酵食品に多く含まれているそうです。

納豆をはじめとして和食のメニューが良さそうですね。

早速始めよう、家族で納豆生活!

こうして見てみると、そのすごさをあらためて感じます。偉大なる納豆!

家族で食卓を囲み納豆をグルグル混ぜる…なんだかほっこりする光景です。

ごはんにかけても良し、そのまま食べても良し、ネギやたまご、大根おろし、キムチにのり、ラー油やマヨネーズを混ぜる人も!それだけで立派な一品になりますし、もちろん色々な料理にも使えます。

今日から早速、家族みんなで納豆を食べましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします