1歳~3歳児

1歳児に人気のおススメ絵本5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

1歳9か月の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつママライターです。

みなさんのお子さんは本が好きですか?

そしてみなさんは本の読み聞かせ、していますか?

私は、褒められたものではありませんが本があまり得意ではありませんでした。

なので、正直無頓着だったのですがやはり子供が生まれてからは少しだけ、

(子供の)本に目を向けるようになりました。

1歳頃から幼稚園入園まではかなりお昼寝の前に読み聞かせをしていましたねぇー懐かしい。

今回ご紹介する本は、私が主に娘が1歳頃によく読み聞かせていた本です。

他にもありましたが、この5冊の食いつきがとてもよかったのでご紹介したいと思います。



いないいないばあ

児童作家で非常に有名な、松谷みよこさんの本です。

この本はちいさなお子さんがいらっしゃるご家庭には必ず、と言っていいほどあるようです。

ちなみに我が家はこの本、自治体で行われている検診の際に全員プレゼントでいただきました。

赤ちゃんでもつい見入ってしまうほんわかした絵と、

擬音をたくさん使った耳に入りやすい内容。

繰り返される「いないいないばあ」の言葉は、

赤ちゃんが大好きな言葉のひとつでもあるので、

1歳の子供でも言葉が分からなかったにしてもついつい聞き入れてしまうのでしょう。

(童心社発行)

だるまさんの

かがくいひろしさんの本です。

「だるまさん」シリーズで数冊発行されています。

我が家にあるのはこの「だるまさんの」ですが、親しいお友達からいただきました。

そしてその後、この本も「いないいないばあ」同様に

よくお友達のお宅でも児童館のような場所でも見かける人気で定番の本なんだな、

と気付きました。

だるまさんの軽快な動きの挿絵、

そして「だるまさんの」に続く言葉が体の一部を一言一音で続けており、

子供の興味も引きやすく、とても分かりやすい内容だと思います。

1歳なのでまずは分かりやすい、これが何より一番大切な「本の条件」なのではないでしょうか。

(ブロンズ新社発行)

きんぎょがにげた

五味太郎さんの本です。

五味太郎さんもまた、有名な絵本作家のひとりですね。

なにしろ色合いが非常に鮮やかで目を引きます。

私もこの本は娘に宛てて購入しましたが、色の鮮やかさで選んでしまいました。

実際に娘もこの本は大好きだったようで、年中になった今でも時々見ては、

今度は自分で読んで弟に聞かせています。

鮮やかな色の世界の中で、金魚が逃げて同化してしまうところを探す、と言うお話です。

大人も一緒になって楽しめる本だと思いますよ。

(福音館書店発行)



がたん ごとん がたん ごとん

安西水丸さんの本です。

この本も、「がたんごとん」の音をメインに使った内容の本で、

1歳の子供が読んでもらうには分かり易くて楽しめる本ではないでしょうか。

汽車で色んなものを運んでいくお話。

身近なあれこれがゆっくりゆっくり運ばれていくのですが…

息子は最後に自分も運んでもらいたいらしく、

最後のページの前になると本の上に自分が座ってしまいます(笑)

それを初めて見た時、ちょっとツボにハマってしまいました(笑)

(福音館書店発行)

とりかえっこ

さとうわきこさんの本です。

これは主人公のひよこさんが声を色々な動物たちと取り替えっこしていって

びっくりするような声になってしまう、というお話です。

登場する動物の声まねをしながらよく読んでいましたが、評判よかったです!

(ポプラ社発行)

さいごに

いかがでしたか?

子供の本は、子供のこれからの個性を引き出したり興味の方向性に関係したり、

情緒を養ったり、色々ないい効果があるようです。

そんな何冊も何冊もたくさん用意する必要はないと思います。

お気に入りの本を何冊か、そこからスタートでいいのだと思います。

お子さんが楽しめて、何度でも読みたくなるような本を見つけられるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします