子供の教育・成長・遊び

子供部屋を与える時期!ベストは何歳頃?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

1歳9か月の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつママライターです。

私事になりますが、我が家にとってもタイムリーな話題、「子供部屋」。

少し前に備蓄倉庫と化していた寝室のひとつをとうとう、

子供部屋として子供たちに引き渡したところでした。

まだ2割程度子供たち目線で「これって邪魔よね」ってものもあるのですが、

そして夜だけはダンナの寝室となっているのですが

基本、ほとんどのおもちゃや子供2人分の洋服、幼稚園の道具などは

子供部屋に置くようにしています。

みなさんはどのタイミングで子供部屋を与えようとお考えでしょう?

諸説色々とありますが、我が家の今回のプロジェクトの遂行を

参考までにお話しようと思います。



世間の意見はあくまで意見として

よく「小学生になるまでは部屋は与えない」と言う声を耳にします。

多分一番子供部屋を与える時期として妥当だと考えられているのでしょう。

入学を機に、勉強机を与えてもらうお子さんもいらっしゃいますしね。

確かにあまりにも小さいうちに子供部屋を与えられても、

お部屋をぐっちゃぐちゃにされてママがお片づけに追われるだけですので、

早すぎるのもまた何かと問題があるかもしれません。

我が家では、タイミングを計る、と言うよりは、成り行きでこうなったのですが…

結果よかったようにも思っています。

ずっと倉庫でしかなかった「開かずの間」

現在の住まいに越してから、ひと部屋は子供部屋にあてるはずで確保していました、

子供部屋になるまでは「倉庫」として。

そして上の子が幼稚園になり、おもちゃも私物も増えてきたこと、

そして下の子も生まれどうやりくりしても「倉庫を何とかせねば」という思いから、

しばらくの間「子供の私物置き場兼倉庫」と言うように、倉庫も若干の格上げをしていきました。

私の意見として、リビングに余計なものを置きたくない、という一心で

この「子供の私物置き場兼倉庫」にどうにか工夫して物を配置しないと

収拾がつかなくなっていたもので…。

取っ掛かりのたんす

まずは子供2人分の洋服たんすを用意しました。

それまでは押し入れ収納ボックスを数段、そこに無理やり詰め込んでいたのですが、

たんすを2つ用意したことで、これだけでもお部屋の雰囲気が変わって感じました。

何より、洋服の出し入れがこんなにも楽でシワにならないなんて!と、

根本的なところから感動の類が違っていたりして(笑)



消費税8%への増税に向けて

いったんはオムツ類などが減りつつあった我が家、息子の誕生でまた倉庫と化しました。

そして消費税8%に向けて、色々な買いだめが始まり…また倉庫へ早戻り。

気付いたときに小物から

しかし、そうは言ってもあれから1年が過ぎ、在庫も相当減り、押し入れなどにもう残りをしまえるほど、

そしてそこまでの買いだめがもう必要なくなったため、お部屋がまたスッキリしてきました。

そこで…ふと「ぼちぼち始めるか」と。

しかし具体的に動くには時間がなかったので、

まずは壁掛け時計トウォールステッカーの準備開始。

そしてお部屋に敷くフロアマット。

これがやってきただけでもかなり華やかになりました。

お姉ちゃんの判断

年中に上がったお姉ちゃんと壁をデコレーションし、

時計の位置を考え、そして彼女の意見を聞きました。

「お片づけをしっかり出来るようなら、このお部屋を2人にあげようと思ってるんだけど」と。

すると、まぁ答えは分かり切っていましたが「できます」と。

今現在で今の8割型のお部屋になり1か月ほどですが、

お姉ちゃんはお部屋の責任者として、一応頑張ってます(笑)

片付けの仕分け方が出来てきた頃に

我が家の場合、お片づけを子供たちには相当早い段階から躾けてきました。

なのでもしかすると特に娘は片付けの仕方を理解して、得意としているのかもしれません。

お子さんの個性で、お片づけが上手に出来るようになった時にお部屋を渡すのが、

私は年齢をきゅんとするよりも良いのではないか、と考えました。

ちなみに、今の段階での「子供部屋」とは、遊ぶための部屋と言うより

「おもちゃを置いておく部屋」、「お洋服が置いてある部屋」、「お友達が来た時に隠れて遊ぶ部屋(笑)」

のようです。

普段遊ぶのはリビングにさせています。

ボーナスの使い方として家具購入

ボーナスもそろそろ話題に…と言う時期に、

もっと具体的な棚やハンガーラック付きの家具などの購入を始めました。

それらの家具がやってくるとますますお部屋はお部屋らしくなり、

娘は特に俄然お部屋の管理にやる気を見せています。

我が家は、これでよかったな、って思っています。

さいごに

いかがでしたか?

子供部屋はある意味子供の「秘密基地」でもあります。

お部屋に完全に籠って遊ぶのはもう少し先にならないと遊ばせられません、

安全上もあるので。

でも、弟に邪魔されないでお友達と少し遊ぶ程度なら許可しています。

子供にも子供なりの考えも意思もあるでしょうから、

子供の意見も尊重してあげた上でお部屋作りを楽しんでくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします