産後 育児の悩み・疑問

これは反省..二人目妊娠して上の子へのケアで失敗した体験談

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

1歳9か月の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつママライターです。

1人目の妊娠と2人目以降の妊娠で明らかに大きく違うのは…

「お世話をする子供がいるかいないか」です。

1人目の妊娠であれば、妊婦であるわが身だけを気にしての生活ですが、

既に子供がいる場合の妊娠ではそうはいきません。

今回は2人目の妊娠に焦点を絞って、

私が妊娠中に「これは反省だなぁ」と感じた点をお話したいと思います。



色んなイライラムカムカでつい冷たく接してしまう

娘が幼稚園入園の前の年でした。

まだまだ甘えたいし赤ちゃんに毛が生えた程度の子供。

比較的つわりはひどい方ではなかったのですがやはり、

体は相当辛かったので家事はかなり手を抜いたりしていました。

でも、食べる事だけはしっかりさせないといけない、という頭が異常に先行して、

食べるのがいつも遅い娘を相当叱りつけていました。

娘も泣きながら、何度も読めない時計を見ながら

少しずつ少しずつ食べていたのを覚えています。

食べたくない日だってあるはず…でもママに怒られたくない、

ママに笑ってほしい一心で無理に食べていたのかもしれません。

私も自分の体調ばかり優先して考えていて、「家事はさっさと終えてしまいたい」、

そんな気持ちで急かしていたのもあったのだろうなぁ、と思いますが…反省。

お姉ちゃんにさせるために…と焦るあまり

あれこれと「出来る事は自分でやりなさい」と言い過ぎていたような気が。

自分がもう少ししたらお姉ちゃんになる、

と言うことをイマイチ理解していなかったであろう娘。

日々なるべく出来る事は自分でさせるようにしていたのですが、

その度合いが急に増したことできっと戸惑ってしまっていただろうな…と、反省。

怒りを倍以上に…

つわりばかりを言い訳にしている自分。

上手く体もパキパキ動かせない、子供は思う通り動かない、

それで今までよりも輪をかけて叱ることもあったように思います。

ホルモンのバランスも手伝って、強く叱っては夜に反省の涙を流す…を繰り返していました。

今更ながら…ごめんね。 反省してます。

話をちゃんと聞いてあげれたかなぁ

娘は言葉がとても早く、ゆえに?お話するのが大好きな子です。

ママもおしゃべりなので(笑)、ずっとたくさんお話をして暮らしてきました。

なのに…妊娠を境に体調に気を取られ、

娘の気持ちや話したかったことにしっかりと耳を傾けてあげる事が出来ただろうか…

答えは「いいえ」だと思います。

きっと寂しかっただろうな…これまた反省。



娘の心の中は

どんな気持ちだったのだろう。

弟が産まれてから、何度か聞いたことがあります。

すると娘は「よく覚えてない」と答えるのです。

幼稚園に入る前の年の事は、まだ年齢的に覚えてないのが一般的なのか、

それとも寂しい思いしかしてこなかったから消したい過去として葬ってしまったのか…

なんだか切ない思いをさせてしまったような気がしてなりません、やっぱり反省。

トイトレも…

出産で実家にしばらく戻っている間にトイトレを終わらせてしまおうと思ってました。

そんなの、無理に決まってる、今思えば。

いえね、娘の性格を知った上での話です。

それなのに無理に進めようとしてしまい、

結果順調に行き始めたところで振り出しに戻る…を何度も繰り返しました。

その後入園少し前に気付けばあっさりオムツ取れました。

プレッシャー掛け過ぎました、よくない時期に。絶対反省。

ふたりっきりの大切な最後の時間だったのに

この話は何度も娘に話したのを覚えています。

娘は3歳のお誕生日を迎える数か月前でしたが、

「おねえちゃんになるの?」と何度も繰り返して聞いてきました。

恐らく、ですが、なりたくなかったんではないかな、って。

その証拠に産まれて1週間ほど、弟に触ろうともしなかったし、

じっくり見ようともしませんでした。

一緒に写真を撮ろうとしようものなら下を向くか、絶対に笑わない。

ママをもっと独り占めしたかったんだろうな、って。

私も正直、娘との笑ったり遊んだりする時間、もっと欲しかった…一生後悔。

ギュッてしてあげれてたかなぁ

「ママだっこして」と言われても、大きなお腹で限界はありました。

座ったままギュッとしてあげていたつもりだったのですが、

叱ることが増えていたため回数は確実に減っていたのだろうと思います。

今でもですが、手をつないであげたりするとものすごく輝いた笑顔を見せてくれます。

これは今からでも遅くない!もっともっとギュッてしてあげれる!…今後に期待!

さいごに

いかがでしたか?

こうやってあの当時の事を振り返ることもなかったので、

私にとってもいい時間となりました。

ここに書ききれないほど色々ありすぎて思い出すと涙が出そうになる思い出もあったり。

これから2人目の出産を予定しているみなさん、

今までと全く同じようには事が進まないだろうと思います。

でも後悔は最小限で、そしてフォローできることは産後にフォローしてあげてくださいね。

私も他人事ではありませんが。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします