1歳~3歳児 4歳~6歳

場所を問わずメチャ楽しい!2歳~4歳児の子供との遊び

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

子供が小さいうちは1日のほとんどをママと一緒に過ごしますよね。

1歳まではお世話がほどんどで、遊ぶ時も1人遊びが多かったのに・・・

子供は2歳頃になると、人と関わることを覚えて行きます。

必然的に「ママ、遊ぼう」という言葉も増えてきます。

子供の遊びたい要求に快く対応するために、どのような点に注意したら良いのでしょう。

遊びの内容と合わせてお話しします。



最大ポイントはママが楽しむ!

子供と遊ぶことに義務感を感じると、子供自身が楽しめません。

遊ぶ時間は気持ちを切り替える

子供が遊びに求めることは、遊びの内容ではありません。

ママと一緒に楽しむことです。

「遊んであげる」ではなく「一緒に遊ぶ」という意識が大切です。

ですから、家事の合間にちょっとだけであっても、

気持ちを切り替えてしっかり子供と向き合いましょう。

ルールは子供です

2~4歳の子供と何をして遊ぼうとも、その内容に関するルールはありません。

簡単なカードゲームであっても、鬼ごっこやかくれんぼであっても、子供が主役です。

子供が楽しんでいればルールに反しても良いのです。

そう考えると、イライラすることもなくなると思いませんか?

子供に合わせてあげることが一番のルールです。

何をして遊ぶ?子供に成りきろう

2~4歳の子供が好む遊びを考えてみましょう。

家の中での比較的大人しい遊び

お絵描き、ぬりえ、パズル、折り紙、おままごと、ブロック・・・色々ありますね。

ただのお絵描きではなく、壁に模造紙を張り付けて大きく描いたり、

絵の具を使っても楽しいですね。

塗り絵はインターネットでダウンロードできるものがたくさんあります。

家の中での運動遊び

家の中であっても体を使って遊ぶことはできます。

ボールは危険なので風船ったバレーや、ペットボトルと丸めた新聞紙でボウリング遊びや、

新聞紙で輪を作って輪投げ、お相撲やケンケン相撲など、

特別な道具がなくても体を使って子供は汗をかいて楽しんでくれます。

外での遊び

近場の公園に行くのも良いですね。

近くに公園がない時は、お散歩でも家の庭でも良いのです。

子供は外にある様々な物・・・例えば植物や虫などに興味を示します。

子供にとっては、目に見える物、手に触れる物、すべてが遊びの道具になります。



子供になりきり、夢中になろう!

楽しむコツは、ママが子供になりきることです。

余計な概念を捨てて夢中になることで、楽しむことができます!

“一緒に遊ぶ”とは、監視することではありません。

公園に行けば、ママは見ているだけでなく、子供と一緒にブランコをこいだり、

ジャングルジムに上ったり、滑り台を滑ったりと、体を動かして楽しみましょう。

手を汚し、服を汚して子供と一緒に夢中になると、

子供の頃のを思い出して意外と楽しめるかもしれません!

ママが遊びに入り込むと子供もより楽しめます。

おままごとでは子供に成りきり、作ってくれたおもちゃのご馳走をしっかり食べる、

お絵描きは本気を出して一生懸命描く!

ブロックは子供と張り合って夢中になる!

ママが一生懸命になれば子供も心から楽しめますし、

ママ自身も夢中になることでストレスを発散させましょう!

子供と遊べる貴重な時間

子供がママより友達との遊びに楽しみを見出すようになるまでは、あっという間です。

今を思い切り楽しもう!

幼稚園に通うようになれば、子供は友達と遊ぶことに楽しさを見出すようになります。

それまでの期間はママにとって、子供と遊ぶことのできる、とても貴重な時間なのです。

子供が成長してから後悔しないように、『今の時間』を楽しんで過ごしましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします