女性の健康

しゃっくりが多い私に一番効果的だった止め方ベスト5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、7歳の息子と5歳の娘を育児中のママライターです。

皆さんも経験のあるしゃっくり。

私はかなり多い頻度でこのしゃっくりとお付き合いしています。

しゃっくりは一度出るとなかなか止まらないし、

家でならまだしも、外出先で出てしまうと恥ずかしく気になってしまいますよね。

早く止めたいそのしゃっくり。

私に効果のあったしゃっくりの止め方をこれからご紹介させていただきます。



しゃっくりの原因はなに?

しゃっくりの原因は何だと思いますか?

なんと横隔膜の痙攣です。

これを聞くとちょっとびっくりしますよね。

まだ医学的にもなぜその痙攣がおきるのかわかっていないそうですが、

何かの刺激が原因で横隔膜の痙攣が起こるそうです。

しゃっくりを引き起こす要因は?

では何をきっかけに横隔膜が痙攣を起こすのでしょう。

熱い食べ物を食べたり、冷たい飲み物を飲んだりすると横隔膜がびっくりするようです。

急に大きな声を出したり、大声で笑ったり、

驚いたりしたときも原因になることがあるようですよ。

それでは本題に入ります。私に効果のあったしゃっくりの止め方です。

しゃっくりの止め方…大きく息を吸って息を止める

大きく息を吸って息を止める。これは一番有名なしゃっくりを止める方法ではないでしょうか。

私はだいたいこの方法でしつこいしゃっくりとさよならできます。

これなら外出先でも気軽にできそうですよね。

息を止めている間、唾を飲み込むとすぐ止まる

息を大きく吸って止めることを繰り返してもなかなか止まらない時は、

息を止めている間、唾を飲み込む動作をするとすぐに止まります。

しつこいしゃっくりがなかなか止まらない場合はお試しください。

人差し指を耳に入れる

これは私が最近知った方法です。

人差し指を耳に入れて、1分ほど待つと止まると言われています。

半信半疑でしたが、不思議と止まりました。

医学的根拠があると言われている

人差し指を耳に入れて1分ほど待つという方法は、医学的根拠があると言われています。

耳の奥に迷走神経と呼ばれる、脳から臓器へと流れる神経があるそうです。

この迷走神経を耳で刺激してあげると、しゃっくりが止まるということです。



コップに水を入れ、逆から飲む

これはテレビでも紹介された方法らしいのですが、

コップにお水を入れて、普通に飲むのではなく、

逆側、つまり前かがみの状態で飲む方法です。

とても飲みにくいですが、頑張ってみてください。

外出先ではちょっと難しいので、家にいる時はこの方法をお試しください。

血液中の二酸化炭素濃度が関係している?

これも迷走神経を刺激する方法ということと、

とても飲みにくい体制で水を飲んでいるので呼吸がしづらく、

血液中の二酸化炭素の濃度が濃くなるので、しゃっくりが止まると言われています。

砂糖や砂糖水で止まる?

砂糖を喉の近くにつけてみたり、砂糖を溶かした水を一気に飲むという方法です。

これも半信半疑でしたが、ちゃんと止まりました。

甘いものが刺激を与える

なぜ砂糖のような甘いものでしゃっくりが止まるのかというと、

舌神経系に刺激を与えると、その刺激が横隔神経に伝わり、

しゃっくりが止まることに繋がると言われています。

しゃっくりを止めるツボ

しゃっくりを止めるツボを押すのもおススメです。

どこにツボがあるかというと、みぞおちから1㎝くらい下のところと、

耳たぶの後ろのくぼんだところです。

人差し指で刺激

刺激する場所が見つかったら、そこを人差し指で軽く押してみてください。

こんな簡単な方法でしゃっくりが止まるのは嬉しいですね。

さいごに

いかがでしょうか?

私はその日によって効くものが違います。

これはしゃっくりの原因である横隔膜が刺激を受けた種類が違うからなのかな?と思っていますが、

この5種類でほとんどの場合、しゃっくりから解放されます。

しゃっくりにはまだまだ謎が多そうですが、しゃっくりが止まらなくて辛い、

外出中で早く止めたいという方に効果的な方法が見つかってくれると嬉しいです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします