妊娠初期

妊娠4ヶ月(妊娠12週~15週)の症状と注意点と胎児の状態

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳の娘と2歳の息子を持つママライターです。

だんだんお腹が出てきて、見た目も妊婦さんらしくなる妊娠4ヶ月。

この時期の母体の変化や胎内の赤ちゃんの状態についてご存知でしょうか?

今回は妊娠4ヶ月(妊娠12週~15週)の時期の症状や注意点、

赤ちゃんの状態をお教えしますね!



(1)妊娠4ヶ月とは?


baby-birth.com

妊娠4ヶ月とは妊娠12週~15週のことを指します。この頃の子宮は、グレープフルーツよりもやや大きいくらいになっています。腰回りがふくよかになり始め、時々乳房が張るかもしれません。子宮はちょうど恥骨の上あたりにあります。

胎盤もほぼ完成、安定期までもう一息です。

妊婦健診もこれまでは1~2週おきでしたが、

この妊娠4ヶ月を迎える12週ころから4週に1回程度になることも多いでしょう。

通常の健診の回数は減りますが、何か異常があればすぐに受診してください。

(2)この時期の母体に現れる症状

つわりが終わる

妊娠4ヶ月に入ると、つわりが楽になってくるママが増えてきます。

今までずっと調子が悪かったけれど、時々楽な日があって、

またたまに調子が悪くて…という感じ。

徐々に調子の良い日が増えていきますよ。

妊娠4ヶ月を終えるころには、つわりが終わった!と感じるママが多くなります。

体重増加


runnerstrials.com

つわりが終わり、ようやく食事がとれるようになったことで

食べ過ぎてしまい体重が一気に増えてしまうことがあります。

妊娠中は緩やかな体重増加が望ましく、ここで一気に増えてしまうのは困りもの。

私自身は第一子のときに、ここで一気に増えてしまい医師からお叱りを受けました…。

食べ過ぎに気を付け、おやつは低カロリーなものを選びましょう。

基礎体温の変化

妊娠してからずっと高かった基礎体温も、ここにきてようやく低温期に入ります。

だるさや体のほてりから解放されて、気分もスッキリします。



(3)この時期の注意点

つわりの終わりも個人差

この時期につわりを終えるママも多いですが、

まだまだ継続しているママもいます。

多くのママは妊娠5ヶ月ころにはつわりが終わるようですので、もう一頑張りですね。

稀に出産するまでつわりが続いた、なんてママもいますが極稀なこと。

あまり心配せずにいきましょう。

口腔内のヘルスチェックを!


deltadentaliablog.com

つわりにより歯磨きをすることが困難だったり、

頻繁な嘔吐により口内環境が悪かった場合は虫歯や歯周病の可能性があります。

妊婦に歯周病があると早産のリスクが5倍にも跳ね上がります。

これは炎症により子宮を収縮させる物質が分泌されるためです。

お腹が大きくなってくると、診察台に横になるのも辛くなるため今のうちに必ず受診を。

妊娠線の対策

お腹が大きくなるにつれて、妊娠線ができるリスクが高まります。妊娠線は急激に体重が増えて皮膚が伸びるせいで現れます。

生まれつき皮膚が柔軟だったり、肌の弾力が保たれている人は、何回妊娠しても妊娠線がまったくでないというケースもあります。そんなうらやましい体質でなくても、体重を急激に増やさず、少しずつ増やしていくようにすれば、妊娠線ができても最小限に抑えることができます。

さらに妊娠線専用に保湿クリームも試してみましょう。クリームで保湿すれば、少なくとも肌の乾燥やかゆみを防ぐことができます。赤くみみずばれのようになってしまう妊娠線ですが、産後数か月も経てば少しずつ色も薄くなり、白っぽくなって目立たなくなります。

便秘

この時期になると便秘に苦しむママが増えてきます。妊娠前、便秘などとは無縁だった人でさえ、何週間もひどい便秘に悩まされることがよくあります。

これには理由があります。ひとつには、妊娠によってホルモンの分泌が増え、腸の筋肉が緩んで、ぜん動運動が弱まるからです。また大きくなった子宮に圧迫され、腸の正常な動きが制限されることも上考えられます。

妊娠中に便秘になったら、食物繊維や水分を十分にとるように心がけましょう。またトイレを我慢しないことも大切です。腹痛を伴うような便秘薬は、子宮の収縮を伴うこともあり、流産の危険性も不安です。便秘薬に関しては、必ず産婦人科の医師に相談しましょう。

(4)この時期の赤ちゃんの状態は?


localtvkstu.files.wordpress.com

大きさは?

この時期の赤ちゃんの大きさは身長6~8センチ、体重40グラムほどになっています。ちょうどリンゴくらいの大きさになっています。

まだ体に比べると頭が以上に大きく、体全体の半分くらいを占めていますが。ぐんぐんと成長していきます。

より人間的に

頭にもやがて髪の毛になる渦巻き模様が見えてきたり、離れていた目が近づいてきて、耳も頭の両側にしっかりと納まって、より人間らしい顔つきになってきます。

手の形も完成します。手足の指には爪が生え、口の近くに手を持っていき、指をしゃぶろうとする吸いつき反射もみられるようになります。

さらに、この頃になると外性器ができて男女の区別がつくようになります。心臓や肝臓、胃や腸といって臓器もほぼ完成し、小さいながらも、きちんと機能しています。

心音

この頃になると、ドップラー聴診器で心音が聞けるようになるので、より実感としての赤ちゃんを感じることができます。

ただし、この時期では赤ちゃんの位置、胎盤の場所、子宮の位置、ママの脂肪などによって心音が聞きとれないこともあります。また妊娠週数の計算が少しずれていたりする可能性もあります。心音が聞こえないからといって、不安になったりする必要はありません。

もし不安を解消したいというのであれば、超音波検査をしてもらえば確実に心音を聞くことができます

トップ画像出典: yummymummyclub.ca


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします