妊婦の健康・食事

ココアとオリゴ糖が妊婦におススメな10個の理由

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

3歳の娘・5歳の息子・8歳の娘の3人の子どもを育てているママライターです。

妊娠したと分かったら、食生活などの生活習慣を見直さなければと思う人も多いハズ。

何をどうしたら良いのかわからないという人におすすめしたいのが、

まず今まで飲んでいたコーヒーをココアに変えてみるということです。

コーヒーのカフェインが妊婦に良くないことは広く知られており、

低カフェインコーヒーも売られているほどです。

たんぱくな味の低カフェインコーヒーを飲む前に、ココアを試してみませんか?

ココアにオリゴ糖の組み合わせがおススメな10個の理由とおすすめの飲み方をご紹介します。



その1 低カフェインで妊婦にも安心

ココアにはカフェインが含まれています。

コーヒーには100mlあたり60~100mg・紅茶には100mlあたり30mgのところ、

ココアには100mlあたり10mg未満だと言われています。

ココアに含まれるカフェインは少量のため、

胎盤を通り胎児に届く量は微量であるので胎児に与える影響は気にしなくてもいいそうです。

その2 食物繊維が豊富で便秘解消効果大

ココアが便秘に良いということはよく聞く話ですよね。

妊娠中や授乳中の便秘は、自然の食べ物で解消したいと思う人は多いハズ。

妊娠初期でまだ便秘はないという人も、これから便秘になる可能性があるのです。

初期のうちから食物繊維が豊富なココアに善玉菌のえさとなるオリゴ糖を入れて飲むことで、

腸内環境を正常化しておくことがおすすめです。

その3 美肌効果も!ポリフェノールが活性酸素を除去

腸内環境正常化だけでなく、ココアに含まれるポリフェノールが活性酸素を除去し、

お肌の調子を整えてくれるのです。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れているので、肌荒れも気になりますよね。

その4 ポリフェノールが食欲を押さえ、脂肪も燃焼

妊娠中は動くことが少なく、ついつい食べてしまうので、太りすぎてしまうことも。

3食バランスの良い食事を摂り、ついつい食べ過ぎてしまいそうな時間に、

1杯のココアを飲むことで食欲を落ち着かせることが出来るのです。

その5 ココアの苦みテオブロミンで生活習慣病予防

ココアの苦み成分であるテオブロミンが毛細血管を広げる作用があり、

血流を良くしてくれます。

血流が良くなることで高血圧の予防に効果大。

妊婦に限らずうれしい効果ですので、妊娠を機に続けていきたい習慣になりそうですね。

その6 インフルエンザや風邪の予防にも効果的

ココアでインフルエンザ予防!?と思う人も多いでしょうが、

森永製菓の研究所で発表されているのです。

免疫力がアップし、感染抑制効果があるそうなので、

インフルエンザの季節には、帰宅後に温かいホットココアを習慣にすると良いですね。

その7 むくみ予防にも!カリウムが塩分を排出

ココアはミネラル豊富なことでも知られています。

なかでもカリウムは余分な塩分を排出してむくみ予防に効果があります。

妊娠中毒症予防にもいいですね。

その8 貧血予防効果大!鉄と吸収を助けるマグネシウムを一度に摂れる

ミネラル豊富なココアは、貧血予防に効果的な鉄とその吸収を助けるマグネシウムを

両方一度に摂ることが出来るのです。

妊娠中は胎児に栄養を奪われるので、貧血になりやすい状態。

妊娠中に鉄剤を処方されることもありますよね。

妊娠したら、貧血予防も必要です。



その9 冷え性予防にも!効果はショウガ以上!?

昔から冷えは万病のもとと言い、特に妊婦は体を冷やすなと言われています。

体を温める効果のある食べ物と言えばショウガを思いつく人も多いでしょう。

ショウガは即効性があり食べるとすぐにぽかぽかと暖かくなりますが、冷めるのも早いのです。

ココアは、緩やかに体を温め、冷めるのも緩やかという特徴があり、

体をじんわりと温めてくれるのです。

その10 リラックス効果も!しあわせホルモンセロトニンを活性化

しあわせホルモンと呼ばれているセロトニンをご存知ですか?

セロトニンが活性化するとリラックス効果があり、穏やかな気持ちにしてくれるのです。

ホルモンバランスが崩れ、情緒不安定になりやすい妊婦にとって、

セロトニンが活性化するということはうれしい効果ですよね。

ホットココアでリラックスタイムを楽しみましょう。

純ココアがおすすめ!甘いココアは糖分が心配!?苦味が体に良いのです

ココアが体に良いからと、調整ココアをたくさん飲むのはおすすめできません。

毎日飲むのなら、純ココアにオリゴ糖を入れ、ちょっと苦味を感じるくらいで飲むのがおすすめ。

苦味が体に良い成分だと知ることで、脱甘すぎココアを目指しましょう。

純ココアは、お値段も張るので、試しに少量買ってみて、

飲めそうなら、大きなパックでネット購入を検討してみてはいかがですか?

どうしても余ってしまうという場合には、

ホットケーキミックスに混ぜても、パンにハチミツを塗ってココアをかけても美味しいですよ。

オリゴ糖を飲んでいるのに便秘が改善されない!?オリゴ糖の純度が大事!

便秘解消にオリゴ糖が良いと聞き、飲んでいるのに便秘が改善されないという方は、

オリゴ糖の純度を気にしてみて下さい。

薬局などで売っている安価な液体のオリゴ糖には、水あめや砂糖などが入っていて、

オリゴ糖の含有量が低いものが多いのです。

液体状でも、オリゴのおかげは純度が高く、トクホ商品ですので使いやすさもあり、良い商品です。

粉末状のはぐくみオリゴも、純度100%で5種類のオリゴ糖がブレンドされているのでおすすめです。

赤ちゃんの便秘にも使える商品ですので、妊婦にとっても安心ですね。

はぐくみオリゴを見る♡


牛乳?豆乳?オリーブオイル?好みで加えてみて下さい

ココアとオリゴ糖だけでは苦味が気になるという場合には、

牛乳や豆乳を加えると飲みやすくなります。

牛乳はカルシウムが豊富で、栄養満点の飲み物ですね。

カロリーが気になるという場合や乳製品は摂っているという人は、豆乳を加えるのがおすすめです。

豆乳は大豆イソフラボンの効果も期待でき、こちらも栄養バランスの取れた飲み物ですが、

1日に200ml位が適量と言われているので、摂りすぎに注意したいですね。

オリーブオイルは、ココアの保温効果をUPさせ、便秘解消効果が高いと言われています。

頑固な便秘に困っているという人は、

大さじ一杯のエキストラバージンオリーブオイルをココアに入れるのがおすすめ。

理想的なココアの飲み方のススメ

ココアの効果は女性や妊婦に嬉しいことばかりですね。

純ココアに純度の高いオリゴ糖を適量入れ、少量のお湯でなめらかになるまで溶き、

牛乳や豆乳を加えて、温めて飲むのが効果的です。

あまり量を多く飲みすぎるのはカロリーオーバーの原因になりますので、

おやつ代わりや空腹時、起床後やおやすみ前などに飲む習慣を付けてみてはいかがでしょうか?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします