生後0ヵ月~12ヵ月 育児の悩み・疑問

赤ちゃんに子守唄を歌う4つの効果!泣いてても歌ってあげよう!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

3歳の娘・5歳の息子・8歳の娘の3人の子どもを育てているママライターです。

赤ちゃんは泣くのが仕事と言いますが、

泣いている赤ちゃんを放っておけない状況もありますよね。

中々寝てくれない赤ちゃんや泣きやまない赤ちゃんに

子守唄を歌ってあげるということをおすすめします。

子守唄を歌うということが母子に与える効果を4つご紹介します。



効果1 心拍数を下げ、苦痛を和らげる!

赤ちゃんを寝かしつけるときに、子守唄を歌うと、

赤ちゃんが安心して眠るという効果があるということは広く知られています。

子守唄は、病気の子どもの心拍数を下げ、苦痛を和らげる効果があるという研究結果があるのです。

効果2 ママも穏やかな気持ちに!時間が気になりません

赤ちゃんが中々寝てくれない時、添い乳をしながら、

そろそろ寝たかなと離すと起きてしまうということありませんか?

赤ちゃんはおっぱいも大好きですが、タイミングを計っている親の様子を感じ取っています。

9時からのドラマが始まる前にと慌てて寝かしつけているときに限って、

寝てくれないことありますよね。

赤ちゃんを抱っこして、歌を歌っていたら、いつのまにか赤ちゃんが寝ていて、

ママのワンマンショーになっていたということは私の場合、毎度のことでした。

ママの気持ちが赤ちゃんに向く!

子守唄を歌いながら、他のことを考えるのって難しいですよね。

子守唄を歌っている間は、ママの気持ちが赤ちゃんの方を向いています。

歌っているママの方もだんだん穏やかな気持ちになってきませんか?

子守唄を歌うことは、ママの気持ちも変えてくれる力があるのです。

ママが自分のためを思って、穏やかに歌ってくれる子守唄だからこそ、効果があるのです。

効果3 次は何を歌おうかな?ママのストレスを軽減!

赤ちゃんが泣いているときや眠ってくれないときにイライラしてしまうことってありませんか?

そのイライラにも、子守唄が効果的。

人間は声を発することでもストレスを発散させているのだそうです。

歌うだけでなく、笑うことや泣くことでもストレス発散はされますが、

赤ちゃんを落ち着かせたい時には、子守唄が最適。

効果4 言葉の発達を促す!睡眠学習効果

暗記をする時にもある程度勉強したら、

15分の睡眠を入れることが効果的と言われています。

人が何かを覚えようとするときに、眠ることで記憶が定着するのだそうです。

赤ちゃんも眠っている間に、いろいろな言葉を覚えているようです。

入眠時に子守唄を聞くことで、言語の発達を促すことになるでしょう。

言葉が早い子供が良いというわけではありませんが、

早く意思疎通ができるようになることが、母親の負担軽減にもつながります。



子守唄ってどんな歌!?ママの好きな歌で十分です

子守唄と言われても、よく知らないという人も多いと思います。

わざわざ調べて歌う必要はありません。

ママの好きな歌を歌ってあげればいいのです。

ロックが好きな人はロックでもクラッシックでも洋楽でもなんでもOK。

ただし、眠りが近づいてきたときには、ハミングにするなどの工夫が必要です。

決まった曲の繰り返しがおすすめ!最後の1曲

泣いている赤ちゃんやまだまだ寝そうにない時には、

ママが好きな歌をストレス発散する気持ちで歌っていても◎。

そろそろ寝そうという時には、

最後の1曲として穏やかな気持ちになる子守唄のような曲を繰り返すのがおすすめです。

毎日繰り返し聞いているうちに、この曲が始まったら、寝るとインプットされることでしょう。

子供が泣くのは一時的なもの!肩の力を抜いて育児を楽しみましょう

赤ちゃんでいてくれる時期は、ほんの1年程度です。

月齢ごとに心配なことや悩みがあると思いますが、

可愛い時期もこの月齢ならではということがたくさんあります。

そんな瞬間の赤ちゃんの可愛さをストレスで見逃してしまってはもったいない!

赤ちゃんが泣いていて、どうしようもない時には、

しばらく放っておいて、ママも泣いたっていいのです。

赤ちゃんが泣いてストレスを発散するように、ママも泣くことでスッキリできればOKです。

泣いた後には、赤ちゃんを抱っこして、たくさん歌を歌ってあげましょう。

そのうち大きくなってしまう赤ちゃんとの時間、

肩の力を抜いて楽しく過ごすことをおすすめします。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします