子供の教育・成長・遊び 小学生・小学校

勉強大好き!子供に嫌がらせず学力を伸ばすお勧めの方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは☆ 年少の息子と0歳5ヶ月の娘をもつ育児真っ只中のママライターです。

子供が嫌がらずに勉強してくれたら親としても嬉しいですよね。

我が子はまだ幼稚園児ですが、既に小学校で習うようなことを嫌がらずに学んでいます。

こう聞くと子供が嫌がっているのに「勉強しなさーい!」と言う教育ママのようですが、

そうではなく子供は「勉強」と思わずに「遊び」と思って

楽しんでやっていることが勉強になっている、ただそれだけなんです。

実際、周りからなんでそんなこと知っているの?と驚かれることも多いです。

これから、遊びながら学力を伸ばす方法をご紹介したいと思います。



まずは心構え

勉強しなさい!は禁句

子供に勉強してほしいときに「勉強しなさい!」と言うのは逆効果です。

余計やりません。

大人だってやろうと思っていることを「やれ」と命令されるとやりたくなくなりますよね。

きっかけは親が仕向けたとしても「子供が自分の意思でやっている」という感覚が必要なのです。

興味を示した時が伸ばし時

子供は好奇心旺盛です。勉強も興味を示したときが一番伸びます。

子供が興味を持って質問を投げかけてきたとき、

親も分からないことならば面倒くさがらずに調べて、

知りたがることは本格的に教えてあげてください。

そこから勉強につながることが多いです。

やったら褒める!

子供が自分の意志で学べたら、出来不出来にかかわらずとにかく褒めてください!

子供は親に認められたという自信がつき、もっと褒められたくてもっともっと頑張ります!

裏をかけば親が伸ばしたいと思う分野があれば、

そこを褒めると思惑通り?伸びてくれるかも?しれませんね。

親子で遊びながら学ぼう

国語

絵本・本

本は子供の想像力、観察力、思考力、表現力、創造力の構築、

そして言語の習得や他人の気持ちを考える力を築くのにも最適です。

本を読む子と読まない子では語彙力が4、5倍も違うと言われています。

小さい頃はママやパパのお膝に座らせて絵本の読み聞かせを沢山してあげてください。

ママパパの声で読んであげると子供も安心して、「本は楽しい」という感覚をもてますので、

大きくなっても一人で楽しんで読書することができます。

受験にも国語で文章を読解する力が絶対に必要となります。

本を沢山読んで鍛えられた子には有利ですよね。

郵便やさんごっこ

小さい子向けではありますが、我が子はこれで入園前の3歳には平仮名を読み書きできていました。

ティッシュの空き箱などを利用してポストを簡単に作り、

書いたお手紙を入れて、郵便やさんに扮して配達する遊びです。

まずはママがお手本で子供宛にお手紙を平仮名で書きましょう。

すると「○○ちゃんも書く!」という流れになれば子供も興味を持った証ですので、

すかさず伸ばしてあげましょう。

一緒に平仮名を書いて練習したり、

ママが点線で文字を書いてあげてなぞれるようにしてもいいです。

最初はミミズが書いてあるようでこれは文字?!と言いたくなるかもしれないですが、

そこは我慢して「すごいねー、上手に書けたね、なんて書いたのかな?」など

褒めることを繰り返しているうちに書けるようになります。

ママはお手紙を受け取ったらものすごく嬉しそうにリアクションしてくださいね。

得意気になってまたお手紙を書いてくれるでしょう。

その度に書きたい平仮名もどんどん増えていって、気づいたら50音全部覚えられます!

そのうちカタカナや漢字でも応用できますね。

大きくなったら郵便屋さんではなく交換日記などにしてもいいですね。

しりとり・なぞなぞ・連想ゲーム

しりとりをすることで語彙力を高めることができます。

いつも同じものでなくて親が色々な言葉を使うように意識することで子供の語彙が増えていきます。

小学生以上で漢字を書ける子は、「道→連→輪」など漢字しりとりもいいですね。

なぞなぞや連想ゲームもユーモアを身に付けることができるのでゲーム感覚で学べます。



算数

ピタゴラス

空間図形には知育おもちゃのピタゴラスがもってこいです。

磁石がついているので立方体や三角錐など、立体的に作ることが出来、

空間でとらえる力が身に付きます。

空間図形の問題をピタゴラスで照らし合わせながら説くと分かりやすいです。

文章題を実践する

例えば、ホールのケーキを切り分けたときに子供に見せながら、

「うちの家族は何人いる?

この8等分されたケーキをみんなに分けたら1人何個ずつ食べられるかな?」などと、

実生活で文章題のようにすると子供も楽しくわかりやすく問題に親しめます。

英語

歌で覚える

子供に英語を教えるのに一番いい方法は

ネイティブの外国人と日常的に話すのが一番いいと思います。

が、そんな機会はなかなかありませんよね。

我が家では0歳から『Wee Sing Childrens Songs And Fingerplays』というCDを流して遊んでいます。

英語の曲が70曲も入って歌詞本もついて1000円なのでオススメです。

子供向けの英会話教室でもよく使われているようですね。

知っている曲も多いですし、収録されている歌も子供の声なので子供の反応もいいです。

ママが楽しそうに振付しながら歌うと子供も楽しそうに真似しますので

英語が楽しいと思ってもらえるのにとても良いと思います。

社会

地図パズル

地図パズルはオススメです!

ゲーム感覚で都道府県名、位置、形をあっという間に覚えてしまいます!

県庁所在地や名産品なども一緒に教えてあげると、地理の勉強で役立つこと間違いなしです。

国旗カルタ

最近では100円均一でも売られていますね。それで十分です。

主な国の名前、国旗、名産品、特徴など覚えられていいですよ。

家族でカルタをして遊びながら覚えてしまいましょう。

歴史マンガ・TV

歴史の教科書を丸暗記していてもつまらないですよね。

歴史に興味をもってもらうには歴史マンガや大河ドラマを見るのが一番楽しいと思います。

人物像や時代背景、繋がりもみえてきやすいので、とてもオススメです。

理科

図鑑で調べる癖をつける

おもちゃを沢山与えるなら、図鑑を沢山買ってあげてください。

そして、そこらへんで見つけた昆虫や鳥、動物など「これなにー?」というものがあったら

「帰って図鑑で調べてみようね」とすぐに調べて頭に入れてあげてください。

いかがでしたか?親が勉強を無理強いするのではなく、

子供の意思でやっているという感覚を持たせてあげる機会を

親がつくるのがいいと思います。

自分で経験・体験したものはとても身に付きやすく、興味も持ちます。

その機会に正しい情報を入れてあげることで勉強にも繋がっていくのです。

親子で楽しみながら学んでくださいね☆


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします