4歳~6歳 子供の習い事

4歳の娘をヤマハに習わせて良かった点4つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは! 4歳の娘を育てているママライターです。

子供の習い事として大人気のピアノですが、個人の先生に習ったほうがいいのか、

それともヤマハやカワイなどの音楽教室へ行ったほうがいいのか…と、

悩むママも多いのではないでしょうか。

私もどこに通わせればいいのかと悩みましたが、ヤマハへ通わせることにしました。

4歳の娘をヤマハへ通わせて良かった点について書いてみたいと思います。



レッスンでは歌ったり踊ったりもします

現在、娘はヤマハの「おんがくなかよしコース」に通っています。

遊び感覚で、全身で音楽を感じる体験をすることで、

感じ取る力を伸ばすことを目的としたコースです。

月3回のグループレッスンです。

レッスンでやること

レッスンでは、

・歌う

・先生の演奏を聞く

・CDの曲を聞く

・楽器を演奏してみる

・踊る

といったことをしています。

ヤマハは音楽教室なので、ピアノの演奏だけを教えるわけではないのです。

レッスンの雰囲気

まだ3歳の子もいるので、うまく歌えなかったり、

先生に話しかけられても答えられなかったりする子もいます。

そういう子に対しても、先生は優しく対応してくれます。

一人ひとりのよくできている点を探し出してほめてくれるので、とても穏やかな雰囲気です。

ママがやること

レッスンはママも子供と一緒に受けます。歌を歌ったり、手をつないで動いてみたり、

エレクトーンの操作をしたりします。音楽の知識がなくても大丈夫です。

おうちでの宿題

まだ年少さんですが、宿題もあります。音楽に合わせた絵を書いてきたり、

CDを聞いて音楽を覚えたりすることです。



ヤマハへ通わせて良かった点

ヤマハへ通わせ始めて、娘のピアノや音楽へ対する感情によい変化が現れました。

ヤマハへ通わせて良かった点を紹介します。

音楽の雰囲気を感じ取れるようになった

娘が「この曲は楽しく踊る曲」、「この曲は優しくてフワフワした感じ」といった

感想を言うようになりました。

具体的にどういった曲なのかイメージすることができるようになりました。

音楽の雰囲気を感じ取ることができるようになり、感性が豊かになってきたようです。

階名(ドレミファソラシド)で歌うことが増えた

「ドレミ~ドレミ~ファミレドレミレ~」というように、階名で歌うことが増えました。

特に教えなくても、知っている曲を階名に置き換えて歌っていることもあります。

音楽の基本的な部分が少し身についてきたようです。

リズム感が良くなった

今までは、音楽に合わせて手を叩いたりしてもずれていることが多かったのですが、

音楽を聞きながらリズムをとることが上手にできるようになってきました。

音楽を楽しめる

ピアノを弾くのは楽しい、音楽は楽しいものだと思うようになったようです。

楽しむことは、長くレッスンを続けていくためには必要なことです。

レッスンに行くのが楽しい、家でもピアノを弾きたいと思うようになったようです。

楽しみながらピアノを弾くことが大切

いかがでしたか?

教室選びの参考になったでしょうか?

「子供の習い事として一番よいのはピアノである。ピアノを弾くことは、脳に良い。」と、

脳科学者である澤口俊之氏が提唱しています。

澤口俊之氏は、テレビ番組にもよく出演している有名な方なので、

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

脳によい影響があるならば、子供にはしっかりピアノを弾いてもらいたいですよね。

でも、嫌々弾いても脳には良くないそうです。

楽しみながらピアノを弾くことが大切なのだそうです。

せっかくの習い事ですから、

子供が楽しく弾けるようになるようなレッスンをしてくれる教室に通えるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします