1歳~3歳児 子供の教育・成長・遊び

入園までにとれた!試行錯誤で成功したトイレトレーニングのコツ4つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!4歳の女の子を育てているママライターです。
 
子どもが年少で入園するまでに、

できればトイレトレーニングを完了させたいと思うお母さんは多いのではないでしょうか。

トレーニングを始めてすぐにオムツが取れる子もいるけど、

オムツを外すのはなかなか根気がいります。

うまくいったかと思えば、また失敗が続いたりすることもあると思います。

そこで、入園前に娘のオムツが取れた経験から、

トイレトレーニングのコツを紹介していきたいと思います。



①トイレトレーニング開始の合図を知ること

おしっこの間隔が2時間程度あく

膀胱がおしっこを溜められるようになるまで待ちましょう。

親とコミュニケーションが取れている

言葉の意味が理解できていて、ジェスチャーや言葉で自分の意思を伝えることができるようになると、

トイレに行く理由や、おしっこがしたい感覚などを教えることができます。

また、子どもからも「おしっこが出そう」と親に伝える手段が獲得できていることが大切です。

ひとりで歩ける

歩けないうちは、おしっこをしたいと思っても自分のタイミングでトイレに行けません。

②暖かい時期にスタートする

必ず暖かい時期にスタートしなければという訳ではありませんが、

子どもがおしりを出しても寒くない、洗濯が乾きやすい、

等の理由で暖かい時期を選ぶ場合が多いです。

トイレが寒くない

寒いとなかなかズボンを脱ぎたがらない子も多いと思います。

無理に連れて行ってトイレが嫌いになっても困るので、

スムーズにトイレトレーニングを始めるためにも寒い時期は避けた方が無難です。

洗濯物が乾きやすい

また、毎日洗濯物が大量に出るので、乾かないのに洗濯がたまっていくのは親にもストレスだと思うので、

夏にスタートするのがいいかもしれませんね。

③失敗しても叱らない・成功したら大げさに褒める

子どものおもらしに慣れる

トイレトレーニングを始めると、失敗ばかりで毎日床を拭いたり洗濯したりで、ママはイライラしがちです。

つい子どもを叱ってしまいたくなりますが、そこはグッと我慢して淡々と片付けましょう。

子どもがトイレを失敗するのは当たり前と思って、

おもらしに慣れてしまうと精神的に楽です。

トイレに座らせて成功したら、そのときは思い切り褒めてあげると子どものやる気につながります。



④おしり丸出しで過ごす

着脱の手間がなく、洗濯の必要もない

わたしの娘の場合、この方法は本当に効果がありました。

夏の暖かい時期にトイレトレーニングを始めたので、

スカートだけを着せて、下着ははかせずにノーパンで過ごさせました。

失敗したときに床を拭く手間がかかるけど、

洗濯物はでないし、脱ぐ時間を短縮できるので子どもが「おしっこが出たい」といったらすぐに対応できるのが利点でした。

家の中でおしっこが垂れ流しになるので、

抵抗があるママもいるかもしれませんが、気にならない人にはお勧めの方法です。

下着をはかせる場合は脱がせやすい服を選ぶ

「おしっこ垂れ流しはちょっと・・・」という場合や、

冬などの寒い時期にトイレトレーニングを始めるとすると、

おしり丸出しは難しいかもしれません。

その場合は、1日で何回も着替えさせることになるので、

着脱しやすい服を多く用意しましょう。

女の子の場合はスカートを着せると下着のみの着脱になるのでお勧めです。

また、子どものお気に入りの絵が描いてあるパンツをはかせると、

おしっこやうんちで汚れるのが嫌でトイレでできるようになる場合もあります。

ストレスなく続けられそうな方法を試してみる

トイレトレーニングを始めると、失敗したときの後始末でバタバタしたり、

なかなか成功しない子どもにイライラしたりするかもしれません。

しかし、いつまでもオムツをつけている子はいませんので、焦らなくても大丈夫です。

トイレトレーニングの方法はひとつではないので、

いろいろ試してみて、ママがなるべくストレスを感じずに続けられそうな方法を見つけてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします