ベビー用品

工夫次第で節約可能!ベビー用品の賢い揃え方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

はじめまして。10ヶ月の娘を育児中のママライターです。

出産を控えたママさん、もうベビー用品は買い揃えましたか??

ベビー用品も値段はピンキリでどれを買おうか迷ってしまいますよね。

今日はそんなベビー用品の上手な揃え方を体験談を交えながら紹介します。



お金を掛けるものと抑えるものを決めましょう

ベビー用品で主に大きなお金が掛かる物はなんでしょうか?

  • ・ベビーカー
  • ・チャイルドシート
  • ・ベビー布団
  • ・ベビーベット

一般的にはこれらにまとまったお金が必要となります。

ベビーカーはタイヤがしっかりしているほど振動が起こらず安心です。

小さい間は段差などの振動で頭が揺れたりが心配ですし、

出かける際も頻繁に使うので、

ベビーカーにはお金を掛けても無駄にならないかと思います。

ベビー布団は使う時期・両親のアレルギーなども考慮して

ベビー布団は安い物であれば2万円前後からありますが、

素材などにこだわっていればセットで5万円以上かかるものもあります。

我が家はインターネットで授乳用クッションやシーツなどもついている、

セットのものを2万円ほどで購入しました。

うちの娘は少し敏感肌ですが、安かったから肌が荒れた、

などはまったく無かったのでそちらは心配ないかと思います。

また、月齢が小さい頃から添い寝でしか寝なくなってしまったので、

ベビーベットで寝ていたのは首がすわるまでの間くらいでした。

夏の子だったのでほとんど布団をかけることもなかったので、

そこにはお金を掛けずに正解だったかと思います。

生地の素材に関しては、両親ともにひどい敏感肌やアレルギーを持っていれば、

気をつけて準備すべきだと思います。

もちろん値が張るほど肌触りなども良くなるかと思いますので、

こだわりのある方高価なものを購入しましょう。



ベビー服の上手な揃え方

安くても良い物はたくさん

ベビー服も手頃なものから高いものまでたくさんあります。

我が家でもいろんなところで購入してみて試してみました。

感想としては、安いものは毛玉ができやすかったり、

表記されているサイズとサイズ感が違ったりという場合もあります。

安くても素材が良かったり、可愛いデザインのものも多いです。

赤ちゃんはすぐにミルクを吐いたり、汚してしまうので服も数があるほど助かります。

高価なものは肌触りも良く、生地ももちが良いですが、

1つ1つ良いものを揃えていけば金額も跳ね上がっていくので、

おでかけには良いもの、おうちで過ごす時は手軽な物、

などと使え分けると良いかと思います。

また、生後7、8ヶ月頃からサイズは80くらいで一旦体の大きさは安定しますが、

それまでは体がすぐに大きくなるので、あっという間に着れなくなってしまいます。

サイズが落ち着くまでは、

高い物をたくさん買っても数えるほどしか着せなかった、

ということにもなりかねないので無駄にならない買い物をしましょう。

おさがりは育児の強い味方

身内や身近なママ友でおさがりがもらえそうなら、

是非お願いしてみてください。

洋服を着せられる期間は限られているので、

しょっちゅう着せていたもの以外はそんなに痛んでいないはずです。

お祝いでもらったけど気付いたら着れなくなっていて、

ほとんど着せずに終わってしまったとう話も良く耳にしますし、

綺麗な状態のものを譲ってもらえたら本当にお得ですよね。

赤ちゃんの服も数が多いほどバリエーションが増えるので、

おさがりをもらって数が増えると本当に助かりますよ。

上手な買い物をしましょう

いかがでしたか?

ベビー用品は数がかさんでいくほど意外と金額がかかるものです。

ママ友におすすめブランドを聞いてみるのも良い手だと思います。

無駄にお金をかけ過ぎたと後で後悔しないよう、上手な買い物をしましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします