美容法

なぜごぼう茶なの?ごぼう茶が若返りに効果的な理由4つ

こんにちは!5歳と2歳になる子供を育てているママライターです。

小さい子供を育てていると毎日が嵐のように過ぎていき、ふと鏡を見てみてびっくり!

私、なんだか疲れた顔をしている?心なしか老けたような・・・。

そう思うことはありませんか?

私も毎日の子育てに追われ実際の年齢よりも上に見える気がして、

老化を食い止める方法を試してみました。

色々試すうちにごぼう茶を毎日摂取することにたどり着きました。

若返りができると評判のごぼう茶ですが、毎日のお茶の代わりに飲むだけなので

とても手軽にチャレンジすることができますよ。

今回はごぼう茶の素敵な若返り効果について紹介したいと思います。

ごぼう茶ってそもそもどんなもの?

ごぼう茶はごぼうをさきがきにして天日干しにしたものをお湯で煮だしたお茶のことです。

ポイントは皮もそのまま調理されていることです。

ごぼう茶は皮の栄養もそのままに摂取することができ、普段のごぼうを使った料理よりも

栄養を体内に取り込めるといわれています。

肌の老化は体の中での酸化や糖化によって、しみ・しわ・くすみ・たるみなどを引き起こします。

老化と戦うには体の内側から改善していく必要があります。

現代の食生活に含まれる油や脂肪の多い食事によって体内で活性酸素が作られます。

この活性酸素を退治できるのが抗酸化物質と呼ばれるものです。

ごぼう茶の成分の中には、活性酸素を除去できる抗酸化物質が入っているので、

体の内側から健康に若々しくしていくことができます。

では、具体的にごぼう茶での若返り効果にはどんな作用があるのかを紹介します。

[co-7]

体を内側から温める

ごぼう茶の中にはサポニンという成分が含まれています。

このサポニンは体の中で血液をさらさらにしてくれます。

血流が改善されることにより、体内で免疫力が活性化されます。

更にコレステロールや脂肪分解を分解してくれる成分なので肥満防止にも効果があります。

体を内側から温め血流を良くすることで血液の循環がスムーズになり、

皮脂の分泌も穏やかになり肌に艶が出ます。

食物繊維でむくみや便秘を改善

ごぼう茶の中にはイヌリンという成分が入っていて

このイヌリンはダイエット食品にもよく含まれている優秀な成分です。

イヌリンは食物繊維なので便秘に効果的です。

便秘はくすみや肌荒れの老化現象を引き起こすので注意が必要です。

さらにイヌリンには体内の汚れた水分を吸着して尿として体外に排出することができるので

むくみ予防にも効果的です。

[co-8]

毛穴を引き締める

ごぼう茶の中にはタンニンというポリフェノールの一種である成分が入っています。

タンニンの主な効果は血管や組織を縮める収れん作用があります。

これは肌の開いてしまった毛穴をキュッと引き締める効果のことで、

毛穴を目立たなくささせてくれることで肌を綺麗に見せてくれます。

タンニンには消炎作用もあるので荒れた肌を鎮めてくれる効果も期待できます。

成長ホルモンを増やす

成長ホルモンと聞くと10代限定のイメージですが、実は20代以降も分泌されています。

しかし加齢とともに減少してしまうのも事実で、40代には10代の半分以下になってしまいます。

ごぼう茶の中にはアルギニンという成分が入っていて、

アルギニンは滋養強壮に良いと言われています。

アルギニンの中には成長ホルモンの分泌を促す効能があります。

成長ホルモンが活発に分泌されることで、新陳代謝を促進したり、

疲労回復や美肌にも効果を発揮します。

いかがでしょうか?

外からのアンチエイジングももちろん大切ですが、

内側から綺麗になることで健康にも美容にも良い効果が得られます。

ごぼう茶には優れた成分がたくさん入っているので

毎日の食生活の中に是非取り入れてみてくださいね。

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします