妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期 妊婦の服装

妊婦健診の内診ってなにする?エコーとの違いは?服装のポイントは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、7歳の息子と5歳の娘を育児中のママライターです。

妊娠おめでとうございます。

お腹は目立ってきましたか?胎動は感じられますか?

妊婦健診ってお腹の赤ちゃんの様子を見ることができますし、とても楽しみですよね。

その反面、健診時の内診やエコーなど、ドキドキもたくさんです。

お腹の大きさでエコーのやり方が違いますが、

そのお腹の大きさでの健診に適した服装を、これから解説していきたいと思います。



内診とお腹のエコー、何が違うの?

お腹が大きくなってくる中期まで、毎回内診があります。

お腹が大きくなってくるまではお腹からエコーを当てても

赤ちゃんの姿が確認できないので、内診からのエコー検査になります。

お腹が目立ってきたころになるとお腹からのエコーに切り替わります。

この時期になると内診をしない回もでてきます。

内診って何するの?

内診台という特殊な診察台に乗って、足を広げ、医師が膣に指や器具などを挿入して、

膣や子宮の状態を診察します。

このとき膣からエコーを当て、赤ちゃんの状態を見ることができます。

内診の心構え

誰でも他人の前で足を広げるのは恥ずかしいものです。

しかし緊張していると診察がうまく進まない場合もありますし、

力が入っていると痛みを感じる場合もありますので、

早く内診台から降りるためにもリラックスをして臨んでください。

腹式呼吸をすると力が抜けますよ。

内診のときの服装

内診台ではショーツを脱ぎますのでズボンを履いて健診に行ってしまった場合、

内診台に上がってから先生が診察を始めるまで、丸出しの状態になってしまいます。

スカートがおすすめ

内診のときはスカートがおススメです。

内診台に乗って内診が開始されるまではスカートで隠しておけますから。

お腹からのエコーはどのように行うの?

お腹が大きくなってきたら膣からのエコーからお腹からのエコーに切り替わります。

ベッドに横になり、お腹にゼリーのようなジェルをつけられ、

プローブと呼ばれる器具を当てて赤ちゃんの様子をモニターに映します。



お腹のエコーのときの服装

お腹のエコーの場合はショーツを脱ぐ必要はありません。

ズボンで健診に行っても大丈夫です。

上下がつながったワンピースなどは避けて

そのかわり上下につながったワンピースなどを着て行ってしまうと、

ベッドに横になった際、お腹の上まで洋服をまくる形になってしまいますので、

下着が丸見えになってしまいます。

タオルなど掛けてもらえると思いますが、なるべく恥ずかしい思いはしたくないですよね。

上着をめくってお腹が出せる服装で行くことをおススメします。

共通して言えること

妊婦健診では、内診やお腹のエコーだけではなく、

尿検査や体重測定、血圧測定、採血などがあります。

採血や血圧測定のときのために、長袖でしたらまくりやすい服に。

少しでも体重を減らすために、軽めの服を着て行くことを頭にいれておいてください。

ブーツなどの脱ぎにくいものは履いていかない

忘れがちなのは靴のことです。

内診台に乗る際も、ベッドに横になる際も靴を脱ぎます。

あまり脱いだり履いたりするのに時間のかかるブーツなどは避けたいものです。

タイツは避けましょう

内診台に乗る時はタイツを脱がなければいけないので履いていかないほうがいいでしょう。

お腹のエコーに移った場合にも足のむくみを見たりするので、

タイツじゃないほうがいいと思います。

スカートを履く場合はお腹が冷えるのはよくないので、

タイツではなくレギンスをおススメします。

次回の診察の内容を聞き逃さないようにする

私が通っていた産院では、毎回、次回の診察内容を説明してくれていました。

そのような病院も多いと思いますので、先生の話をしっかりと聞いて、

それに適した服装で出掛けるようにしてみてください。

お腹のエコーに移ってからも、ときどき内診がありますので注意してくださいね。

さいごに

いかがでしたか?

せっかく赤ちゃんに会える健診で恥ずかしい思いをしながら受けたくないですよね。

気持ちよく診察を受けるために、服装選びを間違いなくクリアしてもらいたいです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします