子供の行事

近所の友達とハロウィンパーティー!子供と過ごす楽しい一日

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、7歳の息子と5歳の娘を育児中のママライターです。

皆さんはハロウィンをどのように過ごしていますか?

自分が子供の頃はハロウィンという言葉すら知らなかったように思います。

今ではその時期になるとテレビでもハロウィンの特集だったりと

目や耳にする機会も増えてきましたね。

素敵なハロウィンを過ごすために、

近所のお友達とハロウィンパーティをしてみてはいかがでしょうか。

きっと思い出に残るものになると思いますよ。



ハロウィンってどんな行事なの?

季節のイベントとして楽しむ方も増えているハロウィンですが、

それではハロウィンとはどのような行事なのでしょうか?

日本各地でみられる、なまはげや節分、お盆の行事に通じるものがあるようです。

10月31日に

ハロウィンの由来はキリスト教の諸聖人の祝日「万聖節」の前夜祭で

作物の収穫への感謝とともに悪魔払いをするお祭りということです。

そんなハロウィンパーティを子供と楽しむために、どのようなことをすればいいでしょうか。

飾り付け

誕生日会やクリスマスなど、皆さんも部屋を飾り付けしたことがあるのではないでしょうか。

ハロウィンパーティでも子供と一緒に飾り付けをしてみましょう。

手作りでも買ってきても

今ではハロウィンの時期になると、お店に行けばハロウィングッズが手に入りますよね。

もちろん、子供と一緒に買い物に行って選んで、それを飾るのもいいですが、

お薦めはやっぱり手作りです。

お誕生日の輪っか&七夕のように

誕生日パーティでよく見る、折り紙を細く切って輪っかにして繋げていく飾りに、

七夕で作るような折り紙を使った飾りを、ところどころぶら下げてみたり…

それだけでも雰囲気はでます。

あとハロウィンと言えばやはり「かぼちゃ」や「おばけ」。

折り紙でおばけの形に切り抜いて、輪っか飾りにぶら下げると、

より一層ハロウィンっぽくなりますよ。

さぁ、部屋を飾ってみましょう。



お料理は?

近所のお友達とのパーティなので、一品持ちよりにしてみませんか?

是非かぼちゃを使った料理をメインにしてみてください。

3品ほどご紹介させていただきます。

かぼちゃのコロッケ

ジャガイモをかぼちゃに変えるだけです。

かぼちゃが苦手な子でもパクパク食べてくれました。

かぼちゃのグラタン

作ったホワイトソースに、あらかじめ切って柔らかくしておいたかぼちゃを投入して

少し煮込むだけで簡単にできます。

普通のポテトサラダをハロウィン風に

ポテトサラダを普通にテーブルに出すのはもったいないです。

ポテトサラダをおばけの形にしてお皿に盛りつけます。

のりで目を作り、ハムでおばけのべろをつけたら、

あっという間にハロウィンっぽくなりますよ。

ハロウィンの料理と検索にかけると、いろいろ出てきますのでお試しください。

Trick or Treat!

Trick or Treatとは「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ」という意味ですが、

是非子供たちにお友達のお家にお菓子をもらいに行ってもらいましょう。

ママたちも小さなお菓子をたくさん用意しておきましょうね。

ハロウィンの一番の楽しみ…仮装

男の子も女の子も、仮装はとっても喜びます。

手作りでもいいですが、お手軽に100円ショップで買ってみたり、通販で手に入れてみたり。

たくさんありすぎて選ぶのが大変ですが、とても楽しいですよ。

男の子

男の子にはおばけのコスチュームが一番人気のような気がします。

大人も怖がってあげれば、盛り上がること間違いなしです。

女の子

やっぱり女の子は魔女でしょうか?

ハロウィンにこだわらず、ディズニーキャラクターのコスチュームの子もたくさんいましたので、

とにかく女の子が着てテンションが上がるものを選んであげてください。

さいごに

いかがですか? なんとなくイメージがわいてきましたか?

ただ仮装して集まるだけでも、とても楽しめると思います。

集まってお菓子を交換しあって…のように

ワイワイするだけでも子供たちは楽しいと思うので、

是非ハロウィンの時期にやってみてください。

そしてみんなで写真をパチリ。素敵な思い出になりそうですね。





お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします