料理・レシピ

腐らせない夏の弁当対策! 「冷凍食品」上手に使って保冷剤代わりに!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

暑くなってくると、子どもやパパのお弁当が、お昼までに暑さで腐らないか心配になりますね。

パパのお弁当は、職場の冷蔵庫に入れてもらえば何とかなるかもしれませんね。

でも、子どもの学童や保育などで食べるお弁当は、朝もっていったら、常温のまま…。

夏はいたみやすいし、おなか壊したらどうしよう、って心配になりますね。

そんな夏場のお弁当のひと工夫がこちら。



お弁当を腐らせないグッズを活用!

お弁当を腐らせないためにできる工夫は、まずはグッズを上手に活用することから。

フタの上に保冷剤をおいて冷やしたり、保冷機能のあるお弁当バッグに入れるなど、

ちょっとした工夫でずいぶんと長持ちするようになります。

他にも腐らないためのグッズがあるので、チェックしておきましょう。

保冷剤は必須アイテム

まず夏場のお弁当に保冷剤は必須です。

お弁当箱の上に、ケーキなどを買った時についてくる保冷剤を凍らせておいて

1個か2個、のせておきましょう。

そして、お弁当バッグは保冷機能のあるものを選びましょう。

市販の防腐防止シートも活用しよう

さらに、おかずやご飯の上には、市販の防腐シートを置いとくと、より安心です。

おかずなどを冷ましてから、シートをおいて置くだけで細菌の繁殖を抑えてくれるようですよ。

お弁当はよく冷ましてからフタを閉めよう!

そして、なんといってもお弁当は、作ってからしばらくふたを開けて冷ましておいて、

それから包むようにしましょう。

当たり前のことですが、お弁当はあたたかいままフタをして持っていくのが、

一番いたみやすいのです。

そこで、お弁当を作ったら、しっかり冷ましてからフタを閉めること。

これだけでも、ずいぶんとお弁当のもちが違ってきます。

おかずに冷凍食品を入れて一工夫!

さて、これらの基本をしっかりやったうえで、やっぱりお弁当が腐らないか不安…

というママも多いと思います。

なんといっても最近の夏の暑さはすごいです。

そして、子どもって、お弁当の入ったバッグを、

日が当たるところでも、日陰でも関係なくほうりだして遊んだりしてしまいそうですよね…。

おかずにも冷凍食品を入れておこう!

お弁当のおかずを選ぶときに、普段の卵焼きやウィンナーと一緒に、

冷凍状態のまま入れられるものを用意しておきましょう。

たとえば、最近では自然解凍タイプの冷凍のおかずの種類がずいぶんと増えています。

唐揚げやホウレン草のおひたしなど、冷凍した状態から入れておいて、

お昼頃には自然と食べごろになっている「自然解凍」ものを買っておいて、

毎日1品ずつ真ん中あたりに入れておくのがポイントです。

おかずの位置に合わせて、保冷剤代わりに上手に配置しましょう。



デザートにはゼリーを賢くセレクト

そして、もう一つ。

子どもが喜んでくれて、しかも保冷剤代わりになるのがゼリー。

小さなカップタイプのゼリーを普段から冷凍庫に凍らせておいて、

おやつにしている人も多いのではないでしょうか?

あのゼリーを1個か2個、お弁当のおかずの脇に添えておきましょう。

食べるころには普通のゼリーになっていますが、食べるまでの保冷剤代わりになるし、

毎日味を変えれば飽きないで済むのでおススメです。

子供も大好き、枝豆も保冷剤代わりに!

そして、お弁当の隙間にちょっとずつ入れやすいのが冷凍の枝豆。

これまた冷凍ですが、小さいのでお弁当の隙間にちょっと入れられて、とても便利。

「枝豆は普段からパパのビールのおつまみをもらっていて大好き!」

という子供も多いものです。

マメは健康にもいいし、冷凍のものを選んで入れれば一石二鳥。

小さいけれど役に立つおかずになりますよ。

おにぎりを凍らせておいて自然解凍も?!

他にも、おにぎりをラップに包んで凍らせたものを、お弁当に入れて自然解凍!という人もいます。

凍らせると味がおちてしまうこともありますが、

ふりかけなどを混ぜて味を変えながら工夫している人もいるようです。

ママの愛情こもったお弁当がおいしく食べられるように、おかずとグッズで上手に保冷して、

夏でも楽しいお昼ごはんが食べられるようにしたいものですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします