子供の教育・成長・遊び

親の役目!子どもの社会性を育むためにできること

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは! 3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

赤ちゃんの頃からママが手をかけて育ててきた子供も、

成長すると次第にママの手をかりずに出来ることが増えてきます。

小学生になると、友達と約束をして遊びに行くことも多くなります。

多くの人たちと関わることは、人が生きるためには必要なことです。

その社会性を育むために、親としてできることをお話しします。



子供はチャレンジ!親は見守る立場に

子供が何かにチャレンジしたい!と言った時、

手を貸さず見守ることも大切です。

チャレンジしなければ始まらない

子供が1年生になった頃、

「1人でおつかいに行きたい!」「自転車で遊びに行きたい!」と、

ママから離れて行動することに意欲を見せる子供は多いのではないでしょうか。

ママとしては心配が増えますよね。

しかし、心配だからと止めていては、子供は出来るようになりません。

何事も、子供が興味を持った時こそがチャンスだと考え、

どんどんチャレンジさせましょう。

突き放すのではなく、見守る

勝手に、好きにしなさいと突き放すのではありません。

子供は「失敗したら助けてくれるママが後ろにいる。見守ってくれる。」

という安心感があってこそチャレンジできるのです。

助けてあげる、心配しなくても大丈夫という、見守る大切を整えておきましょう。

失敗から学ぶ経験を大切に

失敗を恐れていては何もできません。

失敗してこそ、そこから学ぶものはたくさんあります。

失敗を恐れているのはママ自身!?

失敗したらどうしよう・・・間違えたら後処理をするのは私・・・と、

実は失敗を恐れているのは、子供よりママ自身であると感じることはありませんか?

確かに、子供が失敗をしたらその負担はママにかかってくるのは事実です。

ママはそれを覚悟しておく必要があります。

面倒、大変という気持ちはもちろんあると思います。

しかし、それらは子供のチャレンジ精神を広げ、成長させるために必要なことなのです。

危険と失敗は違います

失敗を恐れずチャレンジさせることは子供の成長させます。

しかし、そこに危険が潜んでいれば、それは事前に回避させることが親の役目です。

困った時はどうするか、家に電話をする、警察署の場所を教えておく、

駆け込む場所を決めておく、キッズ携帯や防犯ブザーを持たせる等、

いざという時の対処法をしっかり教えたうえでチャレンジさせましょう。



『聞く』ことの大切さを教える

他人と関わることは、

家庭内でパパやママと関わることとは大きく違う点があります。

人との関わるうえで最も大切なこと

人の話を『聞く』ことはとても大切です。

聞きながらタイミングを見て話しかけることができます。

聞くことで相手の話や気持ちを考え、理解することができます。

人の話を聞けない子供は、自分勝手だと捉えられがちです。

大切な事も聞き逃すかもしれません。

普段から『聞く』ことの大切さをしっかり教えていきましょう。

自分の言動を客観的に考える大切さ

大人の行動を、子供はよく見ています。

子供と接する時間を大切にしましょう。

自分を知ると他人がわかる

子供は自分を中心に世界が回っていると考えるのは赤ちゃんだけです。

幼稚園へ通い、小学生となり、友達を作って他人と関わるようになると、

思い通りに行かない事も増えるでしょう。

そんな時、自分の言動を客観的に捉え、見直すことの出来る子供は、

自分の言動を通して人の気持ちに気づき、考えることができるようになります。

そのためには、普段から子供と会話をする機会を多く設けることが大切です。

親自身が手本となろう

家庭において、親自身が自分の言動を振り返ることも必要です。

例え親でも、子供を怒ってしまったり、

誤った行動をとってしまったと感じれば、小さな子供に対してでも、

きちとんと謝りましょう。

夫婦の間でも、子供の前で自分の非を認めて謝ることは子供の手本となります。

社会性の基盤は家庭にあります

子供は社会で社会性を身に付けるのではありません。

子供は親を見て学びます

ママが家庭内で家族に接する時の態度、他所で他人に接するときの言動、

挨拶やお礼、謝罪などを子供はよく見ています。

子供自身が外に出たとき、他人との関わり方や言葉遣いは、

普段ママが外で見せていることを真似します。

ですから、社会性は社会で身に付けるものではなく、

その基盤は家庭にあるのです。

自信を持って子供を外に送り出せるよう、

普段から自分自身の言動に気を付け、

子供のお手本となることを心がけるように意識することが、

子供の社会性を育むために最も必要なことではないでしょうか。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします