結婚

実際に国際結婚をして分かったメリットとデメリットとは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

芸能人でもハーフタレントの活躍もめずらしくなく、

一般の方でも外国人と日本人のご夫婦もよくみかけるようになりました。

私自身も国際結婚をし、いとこや友人にも外国人と結婚した人がいます。

今後さらにインターナショナルなカップルや家族が増えていくと思われますが、

実際に国際結婚をしてみて良かったと思う点と、

大変だなと感じる点を今回はご紹介したいと思います。



国際結婚のデメリット

まずは大変だなと感じる点から順番にまとめました。

結婚の手続きが大変。

日本人同士なら結婚が決まれば役所に行って届け出をすれば終わることが、

国際結婚となるとそうはいきません。

日本の役所と相手の国の大使館に行かなければなりませんし、必要書類も多くなります。

特にその婚姻関係を証明するための書類などは

翻訳文も必要だったりするので結構大変です。

里帰りに手間と労力とお金がかかる。

距離の問題は、日本から比較的近い国であれば国内でも

長距離で里帰りしている方もいらっしゃるでしょうから、

一概に大変とは言えないかもしれませんが、

片方が外国人となればパスポートやビザが必要になります。

空港でイミグレーションも夫婦別々に通らなければいけないので

日本人同士の場合よりなにかと時間や手間がかかります。

また航空券もかならず必要になりますから、その都度お金や手間もかかります。

言葉や文化の違い。

国際結婚をしているカップルが両方ともバイリンガルとは限りません。

また細かな文化の違いなどは時として摩擦を生むことがあります。

特に子育て関係の常識は国によって違うこともあるので

私自身も驚かされることがたくさんありました。

子供の問題

国際結婚の夫婦の間に生まれた子供には特有の心配事が色々と付きまといます。

国籍の問題

子供をどこで産み、育て、国籍をどうするのかという問題が出てきます。

国によっては徴兵制が義務付けられている国があったり

福祉制度が手厚いところ、そうでないところ様々です。

言語の問題

ハーフの子供といえばなんとなく皆バイリンガルと思い込みがちですが、

たとえ日米の夫婦の間に生まれても、

ずっと日本で日本語のみの環境で生活していれば英語は身に付きません。

両親の国の言葉を両方とも習得しようとするならば

それなりの努力や工夫をしていかなければなりません。

差別の問題

昔ほど人々の意識は排他的ではなくなっていますが、

やはり外見的特徴などからからかわれたり、

「ハーフだからこうだよね」と偏見でみられたりする可能性はゼロとはいえません。

こうしてみるとなかなか面倒くさそうですね。

では国際結婚のメリットはどんなことがあるのでしょうか?



国際結婚のメリット

知らなかった世界が広がる。

少なくとも海外旅行レベルでは味わえない異国の文化やライフスタイルを経験できます。

デメリットの点であげた文化や言語の違いも考え方によっては、

それらを習得するチャンスに恵まれるということにもなります。

これは誰もが体験できることではないので大変さと面白は表裏一体ですが、

苦労したことは自分の糧になるものなので、人生の経験値は高くなるかもしれません。

色々なカタチで祝福してもらえる。

結婚のお祝いの仕方は国によって千差万別。

日本でも地域ごとに習慣は違いますが、

国が違うとなればパーティーの仕方とか、お祝いに贈るものなど様々です。

国際結婚だと二つのスタイルで祝福してもらえるので、

結婚という特別なイベントがさらに忘れがたいものになるでしょう。

日本人でありながら外国人向けのサービスが受けられる。

免税の商品だったり、外国の自国民が入ることのできないカジノだったり、

外国人の伴侶がいることで利用できるケースがあります。

また銀行口座を作ったり、海外でビジネスを始めたいと思うときは

やはり伴侶がその国の人であれば行動しやすいことが色々あります。

多様な違いを受け入れられるようになる。

これもデメリットの裏返しのような話なのですが、

同じ日本人同士なら腹の立つことも外国人が相手だと

「仕方ないよね。文化違うし。」とあきらめがつくこともあります。

「違って当然」と悟ってしまえば、夫婦間、嫁姑間、もう楽なこと楽なこと!

外国人も日本人も最終的には同じ!

考えてみれば、日本人同士であっても

家が違えば習慣や肉じゃがの肉の種類など、違うところはたくさんあります。

それを「変なの」とつっぱねてしまうのか、

「おもしろい!」と楽しめるかで

結婚生活が良いものになるかしんどいものになるのか変わってきます。

目の前の人は心を映し出す鏡のようなもの。

国際結婚も日本人同士の結婚もつまるところは

夫婦の愛情と心のあり方次第で良いものにも悪いもにもなり得るといえるでしょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします