幼稚園・保育園

「幼稚園に行きたくない」としぶる子供の原因と対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは☆

年少の息子と0歳4ヶ月の娘をもつ育児真っ只中のママライターです。

「いや~!幼稚園行かないー!!」

ママに必死にしがみつこうとする子供と、

必死に我が子を園の先生へ引き渡す親・・・こんな朝の光景は春の風物詩!

4月は楽しく行っていたのにGW明けから!?

年少だけでなく年中、年長にも起こりうる登園しぶり。

行きたくないと泣き喚く子、しくしくと静かに訴える子。

そんな我が子を見るママも辛いですよね。

ここでは、2ヶ月の登園しぶりを乗り越え、

笑顔で幼稚園に行くようになった我が子を例に、

登園しぶりの対処法について一緒に考えていきたいと思います。



1.我が子の登園しぶり

我が息子の場合、3年保育で年少から幼稚園へ入りました。

性格は優しく穏やか、甘えん坊で、グズったりは少ない方でした。

しかし、その年少さんの中では言わずと知れたトップクラスのしぶり方でした!

朝起きたときから、ボソっと「行きたくない。」が始まり、

お弁当を作って忙しい私にくっついて回り、ひたすら「ママようちえん、いかないー」。

幼稚園の登園服に着替えさせようとしても、

暴れまくり仰け反り足をバタバタさせて、

着せてもすぐ脱ぐの繰り返し・・。

パパと2人がかりで無理やり着せたときもありました。

園の配慮もあり無理をさせずに2ヶ月間私服で登園させました。

そして玄関を出るのも一苦労!

鬼ごっこのように逃げ回り、玄関にしがみつく我が子を引きはがす私。

・・・地獄絵図のようです。私まで涙がでました。

ようやく園に到着し、抵抗する我が子を抱え、

先生に抱っこでサーッと連れて行ってもらい、

「ギャー!ママー!」の声を聞きながら私はすぐに退散。

というような流れが毎朝、2ヶ月間続きました。

2.登園しぶりの原因とは?

ママと離れたくない

年少さんの登園しぶりのほとんどがこれだと思います。

幼稚園児といえどもまだこの世に産まれてから3年しか経っていません。

その3年間ずっとママの側で沢山の愛情をもらい、とても居心地がよかったのでしょうね。

ママとの関係が上手くいっている証拠です。

そんな大好きなママから急に離れなくてはいけないなんて、

子供にとってこんな悲しく不安なことはありません。

泣いて当然なのです。

園での不安要素

これはある程度園に慣れた年少・年中・年長にもみられる原因です。

園の先生で恐い先生がいたり、お友達に叩かれたりいじわるされたり、

ケンカをしてしまった、園行事(発表会、運動会など)で不安なことがあるなどです。

例えば、お弁当のおかずをお友達に取られてしまったなど、

大人からみれば大したことではなくみえる事でも、

子供にとっては非常にショックだったり傷ついていることもあります。

環境の変化

下の子が産まれた、里帰りをした、

転勤や家を買ったなどで新住居になったなどの原因です。

その他、本当に体調が悪いという場合もありますので、

普段と様子が違うなど気になることがあればお医者さんにみてもらいましょう。



3.対処法は?

同調してあげましょう

全ての原因にいえることです。

子供はしぶるという行為で何かを訴えています。

大人はその訴えを怒ったり無視しないでください。

怒ってしまうとただ恐怖心を植え付けるだけで、

ママは話を聞いてくれない、わかってくれない、

と心を閉ざしてしまいかねません。

子供の言動を一度受け入れ、「そうだよね、行きたくないよね。」と同調してあげます。

すると子供は自分の気持ちをわかってくれたと安心でき、

相手の話に耳を傾けることができたり、原因を自分からお話しできる状況になります。

お子さんが話し出したらじっくり聴いてあげましょう。

内容によっては園に相談してみるのもいいと思います。

休ませない

これは入園したばかりの登園しぶりのみにいえることですが、

入園したばかりの子供たちはまだ幼稚園での楽しさを知りません。

その状態で行きたくないと言っているからと、

お休みが続いては解決にならないことが多いです。

幼稚園でお友達と遊ぶ楽しさ、遊具や工作などで遊ぶ楽しさ、

お弁当をみんなで食べる楽しさを知るには、幼稚園に行かなければ始まりません。

子供は順応性が高いです。

毎日幼稚園に行き、生活のリズムがわかってくると落ち着く場合が多いのです。

ママは笑顔で送り出して

泣いている我が子をみるとママも不安な顔に・・・。

でもママが不安そうな顔でいると子供は更に不安になります。

作り笑顔でもいいので送り出すときは、

お子さんの大好きなママのにこにこ笑顔でいてあげましょう。

そして見送ったらすぐに退散しましょう。

ママの姿が見えている間は子供は泣きます。

ママも不安だと思いますが、

別れ際大泣きしている子供でも泣くのは大体朝だけです。

園では意外にもしっかりみんなと活動しているものです。

たまにママを思い出しては泣いたりもあるでしょうが、

泣くことによって発散し心のバランスを保てている場合もあります。

朝あれだけ泣いていたのに帰ってくるときは、

ケロっとしているといった場合はこのパターンでしょう。心配ありません。

園バスにしてみる

送り迎えにされている場合、そして園バスと悩まれている場合、

バスにした途端すんなり行くようになったという話はよく聞きます。

実際我が子も途中でバスに変えてから泣かずに行くようになりました。

ガタゴト揺れる大きなバスというだけで魅力もありますし、

お友達と一緒に園に入るので、そのままスムーズに遊びに入れるのかもしれません。

お家ではスキンシップを

幼稚園では集団行動、そして時間が決まっていますから、

自分の思い通りにならないことがいっぱいあると思います。

お子さんはその中で頑張ってきていますから、

その分お家では愛情をもってスキンシップを忘れないでください。

ぎゅーっと抱きしめてあげたり、

ママはあなたのこと大好きなんだよということを伝えてあげてください。

さいごに

ママも辛いですよね。私も子供を送った後、涙があふれました。

同じ境遇のママと近くの駐車場で涙したこともありました!

でもこの経験をさせてもらえて、

親の私たちも成長させてもらってるんだなって常々思います。

これも子供が産まれてきてくれたからできる経験です。

前向きにとらえましょう。

派手に泣き喚いていた我が息子も5月終わりから徐々に泣かなくなり、

服を自分で着替えだし、「はやくようちえんいきたいー!」と、

6月初めには言うようになりました。

この間まではママ、ママだったのに、

今はお友達と遊ぶ方が楽しいようで、逆に寂しいです!

登園しぶりで悩まれているママさん、今だけです。

後から振り返るといい想い出、可愛いですよ。

手がかかるのも今のうちと思ってできるかぎり子供に寄り添ってあげてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします