育児・子育てイライラ

ママなら必ずある!子育てイライラの乗り越え方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。私は6歳と9歳の子育て中のママライターです。

どんなお母様も毎日お子さんと接していて思う様にしてくれなかったりでイライラしてしまうことがあるかと思います。

そんな時は考え方ひとつで気分もスーッと軽くなるのです。

そんな方法を今回はお教えしたいと思います。



イライラを乗り切る方法

子供に声を荒げて怒ったりしないと頭では分かっていても、

実際本気で腹の立つ出来事が起こったときは、

いくら温厚な人でも自分の態度をコントロールできないものです。

ではどうすればいいのでしょうか?

1.その場からいったん離れましょう

家の中で本気で腹が立ったことが起こったときは、

どの状況からすこし離れましょう。

自分が声を荒げて子供を叱りそうになったら、

隣の部屋に行き、深呼吸するなり、子どもと離れると思った以上に冷静に。

離れてるあいだ、子どものことは旦那様にお願いして、

自分に考える時間を与えるのです。

2.自分の型にはめてませんか?

子供はこうあるべきとか、このおもちゃはこうやって遊ぶもの。

とか、この折り紙はこうやって折って使うものなどなど。

母親の頭で描いている子供の行動を作り上げてはいませんか?

そうすると、思い描いていた行動とは違う行動を子供が取った時にイライラし、怒りがこみあげてきてしまうのです。

子供は親の私有物ではありません。

行動は無限で自由です。

親が思う、考えのフレームを取り払ってみてください。

3.子供はこぼすものと考えて

食事中にこぼさないように、こぼさないように、

と口をすっぱくなるほど言う親がいます。

たいていの母親はそういうかもしれません。

食べにくいものや、こぼしやすい食べ物であっても、

子どもは自分でどうやればうまく食べれるようになるかを考えるようになります。

だからぜったい「なんで、こぼすの!」や「だからこぼさないようにって言ったでしょ!」などは言ってはいけないのです。

それをいってしまったら、子どもは食べること=楽しくないとなってしまうかもしれません。

食卓は楽しいことが大前提です。

こぼしたらきれいに掃除してあげるだけで、いいのですから。

こぼしてもいいと初めから心の準備をしておくとイライラもだいぶん違ってくると思います。



4.ママは怒っていると子供に伝えましょう

きつい言葉で怒ってしまいそうになったら、深呼吸してから子供に伝えます。

「ママは、今すごく怒っているのよ」と。

子供はまだまだ相手の心の中までは読み取れません。

なので、正直に今の気持ちを子供に伝えると、

不思議と子供はハッとして、いたずらをやめたりします。

言葉でダイレクトに気持ちを相手に伝えることは、

大人の世界と同様にこどもとのコミュニケーションでも成立できるはずなのです。

5.落ち着いてから話しましょう

自分の怒りが少し落ち着いてから、子どもに伝わる言い方でゆっくりと話し合いましょう。

怒りの言葉は耳には聞こえても、何に対して怒っているのかなど、

怒りの内容は子供には伝わらないそうです。

6.イライラしてるときこそ、抱きましょう

時間に追われ、家事に追われイライラしているときにかぎって、

いろいろとおねだりしてくるがこどもです。

それにさらにイライラして、そっけない態度をとってしまい、夜一人で反省する。

といったママはたくさんいるのでは?

そんなときこそ、いったん手を止めて子供を膝に乗せ、抱いてあげてください。

想像していた以上にママも子供も心が落ち着いてくるのがわかるはずです。

子供のやわらかさ、温かさをいとおしく思えるはずです。

最低、一日一回は強く子供を抱くようすると、情緒の安定した子供が育つそうですよ。

7.子供の気持ちになってみましょう

おもちゃで遊んでいて、部屋いっぱいにおもちゃが散らかり、

「早く片付けなさい!」などついつい言ってしまいますよね。

でもよく考えていてください。おもちゃをたくさん出して、

工夫して遊べているってすごいじゃないですか?全部のおもちゃでいまから何かをやろうとしているのかもしれません。

親の立場ですぐ怒るのではなく、ちょっと子供の目線になってその状況をみてあげませんか?そうすると、

自然に怒りは収まり、最善の言い方が見つかるはずです。

いかがでしたでしょうか?

子供は一人一人個性もあり、違うもの。

その子にあった叱り方がきっとあります。

子育てはあっという間に終わってしまいますので、

じっくりと楽しんで子育てができるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします