生後0ヵ月~12ヵ月 育児の悩み・疑問

おむつをパンツタイプにするのはいつから?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

子供のおむつには、テープタイプとパンツタイプの2種類があります。

最初はテープタイプがスタートですが、いつからパンツタイプにしたら良いの?と悩み中のママ必見です。

切り替え時期の目安とは、いつ頃が理想的なのか、今回はそのお話しです。



切り替え時期は、ママが大変だと思った時

テープタイプが悪いことはありませんが、パンツタイプはとても便利です。次の理由から、切り替え時期を考えてみてはどうでしょう?

激しく寝返りをするようになった

寝かせてオムツを取り替えている最中に、子供が寝返りをしようとすると、抑え付けなくてはなりません。パンツタイプなら、仰向けでもうつ伏せでも、子供の姿勢に応じて履かせることができます。

つかまり立ちをするようになった

つかまり立ちをしている子供を、おむつ替えのために寝かせると機嫌を損ねてしまう場合がありますね。

パンツタイプだと、立ったまま取り替えれば良いので、この時期に使い始めるママも多いようです。

子供が大きく成長した

片手で子供の両足を持ち上げてお尻を拭きますが、子供が成長すると、足も重くなりますし、ママの片手では両足を持ち上げることが難しくなってきます。しかも、足をバタバタと動かされた時には、とっても大変です。

その頃が、テープタイプの限界ではないでしょうか。

子供のストレスも軽減させます

パンツオムツには、子供自身にストレスをかけないというメリットがあります。

じっと我慢する

寝かせた状態でおむつを替える時は、じっとしていなければならない・・・動きたいという気持ちを抑えつけるのは、子供にとってもストレスになります。

人目を気にする

おむつ替えは、家の中だけではありません。外でおむつ替えをする場面もありますね。そんな時、感情が芽生えた月齢になると、子供でも人目は気にします。おむつ替えの姿を見られる事は、恥ずかしいと感じ、ストレスになります。

動いたらズレる

テープタイプは伸縮性が優れず、ズレてしまう傾向にあります。ズレたオムツを付けて動いて、気持ち良いはずがありません。

ズレないためにギュッツときつく締め付けるのも子供のストレスになります。

その点、パンツタイプはズレる心配がありません。



体系で選ぶ時代ではありません

数年前まで、パンツタイプはある程度の月齢になってからのサイズしかありませんでした。小さなうちはテープタイプが主流でしたが、今はパンツタイプのサイズも豊富になりました。

新生児からパンツタイプが便利

生後3カ月から使えるパンツタイプのおむつがあります。寝返りを始めた頃に使えるSサイズから、M・Lサイズと順に揃っています。

脱がせる時の心配もありません

パンツタイプのおむつは、うんちをした時に脱がせるのが大変じゃない?と思われるママ、心配ありません!

脱がせる時も簡単!

テープタイプならウエスト部分のテープを剥がせば良いだけですね。パンツタイプも同じです。ウレスト部分の繋ぎ目を、びりっと簡単に破けば良いだけです。
ですから、うんちをした時でも、脱がせる心配は必要ありません。

漏れに対する注意は必要です

パンツタイプを使うママの一番の悩みは、漏れやすいことではないでしょうか。

履かせ方のポイント

履かせた後には、足周りとお腹周りのギャザーがしっかり立っているか、確認することを忘れずに!
ギャザーがうんちの漏れを防ぐ効果があるため、これを怠ると漏れの原因となってしまいます。

少しだけ、まずは使ってみてはどうでしょう?

パンツタイプは楽!というママが多いですが、値段もテープに比べると少し高くなります。同じ月齢の子供を持つママ友同士で、購入して分け合い、みんなで使ってみてはいかがでしょう?

ストレスを溜めないおむつ替えタイムを!

1日に何度もあるおむつ替え。しかも、2~3年、毎日続く事です。

おむつのタイプ・切り替え時期を考える事に、併用して使うという考え方も加えて、ママにも子供にも、ストレスを溜めないおむつ替えタイムを過ごすことが一番ですね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします