美容・健康

インフルエンザは何日休む?会社は?保育園は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!
一歳児の子を持つママライターです。

みなさんは「インフルエンザ」にかかったことはありますか?

インフルエンザは普通の風邪と違い、高熱や感染率が高く、インフルエンザにかかったら学校や会社を休まなければなりません。

では、そのインフルエンザにかかったら・・・どれくらい休むのでしょうか。

まだまだ認識が薄いインフルエンザの出勤・出校停止日を、子どもから大人までのケースに分けてご紹介していきたいと思います。



保育園・幼稚園の場合

解熱後3日・発症後5日

保育園・幼稚園に通われているお子さんがもしインフルエンザにかかってしまった場合には、解熱してから3日・発症後に5日の合計8日の出校停止がかかります。

インフルエンザは感染率も高く、特に保育園・幼稚園では、何をするかわからないわんぱくな子どもが園内でインフルエンザ菌をまき散らすことで感染率を急激にあげる可能性があるので、完全に治るまでが勝負です。

様子次第では長期の休みを取る方がベスト

いくら元気な子どもといえど、インフルエンザになったら注意が必要です。

特にインフルエンザは高熱を出す傾向があります。
高熱で子どもがぐったりしてしまっている状態がもし続いたら入院しなければならないくらい、子どもは外的の免疫が少ないか弱い存在でもあります。

お子さんがインフルエンザにかかってしまったら、ご自宅で看病している際に定期的に様子観察することをおすすめします。

子供の様子に合わせて、出校停止期間より長めに保育園・幼稚園をお休みされてもよいでしょう。

小学生~会社員の場合

解熱後2日・発症後5日

小学生から会社員までの方がインフルエンザになった場合、保育園・幼稚園のケースより一日減った状態での停止期間になります。
解熱後2日・発症後5日です。

保育園・幼稚園のお子さんよりも多少免疫力が上がっている小学生の子からが対象になります。

ここで気を付けなければならないのは、解熱後に治った気持ちですぐに外に出ないことです。

「治った~」と自己判断してはいけない

小学生から大人の方がインフルエンザにかかってしまった際に気を付けなければならないことは、「治った!」と自己判断で治療を完了してしまうことです。

熱が下がっていても、発症してからもインフルエンザが潜伏しているため、周りに移さないために停止期間が定められています。

かかりつけの医師の許可なく勝手に外出してしまうと、かえって周りの迷惑となってしまうことがあるため、自己判断ほど危険なものはありません。



完全に治し切ることが大切

まず、どの方にも言えることですが、インフルエンザにかかってしまったら完全に治し切ることが大切です。

特にインフルエンザは風邪と違い熱も高く上がり、人から人への感染率が比較的高い感染病でもあります。

上記でも話した通り、自己判断がインフルエンザの怖いところです。
治ったという判断は自分でせずに、かかりつけの医師に判断してもらいましょう。

解熱してからの体調管理が勝負

インフルエンザにかかった時に解熱してからの潜伏期間をどのように過ごすかという点で気を付けなければなりません。

潜伏期間の間に外出して人との接触が少しでもある所に行ってしまうと、そこで感染してしまうリスクがあるため、人に迷惑がかかってしまいます。

インフルエンザが完全に治るまで、外出は避けましょう。

潜伏期間意外でも、体調に問題があれば休みを増やして様子を見る

解熱するまでの期間は人によって違います。それはインフルエンザだけではありません。

インフルエンザにかかった際にはなるべく自分の体調と相談して、熱が下がらない場合には休みを増やすなどの対策をとりましょう。

そのような相談はかかりつけの医師に相談するのが望ましいと考えられます。

まとめ

インフルエンザにかかったら、もしくは周りの人がかかってしまったらしっかりと治すために様々な対策が必要となってきます。

インフルエンザにかかった際には、どのように治すことが望ましいのか、どれくらいで治るのか、と考えて休みを取っている先方にも気を遣いますが、無理をして出席してしまうとかえって迷惑がかかってしまいます。

気を休めて、しっかりと休息をとることも大切です。

無理せず、ゆっくりと治療に専念しましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします