妊婦の服装

体験談…しまった!!妊婦健診に着て行って失敗した服

こんにちは!3歳と5ヶ月の息子を育児中のママライターです。

妊娠しているみなさんは、妊婦健診に着ていく服装はどうしていますか?

妊婦健診では、さまざまな診察や検査がおこなわれます。

おなかの赤ちゃんの様子によっては、いつもと違うことが行われるかもしれせん。

では、どのような服装をしていけばいいのでしょうか。

今回は、私の体験をもとに、妊婦健診の服装についてお書きします。

[co-7]

妊婦健診では色々な検査が行われます!

妊娠初期から行われるものに、内診、血液検査、

尿検査、体重・血圧測定などがあります。

血液検査以外のものは、ほぼ毎回の妊婦健診で行われるでしょう。

妊娠中期から後期にかけては、上記の検査に加えて、

お腹の上からのエコー、お腹の張りをはかる検査などが追加されます。

妊娠の時期によって大体どの検査をするかは決まっていますが、

お腹の赤ちゃんの様子によっては、急な検査が加わるかもしれません。

妊婦健診の時は服装にも注意しよう!

妊婦特有の検査や診察が多いので、服装にも注意が必要です。

下着を脱いだり、お腹を出したりする必要が何度もあります。

また、たくさんの検査がありますので、結構忙しいです。

服装に注意をした方が、スムーズに診察を受けることができます。

妊婦健診に着て行って失敗した服

では、私が実際に妊婦健診に着て行って、失敗したなと感じた服装について紹介します。

厚手の服

血圧を測るので、厚手のセーターなどを着ていくと不便です。

セーターの上から血圧は測れませんので、脱がなければいけないかもしれません。

ゆったりめの場合は腕をまくることもできますので、

どうしても着ていくときは腕回りに余裕のあるものにしましょう。

タイツなどの着替えに時間がかかるもの

尿検査や内診などがあるので、下の服は何度も脱いだり履いたりすることがあります。

タイツを履いていくと、毎回の着替えに手間がかかりました。

「この検査が終わったら、次はこの検査です」という風に、

いろいろと忙しいので、着替えに時間がかかるものは避けた方が無難です。

ワンピース

妊娠中はワンピースが楽だったので、私も着ていることが多かったです。

妊婦健診の時にも何度も着ていきました。

しかし、お腹を出さなければいけない検査の時に、少し恥ずかしい思いをしました。

ワンピースをお腹の上までまくしあげなければならなかったのです。

上から大きなタオルをかけてはくれますが、ショーツが丸見えの状態になってしまいます。

お腹の上からのエコーや、お腹の張りをはかる検査などの時は注意が必要です。

できれば、上と下の服は、分かれているものの方がいいでしょう。

[co-8]

妊婦健診の時に着ていくべき服

では、どのような服装をしていくのが最適なのでしょうか。

私なりの意見ですが、まとめてみました。

おすすめは断然スカート!

やはりスカートが一番便利です。

尿検査も内診も、スカートをぱっとまくるだけで済みます。

いちいち脱いだり履いたりする必要がありませんので楽です。

お腹を出さなければいけない検査の時も、スカートを上からずらすだけですみます。

ゆったりめのズボンでも可

ズボンであっても、脱いだり履いたりするのが楽であれば問題ないかと思います。

妊娠中なので、お腹が圧迫されないように、ゆったりめのものを履きましょう。

薄手の服

血圧測定や血液検査などがありますので、腕を出す機会も多くあります。

すぐにまくれるもの、まくっても腕を圧迫しないようなものにしましょう。

体重測定もありますので、全体的に薄着の方がいいかもしれません。

最後に

お腹も大きくなってくると、ひとつの動作に時間もかかります。

少しでも負担がかからないように、妊婦健診にふさわしい服装を着ていきましょう。

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします