小学生・小学校 育児の悩み・疑問

中間反抗期の小学生に親が気を付けるべき言動とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。私は小2の長男を始めに、5歳長女、3歳次女、

1歳次男の育てている、まだまだ子育て奮闘中のママライターです!

皆さん、中間反抗期って知ってますか?

魔の2歳とも言われる第一次反抗期や、中学生くらいの第二次反抗期は、

よく聞きますよね。

その間に小学生の低学年くらいの子どもがする反抗期が中間反抗期と言われています。

中間反抗期で悩むお母さんも多いのではないでしょうか?

私も小2の長男の中間反抗期が現在進行中です!(笑)



1.反抗期はとっても大事な時期

反抗期って、親からするとすごーく嫌な時期ですよね。

でも子どもは、反抗期=自立なので、とても重要な時期になります。

反抗期中はいけない言葉を使うこともあるし、いけない事をする事も多くなると思います。

この時のお母さんの対応が子どもの成長においてすごく大事になると言われています。

まずは理解してあげたい

イライラする事は大人にだってありますよね。

当たり前ですが、子どもだってイライラすることはあります。

色々な負担がかかったり、思い通りにいかない時にイライラした事ありませんか?

それと同じなんです。ただ、それが反抗期中は常にあるだけで…

それを踏まえて接する事が出来たら、親子うまくいくと思うんですよね。

子どもの話はきちんと聞いてあげる

第二次反抗期と違って、比較的、中間反抗期は口答えしたりして、

反抗こそするものも、まだまだ甘えん坊でお話もたくさんしてくれるように思います。

子どもは一生懸命に話してきますよね。今忙しいからと、子どもの話を流してはいけません!

お母さんって、洗濯、洗い物、ご飯の準備、買い物、仕事…本当に大変ですよね。私も分かります!

でも、忙しい時こそ、何が一番大事なのか、考えるチャンスかもしれませんね。

忙しくても、一番大事なのは…

子どもが話したいと思って話しかけている時は、一旦手を止めて、少し聞いてあげてください。

私もまだまだ小さい子ども4人がいますから、1人1人相手してたら、時間なんてなくなります^^;

家事も大事ですし、仕事だって大事ですが、一番大事なのは…もちろん子どもですよね。

子どもと話す時間なんてちょっとです^^

少しの時間が子どもにとったら大きな成長につながる事もありますよ。

ながらでお話聞いてませんか?

子どもが一生懸命話していると時に、洗い物をしながら適当に返事していませんか?

子どもが話している時に洗い物などをしながらお話するのはいいと思います。

ですが、きちんと聞いているか、いないか、子どもにだって分かります。

主人と話をする時、よく、本当に聞いてるの?今うんって言ったけど、

本当にいいのね!?って言いたくなる事があります…

私の話を上の空で聞いてる事がよくあるんです^^;

お母さん聞いてる?また聞いてない

私の主人のように、適当に返事をしたり、ちゃんと聞いてなかったら、

子どもにこんな風に言われるかもしれませんよ。

”お母さん聞いてる?また聞いてない”

子ども4人、1人1人相手する時間もないと嘆きながら、家事に追われてました。

何かをしながら、適当に話を聞いて返事をしていたら、

子どもから”ちゃんと聞いてる?また聞いてない”って言われてしまいました。

その時にハッとなって、自分を振り返ることが出来ましたが、

私が話しているつもりでも、こんな思いしていたのかと思うと悲しくなります…



子どもがイライラしていたら…

子どもがイライラして、お母さんにあたってくる事もあると思います。

その時は、優しく、理由を聞いてあげて下さい。

「どうしたの?何かあった?」と優しく問いかけてあげると、

子どもも意外とすんなり話してくれたりします。

イライラは向上心の証

私が、長男の中間反抗期で、悩んでいる時に、

こんな事を言っているお母さんがいて、そのお母さんの懐の大きさに感心しました。

私自身がじーんと来てしまいました。

”間違いや失敗でイライラしているのなら、向上心の証だからいい事なんだよ。

ただ、時間をかければあなたならもういろんな事が出来る。

でも怒っているだけでは永遠に解決しないよ。”

きちんと子どもを受け入れて、子どもを信じているという言葉も入れられて、

最後はビシッと正論も突きつけて、すごくいい言葉だなって思いました。

私も、子どもがイライラ中には、使わせてもらってます^^

ダメな事はダメときちんと叱る

悪いこと(叩く蹴るなど)をした時にはきちんと叱らなければいけません。

感情的になってはNG

悪い事をした時は叱らないといけませんが、感情的になって、

頭ごなしに怒っていい事など1つもありません。

感情的に怒っても”あぁまたか”と子どもは思うだけですよ。

子どもも不愉快だし、お母さんも無駄なエネルギーを使います。

それは本当に悪いこと?

大人が悪いと思っている事でも、よく話を聞いてみると、

子どもは、悪気がなかったり、いい事だと思ってしている事もあります。

そんな事に気付かずに、怒ってばっかりいると、子どもはなぜいけないのか、

お母さんはどうせ…ってなってしまうかもしれません。

子どもがなぜそんな事をしたのか、きちんと聞いて、

それに対して、悪い所は教えてあげて、いい事だったら、それをきちんと褒めてあげて下さい。

最後に

反抗期中は、叱る事も増えるし、親子共に大変な時期かもしれません。

ですが、普段のスキンシップ次第では、子どもはきちんとわかってくれます。

お話出来る時はたくさんたくさん仲良くお話して、悪い事をした時は、

きちんと叱る事が出来るメリハリある対応が出来れば、子どもも楽かもしれません。

お母さんも反抗期中は大変かもしれませんが、子どもに寄り添い共に頑張りましょう^^


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします