家計・暮らし

メチャ大事!主婦のお金の使い方4つのポイント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

家族が円満に暮らすためには、愛情が一番大切!そして、同じくらいお金も大切です!

お給料を、いかに上手にやり繰りするかは、ママの手にかかっていると言っても過言ではありません。

家族みんなの、今現在の幸せのために、そして将来の幸せのために、お金の使い方で大切にしなければならないポイントをお話しします!



1、家計簿をつける

何時、何処へ使われたの?!使途不明金が出ても気づかない・・・そんな損をしないために、家計簿は付けましょう。

大雑把で良い

1円単位までしっかり計算すると大変です。帳尻を合せるためではなく、家計を把握するためと考えましょう。

だいたい、何の項目にいくら使ったか、貯金はいくら出来たか、最低限この2つは把握しておきましょう。

無駄遣いを抑える

費目を分けることで、何に無駄遣いをしているかが見えてきます。

外食が多い、レジャー費に使いすぎ、食費に無駄が多い等が分かれば、その項目で無駄遣いを抑えるように意識が高まります。

2、自分の家計を知り、見合った額に調整する

家計簿を付け、使い道を把握した後は、自分の家計に合った使い方をしているか考えてみましょう。

支出のバランスを考える

月の収入が20万円の家庭において、月10万円の外食・レジャー費、これは明らかに使い過ぎです。

収入と支出のバランスを考え、使う割合を考えましょう。そのためには、費目ごとの支出管理が必要です。

支出の費目分け

我が家の場合、出費は大きく4つに分けています。

  • 1.固定支出(毎月決まった出費)
    税金・年金・保険料など
  • 2.家計支出(調整できる出費)
    食費・消耗品・光熱費・通信費など
  • 3.教育費(子供にかける出費)
    給食費・習い事の月謝など
  • 4.特別費(突然の出費)
    医療費・交際費など


支出の割合を調整する

こうすれば、どの費目にどの割合で使っているかが分かります。

そこで、使いすぎている項目の中で、何費を減らせるかを考えることが出来ます。

3、人の家計と比べない

自分の家の収入金額は、出来る限り人には知られたくないものです。しかし、人は自分の家計をベースに物事を考えがちです。

考えないとかかる交際費

ママにおいて無駄遣いと言える出費は、お友達との外食が多いのではないでしょうか?

ランチやカフェに誘われたり、またお友達の家にお邪魔する時には手土産にお金がかかります。
特に、ランチは1回1,000円として、月に5回あれば5,000円です。たまの気晴らしには良い事ですが、自分の家計にとって抑える必要があれば、断らなければならない時もあります。

長くかかる教育費

お友達が習っているから、という理由で習い事をいくつも掛け持ちし、結果、家計が苦しくなる事があります。習い事は、長期間の支出になります。自分の家計をベースに、先のことまでしっかり考えて決めましょう。

4、貯金は絶対に大切!

人生、何があるかわかりません。いざという時のため、貯金は絶対にしておきましょう。

目標を立てる

○○のためにいくら貯金しよう、何時までにいくら貯めよう等、目標を立てると結果に結びつきやすいものです。

目標は目に見えるところに

心に思い描いているだけでは、いつの間にか忘れてしまったり、挫折しかねません。家族に宣言する、書き出して掲げるというように、目に見えるところで意識し続けることが、目標達成のコツです。

ナイもの積み立て

“もともと無いお金”と言う感覚で、積み立てをしましょう。普通預金はついつい下してしまいます。貯金箱は、ついつい出して使ってしまいます。
積み立ては、解約しないと使えません。給料が振り込まれる口座から、その翌日に引き落とされるように積立契約をすることをオススメします。

お金の使い方が上手な人は、気持ちに余裕がある

せっせと節約している人に限って、心にはいつも余裕がないものです。

楽しく節約しましょう

節約料理を考えることが楽しい!安い物を見つけたら嬉しい!積立で預金が増えると嬉しい!ガソリン代を節約して歩くと運動になり気持ちいい!など、

前向きに物事を考えることで、楽しく節約することが出来ます。

気持ちに余裕の人は、家族にも優しく、お金も溜まります。お金の使い方も上手であると言えるでしょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします