育児あるある

ママ共感!母親になれて良かったなと思う子供を愛しく感じる瞬間5つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!4歳の女の子を育てているママライターです。

子育てをしていると、イライラすることもあるし、落ち込むこともあると思います。

しかし、我が子の言動にキュンとしてしまう瞬間に出会うことがありますよね。

そんなふうに愛しく感じることがあるから、子どもが可愛くて仕方ないのだと思います。

そこで、わたしが娘を育てている経験から、子どもを愛しく感じる瞬間を書いてみたいと思います。

子どもの寝顔を見つめているとき

寝ているときはまさに天使

起きているときは我がまま放題でおもちゃは片付けないし、

子どもについイライラしてしまうことがあります。

しかし遊び疲れて眠った顔を覗き込むと、なんと可愛いことでしょうか。

寝顔は本当に天使です。

気持ちよさそうに眠っている我が子を見つめていると、

私がこの子を守らなきゃ!とか、がんばって育てていこう!など改めて気合が入ります。

心配してくれるとき

子どもの優しい心に感動

風邪をひいて寝込んだときに、「ママ大丈夫?冷えピタ持ってきてあげようか?」と心配そうにお世話をしてくれたときは、

本当に娘が愛しく感じました。いつもは遊んでほしがるところをグッと我慢している姿に、娘の成長を感じました。

また、包丁でしくじって指を切ったときは、急いで絆創膏を持ってきてくれました。

子どもの優しいところが見られてついついウルッときてしまいました。

ギュッと抱きついてくるとき

子どものぬくもりが愛しい

子どもがギューッとハグしてくると、たまらなく可愛いですよね。

抱っこしてあげているときの安心しきった表情をみると、母親になれて良かったなと思います。

これは親の特権です。思いっきり抱きしめてあげて、我が子の肌感触やぬくもりを堪能しましょう。

守ろうとしてくれるとき

小さいけど頼もしいヒーロー

大きめの地震があったとき、オロオロと動揺していた私の様子をみて「ママ大丈夫だよ!私が守ってあげるから」と、

小さいながらも頼もしく勇ましいセリフにビックリしました。

特に男の子がいるファミリーは、小さいヒーローが活躍してくれるのではないでしょうか?将来が楽しみですよね!

「大好き!」と笑顔で言ってくれるとき

元気がでる魔法の言葉

我が子に「ママ大好き~」と笑顔で言われると、とろけそうなほど愛しく感じますよね。

何か嫌なことがあって落ち込んでいるときも、この言葉だけでなんだか元気が出てきます。

お返しに「ママも大好きだよ」と伝えると、少し恥ずかしそうに、でも嬉しそうににっこりしてくれるのもがとっても可愛いです。

子どもの存在で頑張れる

子どもがいると、自分の自由な替間がとれなかったりして、時々煩わしく感じることがあります。

しかし、子どもはいつも全身で愛情を表現してくれる、唯一無二の存在です。子どもが「ママ大好き!」と言ってギュッとしてくれると、

心にたまってモヤモヤしていた気持ちが、すっかり子煩悩モードに切り替わります。

毎日の家事や仕事で忙しくても、子どもがいることで頑張れていることもたくさんあると思います。

子どもは母親のことが無条件に大好きなんですよね。

子どもの愛情にまけないくらい、たくさん「大好きだよ」って言ってあげたいですね。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします