育児あるある

子供は親の鏡!ドキッとした恥ずかしかったママたちの経験談

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳と0歳の子供を持つママライターです。

子供は親の鏡と言う言葉、よく耳にしますよね。

私自身、実際に子供を産むまでは「そんなこと無いよ~」と思っていたのですが、実際に子供を産んでみると「本当だ~!」と思う節が多々あります。

私の実体験なども踏まえて、皆さんも恥をかかないように気を付けて下さいね。



乱暴な言葉遣い

普段は○○しようね。とか○○だよね。と、割りと綺麗な言葉で話す3歳の息子。

でも、この息子が車の助手席に座った途端、人格が変わったかのような口調になり、「アイツ、ノロノロするな!」とか「はよ行け!」とか言ったりします。

その口調、どこかで聞き覚えが・・・。
実はパパが車の運転をするときの口調だったのです。

普段は割りと優しい口調なのですが、車のハンドルを握ると、人格が変わったかのような感じで、ひどい言葉遣いになります。

息子は、そんなパパの姿を見逃さずに見てるんですね~。
パパの言葉遣いを正さなければ!と、正直思いました。

メロンの食べ方

ある日、友達の家に遊びに行った時のこと。

友達がメロンを出してくれたのですが・・・。
うちの子はメロンが大好き!家でも喜んで食べていたから、友達の家でも大喜びでした。

が・・・。
恥ずかしい!メロンの皮までかじりついて食べていました。
息子を注意すると、息子は「だってパパだってしてるじゃん!」との発言・・・。

あまりに恥ずかし過ぎて、もう外ではメロンを食べさせたくない!と思いました。

負けず嫌いな性格

すごく負けず嫌いな我が子。

じゃんけんにしてもパズルや間違い探し、かけっこ等々、何でも自分が勝たなきゃ気がすまないのです。
負けても絶対に負けを認めません。

そんな子供の性格について学生時代の友達と話をしていたところ、「一緒じゃない?昔のあなたもそれぐらい負けず嫌いだったよ~!遺伝子じゃない?」と、言われました。

確かに私も負けず嫌いだった・・・。
もう、穴があったら入りたいぐらいでした。

玄関での作法

ある日、友達の家に遊びに行った時のことです。

何組かの親子で待ち合わせをし、友達の家に行きました。
その時、玄関で靴を揃える子供と、脱ぎ散らかした子供とに別れました。

その時はまだ子供たちも小さいし、靴を揃える子は偉いなぁ。と思うぐらいでした。

でも後日、別の友達の家に借りていたDVDを返しに行った時、玄関の靴はバラバラに散らばっており、友達は「ちょっと急いでたから。いつもはきれいにしてるんだけどね。」と言っていたけど、あれはたぶん嘘。

普段から親が靴を脱ぎ散らかしているから、子供も揃えることを知らないんだろうな。と思いました。



挨拶は親がしなければ子供もしない

近所に住んでいる親子と、私は少しでも仲良くなりたいと思い、会うたびにお母さんに挨拶をするのですが、全く無視。
私の顔を見ないように通りすぎて行きます。

そこで今度は子供さんに会ったときに挨拶をしてみたのですが、やはり母親と同じでした。

親子ってここまで似るの?と思った瞬間でした。

親の常識が子供の常識になる

レストランでのこと。
親同士が大きな声で話しをしている場合、その子供たちは店内を走り回ったり、大きな声で話をしていました。

もちろん親は子供のしている事に目もくれません。

親の常識がずれていると、子供も注意されないから、自分がずれていると気がつかないのは当たり前。そう感じました。

親の言葉を暗記する子供

私は栄養面に興味があり、家での食事にも気を遣っています。

そのため、子供たちが食べない時や、嫌いな物があった時には、「これには○○と言う栄養素が含まれててね、体を強くしてくれるんだよ」と、言い聞かせたりしていました。

すると幼稚園での給食の時間に、給食を残していたお友達に、「これには○○と言う栄養素が含まれててね、体を強くしてくれるんだよ」と言っていたそうです。

担任の先生からその話を聞いて、かなり驚きましたし、ちょっと恥ずかしかったです。

親と同じ性格に

上の子を育てる時、赤ちゃんの頃からずっと、危ないことは極力やらせないようにしてきました。

私自身、すごく怖がりな性格もあり、ちょっとでも危ないことは、子供が怪我するかも?と思い込み、全て排除していました。

すると、3歳になった子供は、かなりの怖がりで、高いところには登らないし、1度失敗したことは2度とチャレンジしない子供になっていました。

そんな我が子の行動を主人と話し合っていると、「お前とそっくりな性格やろ。仕方ないよ。遺伝じゃないの?」と言われ、ハッとしました。

やっぱり親子で性格も似てくるのかも・・・。

三つ子の魂百まで

昔から言われるように、三つ子の魂百までと言うのは、本当かもしれません。

この時期の生活習慣が、そのまま人格形成につながるような気がします。
この時期に覚えたことは、その後、一生覚えているような・・・。

お箸やスプーンなどの食事マナーや、トイレ、挨拶に至るまで、子供は全て身近な存在である、親をお手本にして育っています。

子供って、見ていないようでしっかり見ています。

子供の良いお手本になれるような親でいたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします