1歳~3歳児

発達障害を心配してるママへ!1歳9ヶ月頃の発達の特徴7つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。もうすぐ2歳になる息子を子育て中のママライターです。

初めての子育では、次から次に不安事がでてきますよね。私も、1ヶ月経つごとにちゃんと成長出来ているのか不安になり、両親や先輩ママに相談しているぐらいです。

なのでそんなママ達の不安を少しでも和らげられるように、1歳9ヶ月頃の発達について、私の息子の時のお話も交えながらお話ししたいと思います。



言語能力も益々発達

喃語(なんご)から幼児語になり言葉としてママにも聞き取れるようになってきましたよね。さらに色々な物の名前が分かるようになります。

特徴1 沢山の事に興味津々

色々な物の名前が分かるようになり、お散歩に出ればブーブやでんしゃ、ワンワンやニャンニャンなど指を差しながら教えてくれます。

ママが『これなぁに?』と聞けば答えてくれるようになるので、お部屋遊びの幅も更に増えますね。

特徴2 質問も大好き

この頃になると、我が子からママに質問もしてくるようにもなってきます。

これは知的探究が順調に発達している証なのです。我が子も絵本を見ては、『これなに?』と色々指差ししては質問してきていました。

一度質問し始めると、質問ばかりされるのでママは大変ではありますが、簡単に答えるだけでも良いので答えてあげると良いでしょう。

特徴3 かんしゃくも増え始める

ことばは増えても、まだ喋れない事も沢山あります。自分はこんな事したいのに上手くママに伝えられない事も多いです。

そんな時の手段として、かんしゃくを起こし分かってもらおうとするのです。良いこと悪い事の区別をつける事も大切なのでそこはしっかり教えてあげましょう。



運動能力もどんどん成長

一歳半頃までには歩き始めて、2歳までにめまぐるしいスピードで運動能力が発達していきます。色々なところに行けるようになるので、子供にとってはとっても楽しい時期ですね。

特徴4 小走りも得意

この頃になるとあんよも上手になり、 小走りでダッシュも得意に

あっちやこっちに走り回るのでママも追いかけるのに大忙し。それも子供の成長だと思うと嬉しくなりますよね!

私の息子もこの頃にはダッシュの一言で楽しいそうに遠くまでひとっ走り、そして私は息子を追いかけるなんてこともしばしば。

特徴5 小さな段に一人でチャレンジ

ママが手を引いて登っていた小さな段も、一人で果敢にチャレンジ。一人で登れなかった段が次の日には登れるようになるのです。たまには失敗もありますがそれも成長のうちですね。

特徴6 手先もますます器用に

大きな穴に物を入れるのが更に上手になり、小さな穴に物を入れたりすることもだんだん出来るようになってきます。手先を使う事は脳の発達にもとても良いので、進んでやらせてあげると良いでしょう。

特徴7 お手伝いも大得意

自らお皿を片付けてくれたり、ママが『これ持っていってね』とお願いすると、してくれるようになります。

自立心が育ってきた証拠です。我が子もこの頃には食器の収納や食べ終わった食器の片付けなどをしてくれたのでとても大助かりでした。

お手伝いをさせてあげる事は、ママも大助かりなうえ子どもの自立心を育むのにとっても良いので、出来ることはさせてあげると良いでしょう。

発達には個人差がある

一人一人違うママから誕生し、違う環境で育っているので個人差が出て当然です。

今出来なくても大丈夫!

他のママとの会話をしていると、『うちの子はこんな事出来るよ』などという会話になったり、同じくらいの歳の子を見て我が子はまだそんな事出来ないと焦って不安になってしまうこともありますよね

私もそうでした。しかし、ママが悩んでいる間にも子どもはちゃんと成長しているので、今出来なくても時間が経てば出来てしまう事も良くあります。なので、不安になった時には少し見守ってみてはいかがでしょうか?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします