行事・おでかけ

子どもの日の由来ってなに?なぜ鯉のぼり?いつからあげる?女の子は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、小学生2人の子供を持つママライターです。

子供が出来ると「子供の日」には、親として子供に何かをしてあげるようになりますよね。

特に男子の場合、鯉のぼりを上げるのが一般的な行事となっております。

でもなぜ鯉のぼりをあげるのでしょう?そしてタイミングはいつからでしょう?

その辺りについて今日は書いていきます。

お子様がいらっしゃる方は参考にしてみてくださいね。



子供の日とは?

そもそも子供の日とは、昭和23年(1948年)に「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として国が国民の祝日として定めたものになります。

端午の節句の由来とは?

端午の節句の由来は中国の三国志の時代から伝わり「邪気を払う」事が目的の風習でした。

これが江戸時代以降、端午の節句は「男の子の節句」とされ、武家は甲冑(かっちゅう)や幟(のぼり)を飾るようになり、

町民は刀やこいのぼりを飾るようになったようです。

なぜ鯉のぼり?その目的とは?

子供の日は鯉のぼりを上げるのが一般的ですよね。

鯉のぼりを上げる目的は、「男児の誕生を天の神に告げるため。」「男児の成長と出世を願う。」という目的があります。

そもそも鯉のぼりの「鯉」は、川や池、沼や湖、用水路など様々な場所に生息する淡水魚であり、環境が悪くても立派に育つ出世魚です。

つまり「我が子(男児)が将来、どんなに逆境でも立派に育ちますように」という願いを込める為に、鯉のぼりを上げるのですね。

いつ上げる?鯉のぼりを上げるタイミング

では鯉のぼりはいつ上げればい良いのでしょうか?

開始時期は、「春彼岸あけ」が良いとされています。

春彼岸は春分の日の前後3日間ですので、春分の日から4日以降であれば良いでしょう。

また、大安のタイミングで鯉のぼりを上げる方も多いので参考にされてみてはいかがでしょう?

どうせ上げるなら大安が良いですよね。我が子のタメを想って上げるのですから。



終わりはいつ?鯉のぼりをしまうタイミング

それでは、しまうタイミングはいつでしょう?特にルールは無いのですが、

しまうタイミングは、端午の節句(5月5日)が過ぎたタイミングが良いでしょう。

余り長く飾り過ぎると「まだあそこのお家飾ってる」と近所の方から変に思われてしまいますからね。

また、こちらも大安の日を選ばれる方が多いですね。

その為、鯉のぼりをしまうタイミングは端午の節句が過ぎた大安の日を目安にしてはいかがですか?

子供の日、女の子はお祝いする?

女の子の親は、「子供の日ってどうすればいいの?お祝いしていいの?」と悩まれる方も多いと思います。

そもそも、子供の日と端午の節句は違います。

子供の日=男の子の日(端午の節句)という印象を持たれている方が多いですが、

子供の日は国が定めた、性別関係なしの子供の成長を祝う「子供のための日」なのです。

その為、女の子でも子どもの日はお祝いをしてあげるのが良いでしょう。

女の子の子供の日の祝い方は?

では子供が女の子の場合、祝い方はどのような方法があるのでしょう?

これは家庭によって様々な祝い方がありますが、

多いのは子どもが喜ぶ食事を作ってあげてるママさんが多いみたいですね。

子どもを喜ばすイベントとして子供の日を活用しているようです。

女ん子の家庭は、その子が喜びそうな事を企画して一緒に楽しんでみてはいかがでしょう?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします