子供の健康・食事

子供のノロウイルスの症状とママの対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。
私は6歳と9歳の子育て中のママライターです。

皆さんのお子様も一度はノロウイルスにかかったことあるのではないでしょうか?

ノロウイルス・・本当に大変ですよね。

絶対、2度とかかりたくないと思うほど、処理や看病が大変なのがノロウイルスです。私の子供も何度も経験しています。

そんなつらいノロウイルスについて今回はお話しようと思います。



感染力の強いノロウイルス

ノロウイルスは非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属。

様々な感染経路があり、身近で怖い感染症の1つです。

感染経路は人から人

牡蠣などの貝類の摂取による食中毒の原因になるほか、感染した人の糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥し粉塵として空気中に舞ったものを介して経口感染します。

さらに、感染者の嘔吐物を処理した人が感染するケースが多いのも特徴です。

集団感染しやすい

嘔吐物やその乾燥した粉塵を介して感染するため、学校や幼稚園などで集団発生しやすいウイルスです。

細菌の大きさも非常に小さいため、手のしわ、爪の間などに入り込んで、経口感染を起こしやすいのが特徴。感染力が強く、10個~100個程度の少量でも感染を引き起こす厄介な菌なのです。

冬場に流行することが多い

ノロウイルスは特に冬場に流行することが多く、冬に起きる食中毒の9割がノロウイルスだと言われています。

潜伏期間は2日以内

ノロウイルスは感染すると、24~48時間ほどの潜伏期間を経て発症すると言われています。

ノロウイルスの症状

1.微熱が出る

ノロウイルスに感染すると、初期に微熱が出ることが多いです。

2.微熱とほぼ同時に腹痛

微熱とほぼ同時にいきなり「チクチク」とおなかが痛み出します。
チクチクとした腹痛から、不快感、強烈な吐き気が襲ってきます。

3.何度も嘔吐します

ノロウイルスによるものだと、嘔吐も続けて2、3回することが多いです。

子供の場合、おなかが痛いなどの症状をうまく伝えることができないことが多く、幼児、園児などはたいてい、突然嘔吐してしまいます。
この時、母親などの介助する人は感染を防ぐために、必ずすぐにマスクを着用してください。

お子様が「おなかがチクチクする」と言ってきたら、まずはノロウイルスを疑い、嘔吐に備えて、桶や、バケツを身近に準備するのが得策だと思います。

4.吐き気が収まるまで水分は控えて

強い吐き気が特徴のノロウイルスなので、かわいそうですが、吐き気が落ち着くまで、しばらく待つしかありません。

2、3時間は背中をさすってあげながら吐き気が収まるまで様子をみてあげましょう。

このとき、水を飲ませるとまたすぐに吐き気におそわれるので、落ち着くまでは水分は取らなくて大丈夫だと思います。

5.少しずつ水分をあげましょう

しばらくして、吐き気が落ち着いて来たら、ほんの少量の水を飲ませても大丈夫です。
ただし、本当に少しずつ、間隔をあけてゆっくり飲ませてあげましょう。

6.下痢にもなります

ノロウイルスは嘔吐と同時に下痢になる場合が多いです。
水のような下痢になることが多く、脱水には注意が必要です。

小さいお子様の場合は我慢が出来ず、漏らしてしまうケースがよくあります。

おむつの取れた園児ぐらいのお子様の場合は、さっとおむつを履かせるのが得策だと思います。



二次感染に気を付けて、汚物の処理方法!

感染した子供の世話や看病をした人が嘔吐物などの処理を介して感染する二次感染が多いのもノロウイルスの特徴です。十分気を付けながら処理をしましょう。

①マスク、手袋をしてから処理をしましょう

感染者の汚物には大量にウイルスが入っています。必ずマスク、使い捨てのゴム手袋を着用しましょう。

②床の汚物にはキッチンペーパーを乗せる

汚物が広がったり、乾燥して空気中に浮遊しないためにも、汚物の上にキッチンペーパーをすばやく乗せ、汚物と同量の次亜塩素酸ナトリウム液(台所用漂白剤)を静かに注ぎます。

③汚物をペーパータオルなどで外側から内側に拭き取ります

静かにそーっと汚物を外側から内側に向かって範囲が広がらないように拭き取ります。

④汚物を取り除いた床に次亜塩素酸ナトリウム液をかけます

汚物を取り除いた床をペーパータオルでおおい、次亜塩素酸ナトリウム液を注ぎます。

⑤10分そのまま放置してから拭き取ります

10分ほどおいて十分に消毒してからペーパータオルを取り除き、次亜塩素酸ナトリウム液に浸したペーパータオルで拭き、さらに水拭きします。

⑥処理に使ったものは袋へ密封します

処理に使ったものすべてを袋にいれてしっかりと密封し、家の外に出します。
そのあと、2度の手洗いとうがいをしっかり行います。


二次感染に十分気を付けて、ノロウイルスと闘いましょう!
1日も早くお子様が元気になられますように。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします