子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

【経験談】新生児ニキビのピークと治し方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

産まれたばかりの可愛い赤ちゃんの肌はとてもすべすべでツルツル。

それが、生後間もなくポツポツとした湿疹が見られるようになると、

新米ママは「病気?アレルギー?」などと心配になりますよね。

しかし、新生児にはよくある『新生児ニキビ』と呼ばれるものであることがほとんどで、心配はいりません。

この新生児ニキビ、いつがピークでいつ頃に治まってくるのかを事前に知っておけば、

無闇に薬を付けなくても治めることができます。

対処法も含めてご説明します。



生後2~3カ月がピークです

生後20日前後で出始める赤ちゃんが多いようです。

3カ月頃から治まり始めます。

ちょうど1カ月検診の頃に出始めて相談されるママが多くいます。その頃から酷くなり、

2~3カ月頃がピークとなるのが一般的です。

しかし、ケアの仕方によっては長引いたり悪化させてしまうこともあります。

原因は皮脂による毛穴の汚れ

赤ちゃんは胎内で母体のホルモンの影響を受け、皮脂がとても多く分泌しやすい状態で産まれてきます。

産後に分泌されるたくさんの皮脂を処理できる力が備わっていないために、

毛穴が詰まってニキビという症状が現れるのです。

菌の増殖は悪化の原因

寝具が汚れていたり、ケアを怠ることは細菌が増殖しますので、悪化の原因となります。

放置するとキビは増えてなかなか改善しませんので、的確なケアをして清潔を保つことが必要です。



対処法は、清潔にすること

洗顔と清潔な寝具で、ほとんどの赤ちゃんニキビは治ります。

洗顔方法

赤ちゃんをお風呂に入れる際、体だけでなく顔にも泡立てた石鹸をつけて洗いましょう。

石鹸は赤ちゃん向けの刺激が少ないものを選び、

泡立てネットを使ってしっかり泡立てやさしく洗います。

ゴシゴシこすらないことと、泡をしっかり流すことを心がけてください。

この方法で、次第にニキビは減ってくるはずです。

洗い過ぎは皮膚を傷付けます。

洗顔が大切だからと言って、1日に何度も洗う必要はありません。

かえって赤ちゃんの肌を傷つけ、細菌が入り込みやすい状態を作ってしまいます。

皮膚を傷つけないためにも、洗顔は1日1回の入浴時だけに留めておきましょう。

清潔な寝具を!

赤ちゃんの顔に当たる部分の寝具は、こまめにお洗濯をしましょう。

洗濯洗剤は赤ちゃんが触れても刺激のない、無添加のものを使うことをおすすめします。

治まらないこともあるの?

症状が悪化した場合、洗顔や寝具の清潔を保つだけでは改善されないこともあります。

悪化すると傷が大きくなります。

洗顔が正しく行われていない場合や、赤ちゃんがひっかき傷を作ってしまい

細菌が入り込んでしまった場合は悪化することもあります。

ジクジクしてきたり、赤みが治まらない、赤ちゃんが痒がっている、

洗顔をしてもどんどんニキビが増える等という場合は

すぐに病院で診察を受けることをおすすめします。

生後3カ月を過ぎても良くならない場合は・・・

アトピー性皮膚炎やアレルギー、その他の皮膚疾患が疑われるかもしれません。

皮膚疾患の場合は適する薬で治療することが必要になりますし、アレルギーの場合は

ママが食べた物が母乳となり赤ちゃんに悪影響を及ぼしている可能性もあります。

病院を受診して的確な処置を受けましょう。

ステロイド剤の使用について

赤ちゃんの皮膚炎に、ステロイド剤を使用したくない!と考えるママもいますよね。

赤ちゃんニキビの場合、ステロイド剤ではなく刺激の少ない軟膏もあります。

希望する治療薬がある場合は、必ず伝えましょう。

素人の判断で市販薬を使うと悪化の原因になることもありますので注意が必要です。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします