夫婦仲

子供の前で夫婦喧嘩!4つのデメリット「ママ離婚するの?」

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、7歳の息子と5歳の娘を育児中のママライターです。

夫婦喧嘩って、一緒に住んでいれば必ず皆さん経験があるのではないでしょうか?

子供の前でも怒りを抑えきれず始まってしまう夫婦喧嘩。

子供に見せちゃいけないとわかっていても、なかなか止められないですよね。

我が家も数年前、子供の前で言い争いをして、

こどもに「ママ、離婚するの?」と涙目で言われてしまいました。

反省してももう遅いですが、この時に子供にどんな悪影響を及ぼしてしまったのでしょうか。

一緒に見ていきましょう。



子供は夫婦喧嘩を「自分のせいで…」と思ってしまう

両親が喧嘩をしていると、子供は言葉の意味もわからないかもしれませんし、

喧嘩しているときは早口になってしまうため、

子供には何で喧嘩をしているのかなかなかわからないと思います。

そんなとき子供は「自分のせいでママたちは喧嘩してるんだ」と考えてしまいます。

自己肯定感が育たない

自己肯定感とは「自分は大切な存在なんだ」と思える心の状態を指すのですが、

子供が「自分のせいで…」と感じてしまうと、

「両親が喧嘩している原因の自分なんていらない人間なんだ」と思い、

自己肯定感が育たなくなってしまうのです。

この自己肯定感が左右されるのは幼少期の生活環境ということなので注意したいですよね。

精神疾患になってしまう?

怒鳴りあいなどを見ると、人は緊張し、恐怖感を感じます。

両親の喧嘩を見た子供の心には、その緊張感や恐怖感が、

発散の仕方もわからないままストレスとして残ってしまいます。

PTSDになる?

些細な両親の言い争いでも、いつもは優しいパパ、ママの怖い顔や怒鳴り声で、

子供の心には大きなトラウマとして残り、

PTSD(心的外傷後ストレス症候群)を引き起こすことだってあるのです。

私たち親にはただの喧嘩でも、子供にとっては大きな恐怖でしかないのですね。



乱暴な大人になってしまう

親の背中を見て子供は育っていきますよね。

普段から両親の喧嘩を見て育った子供はいったいどういう大人になるのでしょう。

きっと「大人になるってこういうことなんだ」と思っているかもしれません。

親を真似て、言葉の暴力で自分を守ろうとするすべを学んでしまっているかもしれませんね。

お友達にも?

子供がお友達にももしかしたら、親と同じことを始めるかもしれませんよ。

自分の子供がお友達から「乱暴者」と思われてしまうのはとっても悲しいですよね。

そんな大人にならないために、子供の前での夫婦喧嘩は避けたいものです。

周りの顔色ばかり伺う気を遣いすぎる子供に?

普段から夫婦喧嘩をしている環境で生活している子供は、

周りに気を遣うオドオドとした子に育ってしまうかもしれません。

両親の喧嘩なんて見たくない…という思いから、

ママやパパのご機嫌をうかがって「今日は大丈夫だろうか」と確認しているかもしれません。

お友達や他の大人にも

両親の喧嘩は「自分のせい」と思ってしまった子供の心には、

お友達や他の大人にまで遠慮する…そんな子供になりかねません。

お友達や他の大人の顔色ばかり伺う、子供らしくない子供になってしまうかもしれませんね。

夫婦喧嘩の後の子供へのフォロー

これまで夫婦喧嘩のデメリットを述べてきましたが、

残念ながら子供の前で夫婦喧嘩をしてしまったと反省したのであれば、

子供へのフォローをすればまだまだ大丈夫です。

メリットは仲直りすること

夫婦喧嘩で唯一のメリットは「仲直りする様子を見せること」だと思います。

両親が仲直りする様子を見せれば、子供が感じた緊張感や恐怖感は、きっと解消されているはずです。

子供をギュッと抱きしめて

「怖い思いさせてごめんね。ママとパパは仲良しに戻ったからね」と子供にも謝ってあげてください。

さいごに

夫婦喧嘩って、きっとこれからもたくさんしてくことでしょう。

決して悪いことではありません。

喧嘩をしたことでお互いの考えを共有できるという、いい方法でもありますからね。

でもやはり、子供には不安しか与えないので、

子供のいない時間、子供が寝た後など、少し時間を選んですることを心がけましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします