幼稚園・保育園

入園までに知っておきたい!ママたちとの協調性の重要性

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

1歳9か月の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつママライターです。

娘が入園してから私の中でも経験のない、新しい人間関係が始まりました。

それが「ママ友としてのお付き合い」。

私の場合、年少でのクラスのママたちが全員最高な巡り合わせだったため、

本当に楽しく1年間を過ごすことが出来ました。

ドラマなどではドロドロした人間関係が描かれることが多いですが、

そうならないためには一体、どんな事が重要なのでしょうか?

去年のクラスのママたちを振り返り、お話していきたいと思います。



笑顔で挨拶

入園式、その日にみんなこれから1年間一緒の仲間が出会います。

その時点で知っている顔は僅かでしょう。

しかし、これから一緒の仲間なのです、挨拶は大人としての常識です。

まずは挨拶、またはニッコリ笑顔だけでもしておきたいものです。

それだけで印象も大きく違うと思いませんか?

徐々に親しくなる

一気に焦って距離を縮める必要はありません。

最初は挨拶だけ、それでもいいのです。

そのうち世間話をするようになり、そこからその時間も長くなり

さらに仲間が増えてみんなでお話するようになっていくものです。

段階踏んで、自然に徐々に親しくなっていけばいいのです。

適度な距離感

特定のママとばかり話していると、友達の輪が広げるにも広がらなくなることもあります。

もちろん「このママだけには何でも話せる」という存在がいてもいいとは思います。

でも、出来ればママ友たちとはほんの少しの一呼吸置いた関係から進んでいく方がいいのかもしれません。

年中に上がる頃には、今よりも絶対に近い距離感になっているのです、焦らないで!

困った時には協力

入園すぐの頃は、子供もママもまだまだ心配ごとがいっぱいです。

そんな不安な気持ちを少しでも話が出来るママ友がいると、ママも気持ちが大きく晴れます。

私は、実際にこのような経験があり、

「うちの子も昨日の夜、幼稚園行きたくないって泣いてたよ~大丈夫だよ!

仲間はいるから心配し過ぎないで!」って声を掛けてくれたママが

今でも信頼がおける仲良しのママの一人です。

子供のこと、家庭の事、色々心配事や愚痴が出てきます。

それをみんなで面白おかしく話していくと、

深刻な話も軽い気持ちで受け止められるようになったり。

これも私の実際の体験談です。

逆にママ友たちのグチを聞いてみんなで元気づけたことも何度となくありましたよ。

第二の青春、ってところでしょうか(笑)



常識の範囲や価値観の近さ

ここは立ち入ってもいい範囲、ここからは口を出すべきではない範囲、

と言う暗黙の了解の域が似通っていると必然的に価値観も近くなるものです。

この辺りはもう正直、価値観が似ている人たちが集まる確率論の話になりますが…

本当にここは運かもしれません。

どうかみなさんにも価値観が近い方たちが集まりますように!

年齢にとらわれない

ママ友たちの年齢層は非常に広いです。

20代前半のママから40代後半のママたちまで様々。

しかし、年齢が近いママたちばっかりで集まっているとこれまた輪が広がりません。

私たちのクラスのママ友たちは、完全に年齢でグループになっているところはありませんでした。

私も二回りくらい近いママと家を行き来したりしていますが、敬語もないし、完全に友達です。

お互いで色々な刺激を受けたり学んだり、今までの人生ではあまりない友情が芽生えました。

ランチなどで交流

ランチで色んな話をしたりして…プライベートな会話も大切かも。

時にはハメはずし

子供を登園させてから、お帰りの時間までママたちも電車や車でちょっとお出掛け、

なんていうのもとっても楽しいですよ!

悪口は言わない

人の悪口は言えば言われる…そう言ったものではないでしょうか。

しかも入園前に悪口を言うことは論外です。

新たな生活のスタート、心機一転始めましょう。

信頼関係

信じる気持ち、頼りたいときには頼れる関係、

これは時間をかけてでも築き上げていっていただきたいです。

本音で話すべき時は話す

しばらくしていくと、ママたちの本質も分かり始めていくと思います。

自分が悩んでいる時にしっかりと相談に乗ってもらえる、

そして自分も力になれるママになれるような本音で話が出来る人間関係も徐々に作っておくと、

年少が終わってからもみなさんの宝物になります。

さいごに

女性の人間関係は特に色々複雑なものが多いと言われています。

しかも子供も関わってくるので、今までの入園前の自分を中心とした人間関係とは変わってきます。

しかし、そうは言ってもママ友はあくまで子供を介した「ママの友人たち」です。

今後の子育て、進学、家族の悩み事が出来た時に、

長年の付き合いの幼稚園のママ友たちが力になってくれることもあると思います。

その第一歩の年少さんのママたち。

みなさんにもステキな出会いがある事を祈って、是非とも参考にしていただければ、と思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします