出産

産んで良かった!子供がかわいいと思える8つの瞬間

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

子育てって、本当に大変!!大変ではあるけれど、子供の事を心から“かわいい!”と思える瞬間も沢山あります。

その瞬間を見逃さないように子育てをすれば、毎日のハッピーがもっともっと増えるような気がします。



純粋無垢な表情

純粋無垢な表情は、特に入園前にしかない子供の特権!

1、寝顔は最高!

さっきまで叱られていたのに…今日は1日ずっと、ダダをこねていたのに…。

どんな時でも、子供の寝顔は最高に可愛いものです。その無垢な表情に、怒ってしまった事を反省させられたり、ママとして足りなかった部分を考えさせられたり…

まだまだ半人前だなと反省しつつも、子供に癒される瞬間です。

2、冗談が通じないのが子供らしさ

子供に冗談を言うと、本気にしますよね。大人は冗談だとわかりつつも、子供があまりに純粋に受け止めるので、その可愛さについつい冗談を言ってしまって…なんて事はありませんか?

何でも本気で受け止めるのは、人を疑うことを知らない子供の純粋無垢さ、そのものです。

全身で表現する気持ち

一生懸命今を生きるのが子供。感情も全身で表現するので、いつも一生懸命に可愛さを感じます。

3、笑顔と笑い声

嬉しい時の子供は、本当に良い表情をします。素直な笑顔と笑い声、子供らしいと思えるとっても可愛い瞬間です。

4、泣き顔と泣き声

子供の泣き声は煩くて疲れてしまいます…でも、ママが余裕を持って子供に接していると、泣き顔と泣き声さえも、可愛いと感じますよ!
一生懸命何かを訴えようと、必死になっている姿は可愛いものです。



ママの特権を感じる時

ママになったからこそ感じられる可愛さ、ママだけに見せてくれる可愛さもあります。

5、駆け寄ってくる姿

「ママー!」と、よちよち足で走り寄って来る姿は本当に可愛いです。目に入るのはママの姿だけ。夢中にまっすぐ前だけを見て走って来る姿は最高です。

6、ぎゅーっと抱きつく愛情表現

愛情を表現するのが恥ずかしいと感じるようになる前、小学校に入学する前頃まででしょうか。「ママ!」と言って、ぎゅーっと抱きついてくる姿にはとっても可愛いです!

7、ママに、おみやげ!

子供が幼稚園でお散歩に行った時、「ママにおみやげ!」と言って、沢山の野の花を取って来てくれることがよくあります。

外に居ても、ママの事を考えてくれているんだな~と嬉しくなります。

また、公園までに数時間ある為、しおれた状態になってしまうお花を、自慢げな表情で持って帰ってきてくれた時に「可愛いなぁ~」と感じます。

ありがとうの花束

「ありがとう」と言われると誰でもが嬉しいものですよね。一生懸命育てている子供に言われるのは、なお嬉しいものです。

8、心からのありがとう

幼稚園や小学生になると、「ママ、ありがとう」の気持ちを形にして持ち帰って来ることがあります。母の日や、道徳の学習等が多いでしょうか。
「ご飯を作ってくれてありがとう」
「お洗濯をしてくれてありがとう」
「いつもありがとう」
それをカバンから取り出して手渡ししてくれる時は、心から可愛い!と思える瞬間です。

子供は宝

産まれたばかりの子供が可愛いと思えない・・・。子供に腹が立つ…。自分が産んだ子供を虐待するという残酷な事態が、日本中で後を絶ちません。とても悲しいことです。

子育ては大変です。ママだって人間だから、四六時中子供といると疲れます。子供の泣き声や高い声に心が休まらない時も多いでしょう。しかし、子供は何にも代えられない宝です。

愛することで愛を教える

子供はママに愛されただけ愛を知り、また人を愛する方法を知ります。

疲れた…静かにして…と思った時は、怒る前に、叫ぶ前に、子供を抱きしめてみてください。

子供は、きっとママの心をわかってくれます。抱きしめることで、ママの心も落ち着きます。

そして、きっときっと、子供の可愛いと思える瞬間を見る心のゆとりができてくるでしょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします