出産

二人目出産体験談!兆候・陣痛・出産の流れ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは☆年少の息子と0歳5ヶ月の娘をもつ育児真っ只中のママライターです。

二人目って一人目よりもお産の時間は早いの?楽なの?

一人目出産したけど、出産ってどんなだったか忘れてしまった!

夫に立ち合ってほしいけど、実際どうなの?

出産って十人十色!みんなのお産ってどんなものか気になりますよね。

今妊婦でこれから出産される方、

また出産後でみんなの出産はどうだったか気になられている方の参考になれれば幸いです。

我が家は里帰り出産で、第一子に3歳の息子がおり、第二子の娘出産時の話です。



お産の兆候

予定日より早い遅いは一人目と似る?

二人目の方が予定日より早く産まれるよーなんてよく言われませんか?

私も二人目の時は予定日2週間ほど前からスタンバイしていたのですが兆候なし。

産院の先生曰く、予定日より早まる遅くなるは一人目の時と似た傾向にあるのだとか。

私も正産期に入ってからは、

階段の上り下り、散歩、船こぎ体操、スクワット、床拭きなど、動きまくっていたにもかかわらず、

我が家の第一子は予定日より7日遅れ。

第二子は2日遅れ。

やっぱり体質なんですかね・・。

おしるし

おしるしとは少量の血が混じったおりもののこと。

出産の3日ほど前からちょこちょこ出ていました。

腰が痛む

私の場合一人目の陣痛が腰にくるタイプでした。

二人目の出産日となる夜中0時頃、寝ようと横になっていたら腰がズキズキと少し痛み、

また引き、また痛みを繰り返していたのでもしかして?と思い、間隔を計ると10分間隔でした。

定期的に腰の痛みがくるので産院へ連絡。

とりあえず来てくださいと言われるが、まだそんなに痛く、

寝ている息子を置いていくのも心配で様子をみることに。

その後も陣痛にしては弱いので前駆陣痛かなとも思い、

気づくと息子に抱き着きながら眠ってしまい陣痛は遠のいていました。

前駆陣痛と本陣痛の違い

前駆陣痛は不規則な子宮収縮で、間隔や痛みの強弱も不安定で、規則的ではありません。

それに対し、本陣痛はどんどん痛みが強くなり、間隔も規則的で狭まっていきます。

陣痛が始まったら

リラックスできる家で待機もあり

朝、起きても痛みは弱く、一人目の時はこんな我慢できる痛みではなかった覚えが・・

と、普通に生活していました。

産院にも「我慢できるなら家にいてもいいよ、痛みが強まったり、間隔が狭まったら来て」とのこと。

産院までは車で7分程の所でしたので、リラックスできる家で待機することに。

10分間隔の痛みで産院へ

横になっているとあまり痛くないのですが、立ち上がると赤ちゃんが出てきそうな違和感をもつように。

足の付け根もピキーっとしてゆっくりでないと歩けなくなっていました。

痛みの間隔は10分!いざ産院へ!



いよいよ出産

二人目はスピード出産率高し!

産院に着くとすぐに内診。

「もうお産始まってるよ!あと1時間で産まれるね!」と言われビックリ。

こんな弱い痛みで本当にあと1時間で出るのだろうか?と信じられませんでした。

私の周りのママ友も二人目の出産はほとんどがスピード出産です。

パパの立ち合い間に合うか!?

里帰り先とパパのいる自宅は離れており、新幹線と電車を乗り継ぎ5時間半。

パパも立ち合い希望でしたが、さすがに間に合わないのでは?と誰もが思っていました。

夜中、最初に陣痛かもと思ったときに、まずパパに連絡をしていました。

しかしその時はまだ本陣痛なのか謎。翌日もパパは会社。

来てくれても、もし陣痛が引いてしまったら無駄足に。

でももし本当の陣痛だったら・・始発に乗らなければ絶対間に合わない。

そんな葛藤の中、パパが下した結論は・・

「無駄足になってもいい!それでもママの側にいる」でした。

この人と結婚してよかったと心から思った瞬間でした。

産院到着後1時間で出産

内診後はすぐに分娩室へ。

私はまだ会話する余裕があり、お産が進まなかったので先生が破水させ出産へ。

この時、夫がドラマチックに駆け込み、立ち合いは見事間に合いました!

これがどれだけ私を安心させ、勇気づけたことか。

夫は出産で苦しんでいる私にペットボトルにストローをさして飲ませてくれたり、汗を拭いてくれたり、

「大丈夫だよ。よく頑張ってるね。ありがとうね。」と声をかけてくれていました。

夫婦で力を合わせての出産です。

産院到着後1時間で産声を聞くことができました。

出産は一人目より楽、後陣痛は痛い

二回目の出産でも痛いものは痛いです。

が、二人目の方が陣痛から出産までの時間が短いのでその点、楽に感じました。

産後、子宮が収縮するときに陣痛のようにおなかが痛む「後陣痛」が

二人目以降の方が痛いです。痛み止めを処方してもらっている人もいました。

PRICELESSな瞬間を。パパも立ち会いのススメ

仕事よりもお金よりも、PRICELESSな出産の瞬間を選んでくれた夫に感謝です。

世のパパも気をつけてください!

出産前後に夫が協力してくれたかどうかは一生付きまといます!

今後、全然関係のない喧嘩の時に

「あなたは私が出産のとき全然協力してくれなかったじゃない。」と言われてしまわないように・・・

妊娠・出産・育児はママが本当に大変なときです。

長い人生の中で子供に手がかかるのも短い間です。

後になってやればよかったと後悔しても時間は戻って来ません。

パパは是非、仕事よりも何よりも、今だけはママ子供優先にして

家族全員で一生の想い出に残る出産にしましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします