産後

産後クライシスで考える「夫婦の在り方」

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、2歳の息子と10ヶ月の娘を育児中のママライターです。

「もしかして産後クライシス?」

妊娠中は幸せに満ち溢れた時間です。ママのお腹の中に手をあててパパが話しかけたり、夫婦二人の話題はこれから産まれてくる赤ちゃんの話題でいっぱいですよね。

妊娠中のゴールが出産でも、出産後は育児がスタートします。初めての赤ちゃんとの生活に慣れないことや予想外のことばかり起きママの身体や心がいつしかボロボロになっていたということは近年よく耳にします。

その中でも最近話題になっているのが「産後クライシス」です。出産後に夫婦の愛情が冷えていき、夫婦の危機が訪れることです。

今回は産後クライシスから夫婦の在り方を考えてみたいと思います。

産後クライシスは二人の絆を深める機会かもしれませんよ!



出産後のママ

出産後ママは初めての育児に24時間フル稼働しております。

新生児のときは授乳回数が多く夜間もゆっくり身体を休めることができず赤ちゃんのお世話をします。今まで自分のペースですべて動けていたものが、赤ちゃんとの生活が始まった瞬間からすべて赤ちゃんのペースになります。

家事と育児をこなす毎日の中でパパの非協力的な態度や言葉がいつしか愛して結婚したはずの旦那さんへの愛情が薄れ冷めていってしまいます。

産後クライシスを迎える多くの夫婦は、赤ちゃんが誕生したことによる意識の違いが「すれ違い」となり、溝が深まってしまうのです。

出産後のパパ

ママに比べパパは、自分は育児に参加しているつもりだけどママの態度を冷たく感じたり、言葉にそっけなさを感じているのも事実です。しかし男性の多くは出産後の女性の心や身体の変化には気付けていません。

赤ちゃんが産まれてからは夫婦でゆっくり話す時間が減りコミュニケーション不足から些細なことで喧嘩をしたりすることもあります。その積み重ねがやがて夫婦の危機となってしまうのでしょう。

私の産後クライシス体験談

実は筆者も2歳の息子と10ヶ月の娘を育児中のママです。私の経験を振り返って、今産後クライシスに悩むママが目の前にいれば「もっと肩の力を抜いて大丈夫だよ」と声をかけます。

筆者の私も初めての出産後は産後クライシスになっていました。産まれてきた小さな命を私が守らなきゃと責任感強く、またちょっとした赤ちゃんのしぐさや反応をこと細かにインターネットで調べたりと今思うと軽くノイローゼ気味だったかもしれません。

しかし、自分のお腹を痛めて産んだ子供への愛情は、母親であれば皆同じではないでしょうか?特に最初の頃は愛情があるからこそ悩んでしまい、状況の変化に対応しきれなかったりしてしまいます。

心配なことや不安なことをパパに話すと「大丈夫じゃない?それくらい。」などといった軽い言葉で交わされる会話にいつしか嫌気がさしてしまい相談することがなくなったこともあります。
さらにはパパの手際の悪さがイライラしている私にさらに拍車をかけイライラが倍増することも多々ありました。



私が産後クライシスを乗り切ったきっかけ

そんなある日、パパに「なんでそんなにイライラしているの?」と言われふと我に返りました。

初めての育児・寝れない夜・思い通りにできない家事と無言のプレッシャーをいくつも抱えていたけど、一人で悩むのはやめようと思ったのです。夫婦二人の子供なんだから二人でコミュニケーションを取って育てていけばいいと思えるようになったのです。

パパはして欲しいことを細かく説明してあげないと分かりません。またして欲しいことが完璧にはできません。そんなときにママが「手伝ってくれてありがとう」などと言った言葉をかけるだけでパパは他にも何か協力できることある?と思ってくれるはずです。

パパは産後のデリケートなママの心と身体を労わってあげてください。ちょっとしたことでも敏感になってしまう時期ですが、そんなときはパパのフォローをママは求めています。

産後クライシスは二人の絆を深めるモノ

産後クライシスは夫婦の在り方を見直す機会なのかもしれません。

当然、別々の環境で育った二人が結婚をして子供を育てるのだから意見がぶつかることもあります。そんなときはじっくりと話し合ってみてください。

産後クライシスを乗り越える事が出来たのなら、夫婦の絆はより一層強いものになる事でしょう。

乗り越える一つのキーワードはやはり「お互いの思いやり」です。

出産を経験したママの事をパパが完全に分からないように、出産を経験したことがないパパもママの気持ちを完全には分からないのです。

夫婦の絆、家族の絆がより深いものになれば、それはママにとっても、パパにとっても一生モノの財産になることは間違いありません。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします