子供の健康・食事

特に夏は絶対ダメ!車に子供を乗せたままにする危険リスク

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳と2歳の子供を育てているママライターです。

毎日暑くなってきましたね。

車を運転するママなら必ず遭遇する場面として、

買い物をしようとスーパーの駐車場に停車して、ふと我が子を見てみるとスヤスヤと寝ている・・・。

あまりにも気持ちよさそうに寝ていて起こすのも気が引けるし、

起こしたら眠くてグズグズする子供を抱えて予定がスムーズに進まないことは目に見えている状況で、

少しの時間でササッと買い物だけして帰ってくれば寝ているし大丈夫かな・・・。

などと考えたことはありませんか?

しかし、その油断が大事故に繋がりかねません。

今回は何故少しの時間でも車内に子供を乗せたままだと危険なのか、

どんなリスクがあるかということをご紹介したいと思います。



夏場の車内は数分で気温急上昇

エンジンを切って外に出て、しばらくしてから車に戻ってくると

ドアを開けた時にものすごい熱気がこもっていますよね。

特に夏場はハンドルも熱くてすぐには触れないほどです。

車内温度は外の温度プラス20度以上

エンジンを切ってからの車内温度、熱いのはわかるけど、

何度くらいになっているかはなかなか意識していないですよね。

実はエンジンを切った密室状態の車はものの数分でみるみる気温が上昇し

15分後には人間にとっての危険レベルに達してしまいます。

30度の真夏日に車内を締切った状態にしておくと最終的に車内温度は60度以上になります。

60度以上の密室になんて1分もいたくないですよね。

子供は体温調節が苦手

子供ってエアコンの効いた車内や部屋にいて、

お昼寝をしていても背中や頭がとても熱くなっていたりします。

子供は大人と比べると体温調節がまだまだ未熟で体の熱がこもりやすいので

暑い部屋にいると熱が急激に上がりやすいです。

子供は自分で危険を回避できない

暑い車内でふと目を覚まし、暑い!と思っても子供には対策方法がわからないものです。

大人ならば水を飲んだり、窓を開けたり、車外に出たりと暑さへの対処ができます。

しかし子供にはなかなかそんなことができなかったりします。

飲み物を取ろうとしてもシートベルトを外すことができないこともありますし、

鍵をかけている車内で窓を開けることも不可能です。

車内には危険なものがいっぱい

子供が寝ている数分だし大丈夫。そう思って外へ出てしまった後の車内は危険がいっぱいです。

ガスライターやママたちの使うガス式の整髪料は室温の上昇に伴い、爆発・発火の恐れがあります。

実際に毎年のようにニュースでもとりあげられています。

そして意外なものも危険になりうる物があります。

チャイルドシートに装着されているベルトの金具です。

この金属部分は室温の暑さや直射日光により火傷するほどの温度まで上昇します。

それを体に着けたままの子供を車内に残していったら・・・。と思うと恐ろしいですよね。



エンジンをつけたままは危険?

中には、ちょっとの間だし車内は暑くなることを想定して、

エンジンをかけたままコンビニなどに行こうかなと考えるママもいるかもしれません。

確かに車内は涼しい状態だし熱中症の心配も少なく安全と思われるかもしれません。

しかし、エンジンをかけたまま子供から目を離すのはとても危ないことです。

エアコンが効き続けるとは限らない

何事にも不測の事態は起きるものです。

エアコンは車の停止時に効きが弱くなるものもあります。

また、いつエアコンの調子が悪くなるかもわかりません。

子供は好奇心旺盛

子供って何にでも好奇心旺盛です。

このボタンはなにかな?いつもお母さんが運転している車、僕も運転したいなぁ。

などと思って運転席をあちこち触ることも容易に想像できます。

重大な事件へ繋がることも

エアコンはつけたままだから、窓は開けているから。と安心して買い物に行っても、

それは子供を一人きりにするということです。

誘拐・連れ去りも他人事ではない

幼い子供の連れ去り事件は1年を通してニュースでも何件も報道されるほどです。

自分の子供は大丈夫なんて思っていても、どこで誰が見ているのかはわからないのです。

車外へでたら

もしふいに起きた子供がママを探しに車外へ出たら・・・。

外は車が走っているかもしれません。探しにいっても見つけられず迷子になるかもしれません。

ママの姿が見えないと子供はパニックになり思いもよらない行動を取ることもあります。

ママたちは今日買わなければいけない物や、済ませなければいけない用事が毎日たくさんあります。

今日だけ、少しだけと思う時もあるかと思います。

しかし車に我が子を置いていくリスクはあまりに高いです。

愛する我が子のために、愚図っても用事は済ませられなくても常に一緒に行動するようにしましょう。

これから暑くなる季節、イベントなどで車で出かけることも多くなります。

今まで以上に子供の様子を気にかけてあげることで安全に楽しく毎日を過ごせるようにしましょうね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします