行事・おでかけ

母の日に子供たちから貰ったら嬉しいプレゼントベスト3

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。3児のママライターです。

5月と言えば「母の日」です。

5月の第2日曜日が母の日です。2015年は5月10日になります。

4月に入るとお店では「母の日」コーナーが特設され始めますね。

今回はそんな「母の日」にちなんで、子供たちから貰ったら嬉しいプレゼントベスト3をいってみましょう~!



そもそも母の日のルーツは?

ベスト3の前に豆知識!母の日はアメリカから伝わってきたそうです。

アンナ・ジャービスさんという女性が敬愛していた亡き母への敬う気持ちを残したくて運動を始め、賛同者を募ったと言われます。

そして、1914年アメリカ議会で5月の第二日曜日を「母の日」と定めて、国旗を掲げてお母さんに感謝の意を示す祝日とした事が日本に伝わったそうです。

現在でも続いている素敵な日になりました。

3位は定番のカーネーション

それでは3位から発表しましょう。母の日と言えばやはりコレ!!カーネーションは堂々の3位です。

時代とともに変わるカーネーション

昔はカーネーションと言えば、赤やピンクが一般的でしたが、今ではさまざまな色があるのをご存知ですか?

白や黄色、青や紫まで本当にたくさんのカラーバリエーションです。

それぞれ花言葉も違うようなので、思いを込めて贈るのも良さそうですね!

近年ではフラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーが普及していますので、商品もバリエーションも豊富で選ぶ側もワクワク楽しくなってしまいそうです。

人気商品もあるようなので、決まったら早めの購入が良さそうです。

ネット購入もできるお店や商品がほとんどなので手軽さも人気の秘密かもしれません。

母になった私もやはりお花が欲しいかなぁ。なかなか頂く機会もないですし、お部屋も明るくなりますもんね!

感謝の気持ちを伝えて

お花にお手紙を添えて普段はなかなか言えないような感謝の言葉を伝えられるのも嬉しいですね。



2位は旅行!家族みずいらずで

第2位は旅行という結果が…。

このプレゼントはお子さんが大きくなった場合ですね!

社会人になって、親のありがたみが分かった頃でしょうか。

大きくなると一緒に過ごす時間も少なくなりますから、母としては寂しい限り。

そんな時に旅行のプレセントは嬉しいに決まってる!

親子みずいらず、家族みずいらずでゆっくりと過ごしたいですね!

我が子よ頼む!!

1位はやはりコレ!お食事!!

これも子どもがある程度大きくなってからのプレゼントでしょうね。

お母さんはいつでも温かい食事を用意してくれていますよね。

私の母もそうだったように、母になった私が今では子どもたちに毎日食事を用意しています。

育ち盛りの子どもたちの栄養を考え、毎日食事を作るって結構大変です。

そして誰もいないお昼はささっと済ませてしまったりして、案外母になると自分だけの食事はおろそかにしがちです。

そんな日々なので普段あまり外食をしないようなレストランだと嬉しさも倍増ですね!

私がもし、素敵なお店に招待されたら、きっとまた明日からお母さん業、頑張れてしまいます!

我が家の子どもはまだ中学生と小学生ですが、部活や習い事で皆の予定もバラバラ。

たまには外食を…と思っても意外とみんなが揃わないのです。

これがもっと大きくなったら、もっとバラバラなんだろうな…と思うと寂しいなぁと思ってしまいます。

最後に

ランキング、いかがだったでしょうか?

普段は照れくさくてなかなか感謝の気持ちは伝えられないものですが、母となった今では何をもらっても嬉しいと思いませんか?

小さい頃は「肩たたき券」「お手伝い券」。「いつもありがとう」とお手紙をもらった事もあります。

とは言っても、私は一人で母になれたわけではありません。

私が母になれたのは、もちろん子どものおかげ。我が子たちがいなければ母にはなっていないので、私も同じように子どもたちに感謝です♪

そして私を育ててくれた私の母にも感謝です。

母の日とはお互いに感謝の日ですね!


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします