育児・子育て

中学生の子供を持つ親の悩みベスト5とその対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。中学生の男の子、小学生の女の子を育てるママライターです。

息子が小学生の頃、良く周りの先輩ママから「中学は大変だよ~」と言われていました。

当時は良く分かりませんでしたが、実際に中学生になったら本当に大変…。

今回はそんな中学生を育てる親の悩みついてランキング形式でお話したいと思います。



第5位は現代ならではのスマホトラブル

とても便利な分、トラブルも絶えないのも事実です。

みなさんもよくご存知だと思いますが、無料通話で知られるLINE。

仲良しグループやクラスごと、学年ごとにグループを作り、年がら年中誰かからLINEが通知されている状態。

内容はさまざまですが、文字だけに相手のとらえ方もそれぞれな為、勘違いされやすく子どもたちの間でトラブルが多発しています。

中にはスマホ依存になってしまっている子もいますし、直接知っているわけでもないのに、

お友達登録をしてしまったりと、とても危険な使い方をしている子もいるので、親である私たちがしっかりと管理をしなければなりません。

親が把握できない?!

中には親をブロックしていたり、スマホにロックをかけているお子さんもいるので、与える前に良くルールを話し合っておく必要があると思います。

第4位は生活リズム

これは中学1年生に起こりがちですが、中学校生活は小学生の頃とは全く異なり、子どもがそのギャップについていけないということです。

例えば、校則。中学校には制服もあり着方ひとつに決まりがあります。頭髪チェックもあり、生活指導はかなり厳しいです。こんなことで怒られてしまうの?と思うそうです。

勉強では中間・期末考査が学期毎に行われ、それに伴う課題もとても多く、期日も決まっているため、計画をたててしっかりと行うことが鍵となります。

そしてそれらを部活と両立させなければならないので、自分の時間が取れないほど忙しく過ごすので、だんだんとついてこれなくなる子が出てくる現状もあります。

特に夏休み明けに不登校になる子が出てくるので親は注意が必要です。

友達関係は…第3位

良くも悪くも行動範囲が広がってくる中学生。

反抗期真っ盛りなので、だんだんと親元から離れお友達と過ごす時間も増えてきます。

小学生の時とは遊び方も変わってくるので、親はきちんと把握しておかなければなりませんが、

あまり親にいろいろと話さなくなる時期でもありますので、そっと見守りつつ行動範囲を把握しておくといいと思います。

ご近所のお母さんやママ友などと情報交換をしておくと、「学校でこんなことがあった」とか「いじめがあったらしい」とか耳に入ってくると思います。

最近では痛ましい事件も多いので、子どもの交友関係はしっかり把握したいところです。



第2位は…学力面

何といってもこれに尽きます!

中学は3年間と非常に短い。1年生だからと言ってのんびりしていられません。特に親は心配。

あからさまに出るテスト結果。小学生と比べ内容も非常に難しくなり、覚えることがたくさん。

最近では2年生から志望高校を決め、見学を勧めているのです。

しかも近年は親も高校見学に同行するそうです。

そして3年生ではあっという間に受験。

成績は急激には上がらないので、どこでつまづいてしまったか早めに気づく事が重要だと思います。

受験に伴う塾選びも親としては悩みの種。授業料も高いので親は大変です。

1位は…コレ! 反抗期!

はい出ました。反抗期!大人への階段ですね。

少し背伸びをしたくなる年頃で、中2病という言葉がある位、我が子が何を考えているか分からなくなる時期です。

特に男の子なんかは全く口を利かなくなったり、だんまりだったりで親は苦労するそうです。

かといって知らん顔もできないのが親ですから、陰ながら見守るしかなさそうです。

でも子どもが間違った事をしたときにはしっかし叱りましょう。

反抗期は長く続くものではありませんが、子どもですから間違った事もします。

非行に走るなんて事にもならないために、親も毅然とした態度で接しましょう。

可愛い我が子の成長の過程で親の悩みはつきものです。

しかし、子どもとしっかり向き合うことで悩みも解決できる事がありますので、親の私たちがしっかりしたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします