行事・おでかけ

七五三で失敗しない服装の選び方を先輩ママが教えます

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。3児のママライターです。

子どもの成長は親にとってとても嬉しいことですよね。

七五三はそんな子どもの成長を願い、感謝する行事の一つとして昔から語り継がれています。

我が家にも男の子・女の子がいますので、七五三すべて行いました!

今回はそんな七五三についてお話します!



七五三の由来とは?

子どもが無事に成長したことをお祝いする行事のひとつとされています。

昔は乳幼児の死亡率が高かったので、7歳までの子どもは「神の子」と言われていたようです。

そして7歳になって初めて社会の一員とされたのです。

明治時代から今の七五三が定着していったようです。

  • ☆三歳の男女 
    髪を伸ばしはじめる「髪置き」
  • ☆五歳の男子 
    初めてはかまをつける「袴着」
  • ☆七歳の女子 
    帯をつかいはじめる「帯解き」

なぜ11月15日なのか?

暦の上で、七五三は11月15日となっています。

旧暦でいう15日は「二十八宿の鬼宿日」。

これは鬼が出歩かない日で何事をするにも良いとされていて、

また11月は農家の収穫を終えてその実りを感謝する月でもあったため、

その月の満月の15日に氏神様に収穫の感謝を兼ねて子どもの成長も感謝した習わしが伝わったとされています。

近年では、ご家庭やお子さんの事情により、早めの10月~11月中の吉日、土日に合わせて行うことも多くなりました。

また、土日は混雑するので平日に行うご家庭も増えた印象です。

お参りは?

近年では遠方まで希望の神社にお参りに行かれる方もいらっしゃいますが、

基本的には地元の氏神様にお参りするのが良いとされています。



気になる服装選び

大事な記念日ですから、服装もスペシャルなものにしたいのは親も子供も同じですよね。

最近は写真館での記念撮影も七五三の醍醐味となっていますので、外出着と撮影着と分ける方も多いです。

主役の子どもの服装選び

まずは主役の子供の服装選びからご紹介します。

3歳の場合

三歳の女の子ではやはり「被布」。晴れ着の上に被布を重ね着します。

私の勝手な解釈ではありますが、この被布(ひふ)はやっぱり三歳のうちがベスト。

小さい女の子だからこそ可愛さが際立つ感じです。なので是非着せてあげて下さい!

5歳の場合

五歳の男の子はなんといっても「袴(はかま)」です。由来でも「袴着(はかまぎ)」と言われているのでこれを機会に是非着せたいものです。

そしてやっぱり格好良い!子どもも凛として男前に見えますよ~!

7歳の場合

最後に七歳の女の子!

「帯解き(おびとき)」なのではじめて帯を結ぶので、振袖に本格的な帯を結んだお着物になります。

是非柄や色合いにもこだわって、お子さんと一緒に選んで欲しいです。

素敵に仕上がりますよ!

生え変わりにあたる時期?!

ただ一点注意したいのが…この時期は乳歯から永久歯へ歯が抜け変わる時期なので、写真館での撮影は注意が必要です。

我が家もまさに前歯が2本もない状況でしたが、これも記念で成長の過程と思い、思いっきりにっこり笑って写真を取りました!

親の服装選び

最近では冠婚葬祭などもカジュアルになりつつあるので、これじゃなきゃダメ!ということはありませんが、ある程度のマナーやTPOは親としてわきまえたいですよね。

父親はスーツ、母親は着物、スーツ、ワンピースが基本スタイルだと思います。

着物を着る機会はなかなかないのでこれを機に着てみるのも良いと思います。

洋装をする場合は、ブラックフォーマルである必要はありませんが、あくまでもお子さんが主役なので派手すぎず、華やかにしたいものです。

母親の場合、靴はサンダルのようにつま先があいていないものを選びましょうね。

そしてやはり、どんなに若くても生足はNGです!

お子さんとお父さんとお母さんと、バランスをとることを心がけると良いと思います。

いかがだったでしょうか?

お子さんの晴れ舞台、素敵な思い出にしてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします