子供の健康・食事

子どもにスポーツが良い理由!体力・精神力向上に効果あり

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳と2歳の子供を育てているママライターです。

現代の子供たちにはゲームやテレビなどの映像を通して楽しむ遊びが浸透しています。
しかし親である私たちはやっぱり外で元気に遊んでほしいと願ってしまいますよね。それは外でスポーツをする方が健康にも発育にも良いと思うからです。

では、スポーツをさせることで子供にはどんな影響があるのでしょうか。

今回は子供にスポーツをさせることで得られる3つの効果をご紹介したいと思います。



体が強くなる

スポーツを子供がすることによって得られる効果として1番に思いつくのは、健康な体になるということですよね。

大人でさえも運動をしている人としていない人の健康の差はとても大きいです。
子供には健康でいつも元気でいてほしいものです。

スポーツで伸びる筋力

スポーツといってもサッカーや野球、水泳など様々な競技があります。
どの競技を行っても筋力は上がり健康的な体を形成することに役立ちます。

また、一つのスポーツを習い事などで重点的に行うと、体はそのスポーツに合った筋肉を自然とつけていきます。習慣で行うことにより筋肉や骨の形成もそのスポーツに適した成長をしていきます。

体力の向上

家の中でゲームをしていても一向に体力はつきませんが、スポーツを思いきりすることにより筋肉や骨だけでなく、子供自身の体力の向上につながります。

体力が向上するということは、疲れにくくなり風邪などに対しての抵抗力も上がるということです。

行動力が身に付く

スポーツではチームプレーであっても個人プレーであっても自分の意思が必要になります。
自分の意思で行動する力は大人になってからもとても大切です。

またスポーツで誰かと対戦することで、先を読む力もだんだんと身に付けることができます。

スポーツで精神的な強さを育む

スポーツは基本的に勝ち負けの世界です。
小さい頃はなんとなくやっていても、成長とともにルールを覚え、色々な気持ちが芽生えるようになります。

悔しい気持ちと嬉しい気持ち

スポーツのルールを理解し始めると、ただの練習試合にも様々な感情が芽生えます。

試合に勝ったら嬉しい、負けたら悔しいという気持ちはもちろんですが、自分よりあの子の方が上手で悔しいと思う気持ちもでてきますし、今回は負けたから次はあの方法で勝ってやろうなどという複雑な感情も芽生えます。

色々な感情を経験することで人に対しての優しさや思いやりを育むことが出来ます。

チャレンジする心

スポーツは常に新しいことを経験していきます。

新しいことに挑戦する力が自然と身に付きチャレンジした自分への自信に繋がります。

できなかったことをできるように、とチャレンジする心は小さいころから少しずつ育んでいくことで、健やかな心の成長を促します。



適応力と自己を伸ばす

子供の頃のスポーツは大抵一人では行いません。
個人プレーである水泳や陸上競技でも対戦相手や仲間がいます。

色々な人と関わることで子供はどんどん成長していきます。

集団での適応力の形成

スポーツをする上でチームワークはとても大切なことです。

誰かと一緒にスポーツをすることは小さな社会での適応力の形成に役立ちます。
相手を尊重しさらに自分の意思も表現する術を、スポーツを通じて学んでいくことができます。

自信をつける

スポーツは挑戦し続けることの連続ですよね。

できなかったことが出来るようになることで子供は自信がつきます。
自信がつくことにより自分を肯定する気持ちが育まれ、自分を好きになることができます。

さいごに

いかがでしょうか?
子供に何かスポーツをさせた方が良いかなと考えているママには是非おすすめします。

スポーツをすることで子供には得られる物がたくさんあります。
たまには家でゆっくりすることも大切ですが、子供には積極的に外へ連れ出しスポーツによる爽快感や達成感を味あわせてあげてくださいね。

健康的で情緒も安定した子供の成長をこれからも応援してあげましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします