出産

2度目の帝王切開が怖い…痛みは?切り方は?体験したママが不安に答える

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!小学2年生の男の子と幼稚園年少の女の子を育児中のママライターです。

2人目の帝王切開。いちど経験しているからこそ怖いという部分もあるかもしれません。

2人とも帝王切開で出産した私の体験談をお伝えしたいと思います。



体験談より 帝王切開術の流れ

1人目は緊急でした。

1人目の時は、予定日を1週間過ぎた検診の日、生まれる気配はなく、

かと言って生まれなさそうというわけでもなく…ということで、念のため入院ということになりました。

もしかしたら帝王切開になるかもしれないからということで、

手術にも対応できるようにレントゲンを撮ったり、いろいろな検査をしました。

入院した日の夜は、何事もなく過ぎました。

ただ、朝起きると陣痛のはじまりかな…?と思われるような痛みと、おしるしがありました。

その後、朝食を完食してNSTを行っているとき、あわてたように看護師さんがバタバタと走って行ってしまいました。

主治医が見えて、「赤ちゃんの様子がおかしいので、これから帝王切開します。」と告げられました。

それからは手術の同意書にサインするため、仕事で出張中の夫に代わって母がかけつけたり、

導尿など手術の準備をしたり、ドタバタでした。

緊張する暇もないといったかんじです。

先生が「朝ごはん、全部食べちゃったんだよね~。」と、残念そうに仰っていました。

確かに、開腹手術する前にがっつり食べてる人っていませんよね。

手術の記憶がはっきりしているのは2人目

手術室に入り、下半身に麻酔をしてもらいます。保冷剤を皮膚にあてても何も感じないようになるまで、

麻酔科の先生が何度も確認してくれました。

開腹の際は、立ち会ってくださった看護師さんがずっと手を握ってくれ、

「今赤ちゃんが見えましたよ~。」など、詳しく知らせてくれていました。

私は思ったより冷静でいられたので、今、自分のお腹は開いているんだな、

ちょっとグロテスク…なんて考えていました。

そして誕生。部分麻酔ですので意識ははっきりとしていて、よくわかりましたし、

無事に生まれてきてくれてほっとしました。

その後はお腹を閉じる作業。

針でチクチク閉じて終了かと思いきや、ホッチキスのようなもので「バッチン!バッチン!」と留めるのですね。

自分が書類の束になったような気がしました。



2人目の出産方法は?

主治医にまかせましょう。

2人目の出産も帝王切開を勧められました。2人目を自然分娩にするか、帝王切開にするかは、

主治医の判断にまかせるのが良いかと思います。安全かどうかは素人には判断できないと思います。

切り方は?

2人目の帝王切開も1人目の時と同じ部分を切りました。私は縦に7,8㎝ほど傷跡が残っています。

2人目の時の切り方は、特に理由がなければ1人目のときと同じ切り方になるのではないでしょうか。

術後の痛みは?

術後の痛みは、やはり切開術ですので、あります。病院にもよると思いますが、

私の入院した病院では鎮痛剤の坐薬を6時間空ければ入れてくれましたので、

痛くても時間が来れば我慢できるくらいにはなりました。

これは出産したら誰もが経験する痛みですが、私は術後の痛みより子宮が収縮する後陣痛のほうが痛かったように思います。

電動ベッド、個室がおすすめです。

術後は丸一日は点滴や導尿などの管がたくさんついていて身動きが取れません。

また、管が外れても2,3日は自分で起き上がるのがつらいです。

ですので、術後は電動ベッドがある部屋がおすすめです。

また、血栓予防のために足にマッサージ器のようなものをつけるのですが、

就寝時はその音がけっこう大きかったので、個室に移してもらいました。

帝王切開は保険適用です。

帝王切開は手術扱いとなって保険がおりますので、個室代は保険の受取金から支払いました。

いかがでしたでしょうか。

手術前はやはり怖いものですが、ほかと違って、赤ちゃんに会えるという最高のプレゼント付きの手術です。

どうか乗り切ってくださいね!

お読みくださり、ありがとうございました。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします