ベビー用品 生後0ヵ月~12ヵ月

赤ちゃんの布団の選び方とおすすめ商品10選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんにとって、『睡眠』は成長に欠かせない大切なもの。新生児の間は、授乳時間以外は寝ることがほとんどです。

1日の大半を過ごす布団だからこそ、少しでも気持ち良く寝かせてあげたいですよね。また、睡眠中でも成長する赤ちゃんの体にとって、布団が与える影響は大きいものです。どのような布団を選べば良いか、購入時の着目ポイントと合わせて、おすすめ商品をご紹介します!



ベビー布団3つの選び方ポイント

rolloverbaby
www.kadinvehayat.net

1.通気性・吸湿性の高いもの

新陳代謝率が高く、大人に比べて汗をかく量が多い赤ちゃん。寝ている間に汗をかき、その汗が放出されなければ風邪の原因になってしまいます。

また、布団を蹴飛ばしてお腹を冷やしてしまったり、必要以上に汗をかく原因を作ってしまいます。そのため、選ぶ布団は『通気性』と『吸湿性』の高いものを選んでください。

2.背骨の成長を妨げないもの

特に寝返りができるようになった赤ちゃんは、睡眠中にたくさん動きます。「寝相が悪い」と心配されるママもいるかもしれませんが、これは、成長に必要なホルモンがしっかり分泌されている証拠です。

赤ちゃんは、自分の体の成長に負担がかからないように、またしっかり亜成長するために、寝相を変えているのです。そのため、掛け布団は軽いものを、敷布団は体が沈みこまないよう適度な硬さのあるものが適しています。

赤ちゃんの動きを妨げないように配慮してください。

3.低刺激素材のもの

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、小さな刺激にも敏感に反応してしまいます。

肌に直接触れる表側の素材や使われている糸が、赤ちゃんの肌に優しい素材であるかを考えるのはもちろん、中綿にダニなどが繁殖しにくいか、家庭でお手入れがしやすいかそういった点にも着目しましょう。

安全性の高い布団を選ぶことで、赤ちゃんが安心して気持ち良く眠ることができます。

おすすめベビー布団10選

o-sleeping-baby-facebook
cognikids.com

赤ちゃんの心地良さを考えた、質の良いおすすめベビー布団をご紹介します!

プリスティン『オーガニックベビー布団セット』


¥ 41,040
アマゾンボタン

プリンスティンのオーガニックコットンは無染色。塩素系漂白剤、定着剤、傾向像はク材、防腐剤などを一切使わず、すべての工程において、使う人の使いやすさ・使い心地にこだわって作られています。

丸洗いできるので清潔感を保つこともでき、産まれてすぐのデリケートな肌の赤ちゃんには、最も安心して使えるベビー布団です。

石田屋『オーガニックコットンベビー布団セット』

pic_main
www.ishitaya.com
プリンスティンのオーガニックコットンを使い、石田屋オリジナルで仕上げたベビー布団。

すべてが天然素材であることにこだわり、使う人の『心地よさ』を追求する石田屋。快適な温度・湿度の中でぐっすり眠ることが余計なストレスを与えずに成長を促す、そんな赤ちゃんにぴったりな睡眠環境を整えてあげられる布団です。

アンドゥドゥ『オーガニックコットンベビー布団』


¥ 12,495
アマゾンボタン

大人用とはもちろんキッズ用とも違う『ベビー専用』のお布団。オーガニックコットンのダブルガーゼしようで、夏は涼しく、冬は温かく、快適な睡眠環境を生み出します。

ダブルガーゼの良さは、ふんわりとした優しい肌触り。必要なものがすべて揃ったセットなので、他に買い足しをする必要がありません。すべて丸洗い可能なのはもちろん、独自のキルティングで綿の偏りを軽減。乾きも早いと好評のお布団です。

コンビ『きれいがスヤスヤベビーふとん』


¥ 43,200
アマゾンボタン

薄めの肌布団と軽い掛け布団がセットになっており、季節に応じて組み合わせ方を変えれば、オールシーズン使うことができます。

強い風圧の集塵機で徹底的に埃を取り除き、洗濯しても綿埃が出にくいのは赤ちゃんにとってもママにとっても魅力的!また、赤外線を利用した乾燥機で布団の中心からふっくら乾燥させており、その中綿の復元力のおかげで、いつまでもふんわり感が持続します。

安全な高品質ベビーグッズを数々開発しているコンビ。ベビー布団においても、購入して失敗のない信頼できる商品です。

白井産業『オーガニックダブルガーゼベビー布団』


¥ 18,500
アマゾンボタン

素材から縫製・刺繍に至るまでの工程を、すべて国内にて、一点一点手作りで行うことにこだわったベビー布団です。

化学薬品を使わず、お肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使えます。未来の技術とも言われる『TioTio(空気触媒加工)』を取り入れ、空気中の酸素や水分と反応して有害物質を徹底的に除去!消臭・マイナスイオン・抗菌作用が長期間持続する、安心して赤ちゃんに使えるお布団です。



baby.e-sleep『プリエールコパンベビーふとん』


¥ 20,200
アマゾンボタン

『プリエール』とはフランス語で『祈り』。赤ちゃんそその家族の暮らしが心地よくなりますようにとの願いが込められた商品です。

丁寧に織られたオーガニックコットン2重ガーゼは、柔らかくて優しい風合い。肌触りについつい頬をすり寄せてしまいたくなるほどの心地良さ!敷布団は、保温性の高いフリース素材と、通気性に優れたハニカム素材の2タイプ。

季節に応じて組み合わせ方を変えることで、赤ちゃんが常に快適に寝られる環境を整えてあげられます。

また、敷布団の中綿は、通常の敷布団とは違い、タテ方向に形成された素材で作られているため通気性に優れており、従来の敷布団の半分の軽さ!薄くても赤ちゃんをしっかり支える弾力は長期間の使用でもへたれることがありません。

西川リビング『フェリーベ』


¥ 27,000
アマゾンボタン

国内最大手の布団メーカーとして、絶大な信頼を誇る西川リビング。その布団の特徴は、眠ることによって体調が整うように、考慮されていることです。敷布団は、体が常に安定しやすい硬さで背骨の成長を妨げることがありません。

赤ちゃんの呼吸や手足の運動を促すために、掛け布団は軽さにこだわっています。その西川リビングのベビー布団に、蛯原英里さんがプロデュースしたシリーズ『フェリーベ』が登場!

優しい肌触りにこだわり、柔らかく加工されたガーゼやふんわりと膨らんだパイル地を使用。パステルカラーと素敵なモチーフで見た目にも可愛らしく仕上げられています。

ナオミイトウ『オーガニックコットン布団セット』


¥ 35,424
アマゾンボタン

素材の90%が空気で出来ているという、驚きのマット。いつでも空気が循環するので通気性が抜群なのはもちろん、アレルギーを引き起こすチリやダニの温床になりません。

掛け布団は、極細のつぶ綿が軟らかく赤ちゃんを包み込んでくれます。キルティングラインを卵の形にすることで、立体的でより優れたフィット感と保温性を生み出しています。

さらに、『3Dカッティング』という独自工法による立体裁断が、寒い冬でも温かさを逃しません。最低限必要な物だけを集めた、無駄のないセットです。

ランデブー『シェル・モン・シュクレ ベディング9点セット』


¥32,400
楽天ボタン

木材を原材料とした、有害物質を含まない天然繊維『テンセル』で、優れた吸湿・放湿効果を発揮します。汗をかきやすい赤ちゃんでも熱がこもりにくく、サラッと清潔感溢れる状態をキープすることができます。

オーガニックコットンで安心安全仕様。洗濯機でも丸洗いすることができます。ナチュラルな色でありながら、丸みを帯びた可愛らしいデザインがインテリアにも馴染みやすいと好評です!

ソレイアード『ラ・ボン・エトワールお布団セット』


¥ 34,560
アマゾンボタン

フランスの生地ブランドである『ソレイアード』のベビー布団は、上品な可愛らしさの中にも遊び心が詰まった赤ちゃんにピッタリのデザインです。敷きマットの名称『クリーンくるマット』は、その曲げやすさ、丸めやすさから名付けられました。

家庭の洗濯機でも簡単に洗うことができます。軽量のクッション材『V-Lap』を使用。通気性・放湿性が高く、快適な状態を保ちます。さらに耐圧分散が良く、正しい寝姿勢を保つこともできます。

1枚460gと計量なので、ママの負担にもなりません。夜だけでなく、日中のお昼寝のことも考えて、敷きマットは2枚がセットに含まれます。

ベビー布団のお手入れについて

baby-sleeping-600_sgp6nw

www.sheknows.com

汗っかきの赤ちゃん。いくら質の良い布団で通気性が優れているといっても、こまめにお手入れすることは大切です。

毎日干しましょう!

洗濯機や乾燥機を使わずとも、毎日風通しの良い場所に干してあげてください。カバーは付けたまま、両面を干します。夏場は午前中の1~2時間くらい、冬場は2~3時間が目安です

天日干しが良いと言われますが、赤ちゃんの場合、時期によっては花粉が付いてしまいアレルギーの原因になっては大変です。室内の日当たりの良い場所が最適です。

忙しいときはベビーベッドを活用!

忙しく、毎日の布団干しが負担になる!というママは、ベビーベッドの活用をおすすめします。ベッドであれば、敷きっぱなしでも床に敷いたままにしておくよりは湿気を逃すことができます。ただし、ベビーベッドを使う場合でも、1日おきくらいは干してあげてくださいね。

週に1回は洗濯を!

洗濯機での洗濯は、毎日となると相当な負担になってしまうと思います。汚れが付いたら必ず洗濯をしますが、目立つ汚れがない場合でも、最低週に1回と考えてください。洗濯洗剤も、赤ちゃんの肌に優しいものを選んであげてくださいね。

パパやママと布団は別にするべき?

baby

日本では昔から当たり前のように行われてきた『添い寝』。赤ちゃんとママが一緒の布団で眠ることは、赤ちゃんに安心感を与え、穏かな心の成長につながるというメリットがあります。しかし、『布団』のことを考えると、別々で寝ることが理想的です。

大人と赤ちゃんは『適温』が異なります

大人は快適だと感じる温度は、赤ちゃんにとっては暑すぎます。赤ちゃんは新陳代謝が活発で、汗もかきやすく、適する温度を保ってあげなければ体調を崩してしまう原因になりかねません。

一方で、赤ちゃんが快適だと感じる温度に大人が合わせると、寒い…と感じてしまう場合が多く、風邪などの体調不良を引き起こしかねません。親も赤ちゃんも、どちらも気持ちよく熟睡するためには、それぞれに適した布団を選ぶこと。

『添い寝』は赤ちゃんの心の成長にとても良い方法ですが、『同じ布団』ではなく、隣に敷くという方法を取り入れていきましょう。

赤ちゃんにとって成長を左右する大切なベビー布団。赤ちゃんらしい可愛いデザインや色柄も気になると思いますが、赤ちゃんの快適さを最も重視して、お気に入りのベビー布団を探してくださいね!


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)


トップ画像出典: www.babycenter.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします